東京オリンピックの年のパニック

中国の謎の火災はデマ?本当?正体を探るべく微博をくまなく調べた結果

「中国では各地で原因不明な火災や爆発が起こっています。ありえないレベルで」とツイッターで、5本の動画が投稿されており、48万回再生されたのもあります。

これに
「謎の大火災始まる。全てを荼毘に伏すということか」
「とうとう焼却処分を始めたようだ」
「とうとうテロみたいな事が起きてきたか?」
「天罰以外ありえないです。」
などの過激なコメントが載っています。

謎の火災はデマなのか本当なんでしょうか?微博(中国ツイッター)や中国メディアでくまなく正体を調べてみました。

ひまり
天罰なんてトランプさんが喜びそうね

中国の謎の火災はデマ?本当?

中国の謎の火災はデマか本当かを確認してゆきましょう。


3番目の動画「3月19日 中国、河北省謎の大火災始まる」についてまず確認してみましょう。

中国メディアでは「北京、河北、天津などで、18日夕方、強風によると見られる火災が発生し、各地の住民が撮影して、SNS(おそらく微博)に投稿」と報じられています。

空気が乾燥している今の季節に、強風にあおられて河北省などで、火災が発生したのだと思われます

その他の動画についても、1つずつ確認してゆきますが、2件の高速道路でのタンクローリーの火災事故なども中国メディアで報道されており謎といえるものはないように感じました

河北省の火災以外にしてもこの時期に重なりすぎではとの疑問はありますが、以下の中国人の投稿によれば、中国では決して不思議なことではないようです。

ツイッター名<是你的聪哥哥啊>

どうして中国にいる私がこのようなことが発生しているのに何も感じないかですって?
火災や爆発は単なる普通の事故で、毎年起こっていることですから。

この程度は、当たり前ということのようです。

普通なんだ!
れん

謎の火災について微博を調べてみた

謎の火災について微博や検索サイト捜狐(https://www.sohu.com/)で、調べてみました。

動画1「2020年3月22日午前6:10 ·投稿中国では各地で原因不明な火災や爆発が起こっていますありえないレベルで」
動画2「3月20日、江蘇省塩城市の寧京-zhou州高速道路の馬頭区間で危険な化学車両が転覆し爆発(水蒸気爆発によるキノコ雲が上昇)しました。」

動画1はおそらくSNSから動画2は、中国メディアhttps://news.sina.cn/からとなっており、同じ火災です。
「3月20日、江蘇省塩城市で、危険化学品を搭載した車両が寧波塩高速道路の塩城と馬溝区間を走行中に、高速道路上で転覆した後、爆発した。
消防や警察が現場に駆け付けて救助し、人的被害や事故原因を調べている。」

動画3 3月19日投稿「3月19日 中国、河北省謎の大火災始まる」
大紀元時報(本社ニューヨーク)の記事(中国国内メディアからの引用)
3月18日、午後から夕方にかけて、中国東北部の北京、天津、河北省は、強風に見舞われ、電線の断裂などにより火災が発生した。
これらの地域では、最大風速28メートルの強風が吹いた。
一部の地域では最大風速32mの暴風が発生した。

強風によると見られる火災が少なくとも北京の延慶、通州、房山、平谷等地,河北保定、廊坊、滄州、邢台、石家莊、衡水、雄安、秦皇島、天津武清、北辰、津南の地域で確認され、各地の住民が撮影して、ソーシャルサイトに投稿した。

動画4 3月22日投稿 「またタンクローリーの謎の爆発」


動画の高速道路に「沙井」の表示が見えます。これを手掛かりに探ってみました。

3月22日午前9时06分,広深高速道路の市区方面の沙井料金所でガソリンを積んだタンクローリーの火災が発生したが、7つの消防署から21台の消防車と103人の消防所員を即座に現場に派遣し、泡沫消火器で、消し止めた。
なお、沙井は深圳市宝安区にあります。
画像:https://www.sohu.com/a/382141788_162522

動画5 2020年3月19日、「中国、重慶のBanan地区のLujiaoの近くの工場が発火最近、一部の火災では消防隊が到着せず、火災は報告されていません」
検索したところ、重慶の巴南地区の鹿角付近の工業団地の一角にあるセラミックタイルの卸売業の工場で、工場敷地の屋根の大部分が燃え尽き、渦巻く黒い煙は数十メートルにも達した火事がありました。

重慶では、2020年元旦には民家が焼ける大火が、2019年4月にも、工場火災があったそうです。

個々の火災は実際にあり、メディアで報道されていることが確認できました。

調べればわかるのね
れん

火災の正体まとめ

要約すると...

  • 河北省を中心とする中国東北部の各地で強風による火災が発生したのは事実である
  • 高速道路での数日を経て起こった2件のタンクローリーの転覆事故による火災と重慶での工場火災についても事実である
  • 動画はすべて事実だが、この程度の火災が連続して起こるのは中国では、ごく普通のことで、謎の火災とは言えない

中国で連続する火災や爆発について1つひとつずつ調べてみましたが、謎と言えるものはなさそうです。

コロナ騒ぎで、住民に不満がたまっているとはいえ、コロナ感染拡大を防ぐため、従来以上に監視の目を光らせている中国の政治状況下では、テロなどは考えにくいでしょう。

人口が日本の10倍で、国土が25倍、高速道路の総距離は12倍となっている中国ですから、火災や爆発事故の頻度は、日本と比べれば10倍でもおかしくないと思えます

安全意識の違いもあるかもしれませんが、現地の中国人が指摘するように、これくらいいつものことで不思議ではないのではとの気がします。

ひまり
納得したわ!

-東京オリンピックの年のパニック

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.