激動の2020年21年を記録

東京オリンピックの年の光と闇

東京オリンピックの年のスポーツ

欧州スーパーリーグの海外選手の反応!黒幕は?「オーケー、グッバイ」

欧州スーパーリーグの創設は、イギリスのウィリアム王子やボリス・ジョンソン首相を含む各界の猛反対で、参加表明していたクラブの撤退が相次ぎ、48時間で頓挫しました。


欧州スーパーリーグに対する海外の反応、選手の反応をまとめながら、黒幕は誰だったのかを探ってゆきましょう。

ひまり
突然現れ突然消えたように思えた

\夏がもうすぐ来る!来てからじゃ遅い!/

欧州スーパーリーグの海外選手の反応

欧州スーパーリーグの海外選手の反応をまとめてゆきます。

欧州スーパーリーグ構想とは

2021年4月18日の報道によると、欧州スーパーリーグは8月に開幕し、10チームずつの2グループに分かれて開催されます。
各グループの上位3チームと4位と5位のプレーオフから2チームも加わってトーナメント戦に進出し、決勝は5月末に行われる。

当初参加を発表した12クラブは、プレミアリーグからアーセナル、チェルシー、リバプール、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナム、セリエAからミラン、インテル、ユベントス、ラ・リーガからアトレティコ・マドリー、バルセロナ、レアル・マドリーなどの強豪有名クラブでした。

ところが、この欧州スーパーリーグ創設に、ファン、選手、政治家などから、「設立メンバーは金銭的な利益を優先し、富裕層のクラブのための閉鎖的なサークルを作っている」との批判が相次ぎ、これに参加を予定していたクラブが、撤退を次々と表明し、計画は数日で頓挫しました。

具体的に海外選手の反応を見てみましょう。

海外選手の反応

Jordan Henderson

私たちは欧州スーパーリーグを好まない、起こってほしくない。これが私たちの共通の立場です。
自分のサッカークラブとそのサポーターに対する我々の責任は、絶対でかつ無条件なんだ。

Benjamin Mendy

サッカーにとってなんて素晴らしい日でしょう!プレイを続けましょう、戦い続けましょう、夢を見続けましょう。それこそが私たちがサッカーをする第一の理由です!!
Aymeric Laporte


(頓挫は)結構早かったね(笑)

シティが撤退を表明すると、イングランドのRaheem Sterlingは、「オーケー、グッバイ」と投稿した。

金ではないと皆が結束したんだ!
れん

欧州スーパーリーグの黒幕?そもそも発起人は誰?

この構想の中心として動いていたのは、スペインのレアル・マドリードで、スーパーリーグを運営する新たな組織のトップに就任したフロレンティーノ・ペレス会長だった。

最大の目的は、ビッグクラブが新型コロナウイルスのパンデミックによる経済的打撃を回復するため、少数のビッグクラブよる、より人気の高いリーグを創設して、収入を確保しようという点にあった。

そしてその陰には、アメリカの金融大手、JPモルガン・チェースがいると言われています。
予想される膨大な運営資金に、JPモルガン・チェースの莫大な融資が担保されていたそうです。

JPモルガン・チェースはヨーロッパサッカー界を、投資に見合ったリターンが望める新たな標的として、ビッグクラブの多くを顧客に持ち、特に今回中心となって動いたペレス会長とはきわめて親しい関係にあるとされています。

MLB,NBAなど入れ替え戦がないアメリカ式プロスポーツの運営方式をヨーロッパに導入することにして、収益アップを図ることを考え、各クラブが困窮しているコロナ禍のパンデミックを最上の機会として選んだわけです。

ひまり
どこに投資のチャンスがあるか虎視眈々と狙っているのね

まとめ

要約すると...

  • 欧州スーパーリーグ創設に対し、欧州サッカー選手からも激しい反対があった
  • 欧州スーパーリーグの黒幕は、ヨーロッパサッカー界を、投資のターゲットとようとしたアメリカのJPモルガン・チェース銀行と言われている
  • 欧州のサッカー組織、サッカー選手、ファン、政治家は、これまで培われた欧州のサッカーの伝統を踏みにじられたくないと結束したのが今回の結果をもたらした
ひまり
1度失敗したくらいでは懲りないかもね

関連


この記事を見ている人は以下の記事も見ています

欧州スーパーリーグとはいつから?いらないと批判が多い理由と海外の反応


-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© 東京オリンピックの年の光と闇 , 2021 All Rights Reserved.