東京オリンピックの年の政治

ガースー黒光り内閣の意味知ってて使ってる?デジタル庁スローガンのユーモアに笑える?

SNSでは、菅内閣発足とともに、「ガースー黒光り内閣」がトレンド入りしています。
ガースー黒光り内閣とは、腹黒いというネガティブな意味を含むものなのでしょうか?

その由来から真の意味を調べ、デジタル庁スローガン「ガースー」の意味も見てゆきます。

ひまり
ちっとも知らなかったわ

ガースー黒光り内閣の意味

ガースー黒光り内閣の意味について見てゆきましょう。

ツイッターで、日本テレビの「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」のネタになぞらえ「ガースー黒光り内閣」がトレンド入りしています。

「ガースー黒光り」とは、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)の元チーフプロデューサーで、毎年年末に恒例となっている『絶対に笑ってはいけない』シリーズの中で「ガースー」と呼ばれて親しまれている菅賢治氏に由来しています。

菅賢治氏はその「腹黒さ」や、色黒であることから「黒光り」と称されており、『笑ってはいけない』の舞台の場所も、「ガースー黒光りエアラインシステム」、「ガースー黒光り科学研究所」、「ガースー黒光り新聞社」とか「ガースー黒光り探偵事務所」といったようにネーミングされています。

菅義偉総理は菅賢治氏と同じ「スガ」姓であることから、SNS上では官房長官時代から「ガースー」と言われてきました。
菅義偉官房長の会見の姿勢から「安定のガースー」「鉄壁のガースー」などと用いられています。

菅総理も、総裁選挙中に行われた動画配信サイト・ニコニコ動画での討論会で、ネット上で「ガースー」の愛称が定着していることについて聞かれると「全然嫌じゃないですよ。」と公認されているそうです。

そして、菅内閣発足とともに、「ガースー黒光り内閣」というフレーズが誕生したという訳です。

総裁選後、ツイッター上に「ガースー黒光り内閣」がさっそくトレンド入りし、番組の冒頭の決まり文句、「お前ら、彼が今日からお世話になるガースー黒光り内閣総理大臣や」などというネタツイートが拡散しました。

腹黒の意味はなさそうじゃ
れん

デジタル庁スローガン「ガースー」の意味は?

平井卓也デジタル改革担当相は新たに立ち上げる「デジタル庁」について「小さく産んで、大きく育てるスタートアップ企業の考え方に近い組織にしたい」と述べ、「スローガンはガバメント・アズ・ア・スタートアップ。結果的にGaaSu(ガースー)となる」と笑いをさそったそうです。


すなわち
Government as a Start upの頭文字をとると、GaaSuとなり、奇しくも菅総理の愛称ガースーとなるという訳です。

意図したかどうかわかりませんが、お役所には珍しくユーモアが効いています。

平井卓也デジタル改革担当相は以前、安倍晋三前総理を模した「あべぴょん」というキャラクターを使った自由民主党の公式携帯電話アプリゲームの制作の総指揮をとったそうで、今回もその流れかもしれません。

ひまり
まあいろいろ考えるのね!

デジタル庁スローガン「ガースー」にみんなの反応は?

こういうユーモアを絡めてやれる人ならもしかしたら良い成果を出せるかもね。
出だしのユーモアだけで終われば別だけど。
「デジタル庁」という役所の目的がよくわからないカタカナ名称、キャッチコピーが「ガースー」など、仕事を始める前から掛け声倒れになる雰囲気がプンプンしている。
(「美しい国、日本」など)自民は標語が好きだな。
政治家特に大臣はスローガンではなく目標達成までのステップをしっかりとイメージできているかが大切だと思う。
こういうのが前に出てくるところを見ると
準備室の方々は多士済々、いろいろ面白い人材が揃っているんでしょうか・・・
このユーモア、活力を失うことなく立ち向かっていただきたい
ネットでも、若い自民支持者の間ではガースーが菅総理の愛称らしいけど、・・・熱心なのは結構ながらも電通利権とか胡散臭く感じる点もあるし、成功はしないと思います。

出典:ヤフコメ

期待と懸念それぞれね!
れん

まとめ

要約すると...

  • 「ガースー黒光り」とは「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の“黒光り”と称される元プロデューサー菅賢治氏と菅総理の愛称「ガースー」が共通することから来ており、これを番組の舞台となる場所につけてるため「ガースー黒光り内閣」と相なった
  • デジタル庁スローガン「ガースー」は「小さく産んで、大きく育てるスタートアップ企業の考え方に近い組織にしたい」とのGovernment as a Start upの頭文字をから来ている
  • デジタル庁スローガン「ガースー」のユーモアに余裕を感じて成果を期待する声と、掛け声倒れになると懸念する相反する意見がある

ネット上では、官房長時代から「ガースー」はよく使われていたようです。

ユーモアで余裕をもってデジタル庁創設を進めればいいのですが、「デジタル庁は、台湾のオードリー・タンIT担当相のような技術とビジョンのある人を中核に据えて、各省庁の抵抗を排除して、早急に作り上げる必要がある」との強い意見もあります。

デジタル庁準備室は、各省庁からの職員約50名と、約10名の民間人からなるそうですが、どのような組織が出来上がるのか平井デジタル改革担当相、菅内閣の真価が問われるところです。

ひまり
看板政策だから失敗は許されない!

-東京オリンピックの年の政治

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.