東京オリンピックの年のスポーツ

福岡国際マラソン2020の招待選手と注目選手ベストタイム一覧!優勝予想はこの人

12月6日(日)12:10にスタートする福岡国際マラソン2020は、新型コロナの影響で、規模を縮小し、エントリー国内招待選手8名と国内一般参加の42名計50名で争われます。

福岡国際マラソン2020の招待選手と注目選手のベストタイムを一覧にしました。
最も優勝が期待できるのはどの選手でしょう?
データをもとに予想してみました。

ひまり
特別な年の特別な戦い

福岡国際マラソン2020の招待選手と注目選手ベストタイム一覧

福岡国際マラソン2020の招待選手と注目選手ベストタイム一覧は次のようになります。

No.選手名所属
ベストタイム備考
1服部 勇馬(27)トヨタ自動車
2:07:27
東京五輪代表
2藤本 拓(31)トヨタ自動車2:07:57
2019年福岡国際2位
3髙久 龍(27)ヤクルト
2:06:45国内4位
4川内 優輝(33)あいおいニッセイ同和損保2:08:142019年福岡国際12位
5岡本 直己(36)中国電力2:08:37
6作田 直也(25)JR東日本2:08:59
7福田 穣(29)
福岡陸協2:09:522019年福岡国際3位
8大塚 祥平(26)九電工2:10:12
11吉田 祐也(23)GMOインターネットグループ
2:08:30別府大分毎日マラソン2020
21寺田 夏生(29)JR東日本
2:10:552019年福岡国際5位
23伊藤 太賀(34)
スズキ2:10:522019年福岡国際7位
24神野 大地(27)セルソース
2:10:18
28鈴木 太基(25)
ラフィネ2:12:092019年福岡国際10位
31設楽 啓太(28)
日立物流
2:12:132019年福岡国際14位

注目の一般参加選手としては、福岡国際マラソンの上位選手やこれまで話題に上がることの多かった選手6名を挙げました。

レベルは高そうだ!
れん

福岡国際マラソン2020の優勝予想

服部勇馬

2019年9月15日のマラソングランドチャンピオンシップ2位となり、オリンピック代表の座をつかみました。

後半の現日本記録保持者の大迫傑と凄まじいデッドヒートを制したのは記憶に新しいところです。競り合いにも強いところを見せました。

2018年の福岡国際マラソンで、2時間07分27秒(自己ベスト記録)で優勝しており、コースも熟知している点も含め、優勝の最有力候補に挙げられます。

髙久龍

参加選手中2:06:45ベストタイム(国内4位の記録)を持っています。これは、多くの大会がコロナで中止となる中、今年の3月1日の東京マラソンで出した記録です。
ゴールドコーストマラソン2018 で、6位(2:11:45)、ハンブルクマラソン2019で 7位(2:10:02)と年毎に、記録を向上させて、2020年東京マラソンでは、大迫傑につぐ日本人2位の自己ベスト記録に繋げました。

吉田祐也

2020年1月の自身初となる箱根駅伝に出場、4区を走り、1時間0分30秒の区間新記録を打ち立てて、青学大が2年振り5度目の箱根駅伝総合優勝に返り咲く原動力となりました。

この結果、大学卒業後は、競技を引退する予定だったが、瀬古利彦らに競技継続を薦められ、撤回しました。

そして、初マラソンとなる2020年2月2日に行われた第69回別府大分毎日マラソンで学生歴代2位となる2時間8分30秒で、日本人トップで全体の3位となったのです。

3月には、ブルボンから得ていた入社内定を辞退し、GMOアスリーツに入社し、現役続行を正式に決定しました。

23歳、まさに伸び盛りで、筆者が最も強く推したい選手です。

ひまり
ニューフェースに期待!

福岡国際マラソン2020へのみんなの声

今年の福岡国際マラソンはかなりハイレベルな戦いになりそう
設楽啓選手は福岡国際マラソンにエントリー 3年前の福岡国際マラソンで初マラソンを迎え、その後マラソンを走るたびにベストを更新して今年の東京マラソンで2時間12分前半まできています。勢いそのままにサブテン達成してほしいところですね
福岡国際マラソンは目と鼻の先を通過します。応援している選手も走るので、出ていきたいところですが、ここは我慢ですね。主催者の懸念を増やしたくはないですし、ひいては選手たちのためにもならないですからね。
果たして今年はどうなるの⁉️福岡国際マラソンはかつての純然たるエリートマラソン路線に規模を縮小して開催するけど…。
服部勇馬くんの大ファンなんです。MGCの時は勇馬くん大、大応援してました。12月の福岡国際マラソンに出場する予定だそうで楽しみにしてるんです

出典:ヤフコメ

外国選手がいないのは寂しいが・・・
れん

まとめ

要約すると...

  • 福岡国際マラソン招待選手8名と注目選手6名のベストタイム一覧を掲げました
  • 優勝予想として3名を挙げ、筆者としては、23歳の吉田祐也を最も推したい
  • 特別な戦いとなる今年の福岡国際への期待と、服部勇馬や設楽啓太への応援メッセージが熱い

コロナ禍により、規模が縮小され、エリートマラソン大会となった福岡国際ですが、ファンの期待は大きいものがあります。

ここで、吉田祐也が、別大マラソンを超えるタイムを出して、招待選手を抑えることになれば、一挙にマラソン界の星となります。

ぜひ、コロナを吹き飛ばすような、熱いドラマを期待したいところです。

ひまり
けん制しあうのでなく、大記録を出してほしい

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.