激動の2020年21年を記録

オリンピック後の世界

東京オリンピックの年の経済

恒大集団デフォルトについて最新情報を中国メディアから速報する!リーマンショック再来ある?

中国の巨大不動産開発企業である恒大集団が、膨大な負債で格下げが相次いでいます。

恒大集団デフォルトについて最新情報を中国メディアから速報します。

ひまり
コロナ禍でのリーマンショック再来は絶対避けてほしい!

恒大集団デフォルト?

中国で第2位の巨大不動産開発企業である恒大集団が3000億ドルを超える膨大な負債でデフォルトするのではと懸念されています。

格下げ相次ぎ、株価も1日10%急落、債券取引停止など厳しい状況に追い込まれています。
中国政府の規制強化・資金源締め付けで 他の企業に危機広がる可能性もあります。

これをきっかけに中国の不動産市場の「バブル崩壊」ひいては、リーマンショックの再来となるのしょうか?

中国の不動産市場はバブルバブルと言われ続けてきたからな
れん

恒大集団に関する最新情報

2021-09-11 17:18:05付の中国メディア「 虎据龍蟠」の記事を見て参照してみましょう。

「莫大な負債を抱える恒大集団、20億元以上の寄付を惜しまない馬化騰(テンセントCEO)、許家印(恒大集団創業者)の友人ジャック・マーはどこへ?」

中国でトップレベルの不動産大手といえば、恒大集団を挙げなければなりません。 世界のトップ500企業の1つである恒大集団は、不動産業界のリーダーであるだけでなく、自動車、不動産など8つの業界に関わっています。
また、恒大集団の創業者である許家印は、企業家として大成功しただけでなく、社会全体に貢献する慈善家でもある。 しかし、成功者であっても、どうしてもつまずきはあるものです。

元友人のジャック・マー(アリババ)は許家印を助けるか?

アリババの会長であるジャック・マーは許家印の長年の友人であり、ジャック・マーはかつて、中国で一世を風靡した恒大集団が所有するサッカーチームに出資していたということだ。 ジャック・マーと許家印は、一緒に常勝チームの試合を見に行ったことがあり、その場で笑ったり話したりして、 二人で一緒に観戦していて、とても仲の良い二人でした。

ジャック・マーも最近、不適切な発言で、アント・フィナンシャル・サービスの営業停止処分を受けるなど、様々な事件で、最近、アリババの評判は非常に悪くなり始め、罰金を科せられただけでなく、市場価値も何十億ドルも下落し、アリババの最も有名な創業者であるジャック・マーの個人的な評判にも大きな影響を与えました。
ジャック・マーに、友人許家印を救う余裕がなくなっているのではと思われます。

(結論)
良い点は、馬化騰(テンセントCEO)の助けを借りて、恒大集団はある程度の猶予を与えられていることです。 現在、恒大集団は次々と良いニュースを発信しています。 許家印の現在の債務危機はある程度緩和されましたが、恒大集団が現在直面している危機はまだ非常に深刻であり、もし再び恒大集団を支援する企業が現れなければ、恒大集団が本当にこの危機を乗り切れるかどうかは未知数である。

ひまり
最近、ジャック・マーなど超富裕層がにらまれているからね

恒大集団デフォルトしたらリーマンショックの再来になるのか?

恒大集団は、借金をしては不動産投資を行い、中国各地で高層アパートの販売に勤しみ、そこで得られた利益を再投資するという典型的な高度成長依存の借金雪だるま型の経営を行ってきました。

ジョージ・ソロスも、過去20年間、長期にわたる不動産ブームが終わりに近づいています。
共同富裕論」を掲げ不動産市場に対する強力な規制を示した習近平国家主席の指示が一つの要因であり、少子化もこれに輪をかけている。

中国恒大集団は、過大な債務を負っており、債務不履行の危機に瀕しており、デフォルトが発生する可能性があります。

恒大集団の影響を受けるのは取引銀行、サプライヤー、そして住宅購入者など、少なくなく、破綻すれば中国経済を大きく揺るがす可能性があります。
今のところ国からの支援を受けられるかどうかは分かりませんが、国の救済がなければ、債務問題を解決できないというところまで追い込まれています。

3000億ドルとも言われる負債はリーマンに比べて桁違いに大きく、「大きすぎて潰せない」と中国政府が考えなければ、恒大集団のデフォルトが現実になり、中国のみならず、世界にリーマンショックが再来する可能性さえあります。

中国でも少子化でもともと不動産企業には逆風が吹いていた
れん

恒大集団に関する海外の反応まとめ

恒大集団の財政破綻は長い間噂されてきたが、明らかに底を打つたびに、彼らは新たな底を見つけるが、今回は本物のようだ&広州FCの財政的将来に深刻な影響を及ぼすだろう
事情に詳しい関係者によれば、中国恒大集団最大の非銀行債権者のうち少なくとも2社が一部の融資の即時返済を要求しており、世界で最も負債の多い不動産デベロッパーの流動性の緊張が高まっている。
現金が不足した恒大集団は、サプライヤーや請負業者への支払いを遅らせた後、不動産プロジェクトの一部で作業が停止されたと述べ、開発者の財務上のトラブルがどのように事業に波及したかを示した。
世界で最も負債の多い中国恒大集団は、2日間で2回の信用格下げの後、倒産に近づいているようだ
時間の問題です。フィッチ・レーティングスは、中国エバーグランデ・グループとその子会社であるHengda Real Estate & Tianji Holdingの信用格付けを「CCC+」から「CC」に格下げしました。フィッチの、ダウングレードは、何らかのデフォルトが可能性が高いように見えるという彼らの見解を反映しているとみています。


給料と手数料を得ることができないので、会社の前で抗議する恒大集団のスタッフのプラカード

出典:Twitter

許家印CEOは慈善事業にかなり力を入れていたとの好意的な意見もある
れん

まとめ

要約すると...

  • 恒大集団デフォルトについて最新情報を中国メディアから速報しました
  • リーマンショック再来の可能性についてコメントしました
  • 恒大集団デフォルトについての厳しいコメントが多い海外の反応をまとめました
ひまり
中国版リーマンショックには、今の世界の経済は、もはや耐えられないのでは?

-東京オリンピックの年の経済

Copyright© オリンピック後の世界 , 2021 All Rights Reserved.