東京オリンピックの年のスポーツ

カバーニ神戸加入はデマだった!その凄さにエイプリルフールということを忘れた日本人

4月1日。サッカーのウルグアイ代表FWで世界的スターのカバーニ選手がJ1神戸に移籍することが決まった、というニュースが流れ、日本のサッカーファンにはちょっとした衝撃が走りました。

ところがこれはまったくのデマ。欧州メディアが報じたエープリルフールのニュースでした。日本人としてはまんまと騙された格好ですが、つい信じてしまうカバーニ選手の凄さやその〝リアル度〟とは?

ひまり
エープリルフールを忘れちゃうほど、コロナ禍で余裕がなくなってるのかも…

カバーニ神戸移籍はデマだった

神戸サポーターを中心に色めき立つニュースが流れたのは1日。引用すると以下の通りでした。

パリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが、J1神戸移籍で合意したと、フランスメディア「Lucarne Opposee」が1日に報じている。
同メディアによると、ウルグアイ地元紙「Ovacion」の情報を基にカバーニの神戸移籍合意を報道。「フィンク監督の下、アンドレス・イニエスタやトーマス・フェルマーレンらと共闘する」としたうえで、「セレッソ大阪でプレーした偉大なるディエゴ・フォルランと同様に、日本でプレーするウルグアイ人プレーヤーになる」と伝えた。
また「日本でプレーし、日本文化を称賛していたディエゴ・フォルランからの推薦もあったはずだ」と、かつてC大阪でプレーしたフォルラン氏からの“推薦”があった可能性を指摘している。
記事は「この選択はパリのサポーターの反響を呼ぶだろう」と締めくくられており、大物の“J参戦”が実現となれば、世界的にも大きな話題を呼びそうだ。
FOOTBALL ZONE WEBより

神戸をはじめJ1には、ここ数年海外の大物選手が続々移籍していることもあり、多くの日本ファンは「またも!」「これは凄い」とすっかり信用。ところが翌日。2日夕方に「Lucarne Opposee」(電子版)がツイッターにこの記事がエイプリルフールだったと投稿。

日本メディアのウェブニュース画像を引用しつつ、「ワナにかかった日本メディアに謝罪します」とした一方で、「(基となったウルグアイ地元紙の)Ovacionをクリックすれば嘘だと分かるのに十分だったはず」とも〝茶化し〟ました。

確かにOvacionの記事には「kobe」の字は見当たらず、アルゼンチン1部ボカやスペイン1部アトレティコ、バルセロナなどを移籍先候補に挙げているだけ。

すっかりデマ情報を信じ込んでしまった日本のメディアやファン。ただそれは、カバーニ選手の凄さや「本当に来るかもしれない」という記事のリアルさも原因だったようです。

日本の大手新聞・通信社などは一切報じてないから、情報源の元記事をきちんとチェックしたかどうかが分かれ目だったのかな~~
れん

そもそもカバーニの凄さとは?

エープリルフールだったことを忘れていたわけではないのでしょうが、「いかにもありそうなデマ」に引っかかってしまった日本のファン。裏を返せばそれだけ「凄い選手でも来る可能性はある」という思いや裏付けがあるからだともいえます。

カバーニ選手は、ウルグアイ出身の33歳。早くも19歳のころからウルグアイリーグでレギュラーとしてゴールラッシュの大活躍。いきなり移籍金500万ユーロでイタリア・セリエAのパレルモに移籍します。次に移籍したナポリでもゴールを量産し、リーグ得点王に輝くなど活躍。レアル、マンチェスターシティといったビッグクラブが獲得に乗り出し、13年にPSGが6300万ユーロという巨額移籍金で獲得に成功しました。

カバーニ選手はパリ・サンジェルマンで歴代最多得点、リーグアン得点王、ウルグアイ代表歴代2位の得点を重ねるなど世界屈指のストライカーに君臨。プレースタイルは、恵まれた体格や身体能力に加え、キック精度やスピード・パワー・スタミナも兼ね備えた万能型のフォワードといわれます。

そんなスーパースターも今季終了後にはPSGとの契約が満了になるため、仏やウルグアイメディアでは移籍先を臆測する報道が盛んに。33歳という年齢もあり「ひょっとしたらJ1に来る可能性も…」という日本サポーターの思惑が、ピッタリ「エープリルフールの罠」にはまった形となったわけです。

カバーニの世界の評価まとめ

W杯のカバーニ▶︎スアレス▶︎カバーニのえげつないゴールまじW杯面白かったなあ。このゴール見たときはポカーンとしてしまった。強すぎてw
PSGのこの選手がほんまに日本に来るなら、とんでもないこと。現役ウルグアイ代表が日本で…!
日本でカバーニ観れたら超嬉しいけどさすがにイニエスタやドウグラス、フェルマーレン、サンペールもいるのにこれは戦力的には反則だよ
カバーニに関する移籍報道、南米では下火の様相。ボカ、フラメンゴ、パウメイラスのいずれにも移籍する可能性は低そう。まだ欧州にいそうですね
カバーニのネタなら売るぐらいあります。ウルグアイだけに

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 4月1日にPSGのFWカバーニがJ1神戸移籍と仏メディア報道
  • 日本で転電されるも実は「エープリルフールネタ」と判明
  • カバーニの凄さや話のリアルさに日本ファンすっかり騙される

欧州ではエープリルフールのジョークニュースが昔から盛んで、有名なものには英BBCの「ビッグベンがデジタル化」「空飛ぶペンギン発見」などがありました。そういう習慣のない日本メディアは、以前、今回と同じように真に受けて「真面目に」転載してしまった例もあったようです。

ただ最近はネットの「フェイクニュース」やデマ拡散が社会問題化しているほか、特に今年はコロナ禍で既に様々なデマが飛び交っているだけに、多くの国でエープリルフールは自粛ムード。そうした雰囲気もあり「まさかコロナ被害が大きい仏のメディアが嘘の報道をするはずがない」と思い込んだことも、今回の「カバーニ事件」の背景にあったのかもしれません。

エープリルフールの起源は、欧州の春の祭りの「ばか騒ぎ」とかインドの儀礼とか諸説あって不明らしいわ…
ひまり

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.