激動の2020年21年を記録

東京オリンピックの年の光と闇

東京オリンピックの年の経済

ahamo/povo/LINEMOの先行エントリー一覧リンク!取り消し出来る?

新たな格安プランを発表した通信大手3社が、特典を用意してユーザーの取り込みを図っています。

ahamo/povo/LINEMOの先行エントリーについて一覧表にまとめました。いつまでなら取り消しできるのか?についても詳しく解説しました。

これをもとに、とりあえず、先行エントリーして、じっくり比較検討し納得してから、本契約に進むのがベストではと思います。

ひまり
迷ってしまうわね

ahamo/povo/LINEMOの先行エントリー一覧リンク

まず、ahamo/povo/LINEMOの先行エントリー一覧リンクを見ておきましょう。

ahamo(アハモ/NTTドコモ)

https://www.ahamo.com/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=prm_202012_P0217009-gs_src_awal00078_E_5&utm_content=p-paid&gclid=CjwKCAiA1eKBBhBZEiwAX3gql2KMNDqz86uXmtDYdZBJs9kx40y_ZPOKcu_I6wpkYo4IuekhSVTteRoCld0QAvD_BwE

povo(ポヴォ/au)

https://povo.au.com/form/

LINEMO(ラインモ/softbank)

仮称「SoftBank on LINE」が正式なサービス名LINEMO(ラインモ)となりました。
https://mcdm.ent.mb.softbank.jp/promo/543630

3社の先行エントリー条件の一覧表は次の通りです。

サービス名ahamo(アハモ)povo(ポヴォ)LINEMO(ラインモ)
企業NTTドコモausoftbank
先行受付期限3月25日(木)3月22日(月)3月16日(火)
発売開始3月26日(金)3月23日(火)3月17日(水)
先行エントリー特典dポイント3000円分au PAY3,000円分PayPayボーナス3000円分
本契約期限5月31日(月)5月31日(月)5月31日(月)

特典、正式契約期限など大部分の条件はほぼ同じですが、発売開始日の前日までが受付期限となっていますので、開始日の差に伴い違いが出ています。

ここで、3社の新プランのメリット、デメリットの一覧を掲げておきます。

 au・POVOSoftBank on LINENTTドコモ・アハモ(ahamo)
データ容量20GB20GB+LINEデータ使い放題(LINEギガノーカウント)20GB
20GB超えた場合送受信最大1Mbpsに制限送受信最大1Mbpsに制限送受信最大1Mbpsに制限
追加データ500円/GB:200円追加で24時間はデータ量がテザリングを含めて無制限500円/GB500円/GB
料金(月額)2480円(税抜)2980円(税抜)2980円(税抜)
利用回線auの回線ソフトバンクの回線NTTドコモの回線
5G対応今夏以降〇(一部区域)〇(一部区域)
申込みや各種手続きウェブと専用アプリのみのオンライン専用ウェブとLINEアプリのみのオンライン専用ウェブと専用アプリのみのオンライン専用
店頭サポートなしなしなし
国内通話料20円/30秒、月+500円で5分以内無料5分以内無料5分以内無料
国内通話かけ放題月1,500円月1,000円月1,000円
海外利用検討中アメリカ本土、アラスカ、ハワイ、プエルトリコ、バージン諸島(アメリカ領)で通話もネットも無料82の国・地域で20Gまで使用可
キャリアメールなしなしなし
テザリング対応対応対応
乗り換え時など各種手数料「au」「UQ mobile」「povo」間の移行手続き無料新規契約事務手数料・機種変更手数料・MNP転出手数料無料新規契約事務手数料・機種変更手数料・MNP転出手数料無料
家族割・セット割なしなしなし
提供開始予定2021年3月23日2021年3月17日2021年3月26日
eSIM今後検討対応不明
使用スマホ機種当面SIMのみの提供(SIMフリースマホ)当面SIMのみの提供(SIMフリースマホ)SIMの提供(SIMフリースマホ、動作確認)および対応スマホの提供予定
ターゲット音声通話をほとんど使わないデジタルネイティブ世代
LINEをよく使うデジタルネイティブ世代若者向けメインブランド

まだ期限まで2週間はあるぞ
れん

ahamo/POVO/LINEMOの先行エントリーは取り消し出来る?

ahamo/POVO/LINEMOの先行エントリーは取り消し出来るのでしょうか?
現在の契約を変えるべきか?変えるとすればどこにすべきか悩んでいる方は多いと思います。

特典を生かすために、とりあえず、先行エントリーはしておいて、ぎりぎりまで、考えてみようという方は、各社とも期限までに本契約をしなければ、特に取り消しの手続きは不要です
自動的にエントリー取り消しとなりますので、心配はいりません。

先行エントリーも携帯電話番号とメールアドレスの入力で済みますので、簡単です。

ひまり
とりあえず先行エントリーして特典確保しておこう!

楽天モバイルもいい!

新プランRakuten UN-LIMIT VIの提供開始が、4月1日(木)となっている楽天モバイルにも注目です。
https://network.mobile.rakuten.co.jp/
最大の特徴は、データ容量4段階の自動変動制となっている点で、20GBも必要ない小容量の利用者を取り込みをねらっています。
0~1GB:0円
1~3GB:980円
3~20GB:1,980円
20GB以上:2,980円"

さらに、300万人対象ですが、今申し込むと、1年間料金無料(通話料は別)となる特典があります。
3社との違いは、申し込みがオンラインだけでなく、店舗でも可能な点にあります。

心配される楽天回線エーリアは、2021年夏までに人口カバー率96%へ拡大予定と発表されています。

楽天モバイルも検討すべき候補に是非挙げたいところです。
参考にアハモとの比較表を挙げました。

 NTTドコモ・アハモ(ahamo)Rakuten UN-LIMIT VI
データ容量20GB4段階の自動変動制(au回線エリアは5GBまで)
20GB超えた場合送受信最大1Mbpsに制限
追加データ500円/GB
料金(月額)2980円(税抜)0~1GB:0円
1~3GB:980円(税抜)
3~20GB:1,980円(税抜)
20GB以上:2,980円(税抜)
利用回線NTTドコモの回線楽天回線(空白エリアはau回線)
5G対応〇(一部区域)〇(一部区域)
申込みや各種手続きウェブと専用アプリのみのオンライン専用オンラインと店舗
店頭サポートなし(あり)
国内通話料5分以内無料(かけ放題月1,000円)かけ放題(RakutenLink利用)
海外利用82の国・地域で20Gまで使用可66ヶ国(端末がiPhoneの場合は不可)2GBまでの制限(超過後は最大128kbps)
キャリアメールなしなし
テザリング対応対応
乗り換え時など各種手数料新規契約事務手数料など無料新規契約事務手数料など無料
家族割・セット割なしなし
提供開始予定2021年3月26日2012年4月1日
eSIM不明対応
使用スマホ機種SIMの提供(SIMフリースマホ、動作確認)および対応スマホの提供予定SIMの提供およびAndroidのスマホ
ターゲット若者向けメインブランドデータをあまり使っていない小容量の利用者を取り込む

自分の使い方にもっともフィットするのはどれか?
れん

まとめ

要約すると...

  • ahamo/povo/LINEMOの先行エントリーについて、先行受付リンク、受付期限、本契約期限を一覧とした
  • 3社とも 先行エントリーは、5月31日までに本契約をしなければ、自動的に取り消される
  • 小容量の利用者をターゲットとし、店舗での受付が可能など3社に対して、特徴ある楽天モバイルを検討する価値は十分ある

政府の通信料金の値下げ、競争の促進方針を受けて、大手3社間の競争が激しくなっていますが、新料金プランも細かい差はあるものの、似たプラン間での競争となっています。

今後の通信エリア拡大が順調に進めば、特徴のあるプランを提案している楽天モバイルにも期待でき、ユーザーに多様な選択肢が提供されることになります。

ひまり
お店で相談できると安心!

-東京オリンピックの年の経済

Copyright© 東京オリンピックの年の光と闇 , 2021 All Rights Reserved.