激動の2020年21年を記録

東京オリンピックの年の光と闇

東京オリンピックの年のグルメ

バゲットの意味はフランス語で何?バタールとの違い

フランスパンといえば、細長いパンを浮かべますが、フランス文化省はユネスコ無形文化遺産の候補としてバゲットを申請しました。

フランスパンには、バゲットのほかに、バタール、カンパーニュ、フィセル、エピなどと呼ばれる様々な種類があります。

バゲットについてフランス語の意味から説明します。また、日本ではあまり耳にしませんが、よく似ているバタールとの違いについても説明して行きます。

ひまり
クロワッサンが一番!

\ahamo LINEMO povaよりも安いスマホプランは?/
>これ見て決めた「俺ahamo・妻子は楽天モ」がベストチョイス<

バゲットのフランス語の意味

バゲットのフランス語の意味を調べる前にフランスパンの定義から入りましょう。
フランスパンは基本的に小麦粉・塩・水・パン酵母だけで作られます。砂糖は入れません。
形によって呼び名が変わります。
バゲット:細長い棒状。
バタール:バゲットより短く太い形をしています。
カンパーニュ:丸い形をしています。
フィセル:小さく細いのが特徴です。
エピ:麦の穂を思わせる形をしています。日本ではベーコンを入れたりしているのを見かけます。
以上日本でおなじみのフランスパンを網羅しました。

その他、フランスの代表的なパンと言えばもうひとつ、クロワッサン(意味は三日月)があります。
生地にバターを何層にも練りこんで、焼き上げると、あのサクサクした食感がえられます。
では、バゲットのフランス語の意味は何でしょう。
バゲットBaguetteの意味は棒、杖です。
由来は諸説あり、
・1920年8月のセーヌ県の規則には、「バゲットは、重さ80g以上、長さ40cm以上のものを、1本0.35フラン以上の価格で販売してはならない。」と定義した。
・ルイ14世の時代から幅広の長いパンが作られ、18世紀半ばからは細長いパンが作られ、19世紀には現在のバゲットよりもはるかに長いものもあったという。
・ナポレオンが、兵士がパンを持ち運べやすくするようにするため、兵士の制服に滑り込ませるため、細い棒状にすることを要求したという。
・地下鉄職員がパンを切るためのナイフを持ち歩かなくて済むように発明された。従業員がよく喧嘩をしていたので、ナイフを必要としないパン=バゲットのような細くて裂けやすい形。
・1920年10月には、法律によってパン職人が午前4時以前に働くことができなくなった。
夜の10時から朝の4時までの間、パンや菓子を作る労働者を雇うことは禁止されている。
細長い形のバゲットであれば、より早く準備して焼くことができる。
などです。

文化遺産に申請するほど歴史があるんだ!
れん

バタールのフランス語の意味

バタールBâtardは「中間の」という意味です。中間の大きさという意味となっています。
バタールと言っても、バターを練りこんでいるわけではありません。

ひまり
あまりなじみがない言葉ね

バゲットとバタールの違い

バゲット:直径は約5~6cm、長さは通常約65cmだが、長さが1mに達するものもあります。
バタール:長さ約30~50cm、重量は300g程度。バケットよりも短く、太いのが特徴です。

同じ生地でも、この太さによって食感が変わってくるのです。
バケットはバタールと比べると細い為、中身(クラム)が少なく、まわり(クラスト)のパリパリ、カリっとした食感が楽しめます。
一方、バタールはバケットと比べると太い為、中身(クラム)が多くふんわりとした食感が楽しめます。

カリっとした食感が好きならバケットを、ふんわりもっちりが好きならバタールを選ぶのが良いと思えます。

大きさだけでこんなに食感が変わってくるんだ
れん

\ahamo LINEMO povaよりも安いスマホプランは?/
>これ見て決めた「俺ahamo・妻子は楽天モ」がベストチョイス<

バゲットとアメリカ食パンの違い

アメリカ食パンとは日本で食パンと読んでいるホワイトブレッドのことです。
バゲットを含むフランスパンでは、絶対砂糖を使いません
その点がアメリカ食パンとの大きな違いです。

フランス人は世界の料理の中心はフランスであるというプライドがあります。
だから、日本人から見ると「パンに砂糖を入れようが入れまいがどっちでも変わりないだろう」としても、フランス人にすれば、ありえない世界で、日本でいうと…畳に靴を履いて上がるようなものです。
それほどとんでもない世界なのです。

文化遺産にしたいわけだ
れん

まとめ

要約すると...

  • バゲットの意味はフランス語で棒,丈で、バタールとの違いは、形状のみですが、食感がかなり違います
  • フランスパンは基本的に小麦粉・塩・水・パン酵母だけで作られ、砂糖を使わないのが最大の特徴です
  • フランスパンに砂糖を使わないのは、フランスの文化で、日本の畳文化に相当するほどです

フランス人は日本人以上に食事パンと菓子パンの住み分けはっきりしており、日本ではパンに分類されえる菓子パンは、フランスではお菓子(ペストリー)でありパンではないという位置付けとなっているのです。

ひまり
フランスパンと砂糖の関係を初めて知ったわ!

-東京オリンピックの年のグルメ

Copyright© 東京オリンピックの年の光と闇 , 2021 All Rights Reserved.