東京オリンピックの年のパニック

ハンタウイルスって何?日本に事例はあるの?ついつい敏感になってしまう

2020年3月25日ハンタウイルスが中国で確認され、1人がビジネス旅行で山東省に向かっていた途中にバスの中で
しぼうしたことが伝えられている。

同じバスの31人も検査しているということですが、いちおう人から人へ感染しないからパンデミックはないだろうと
言われているものの、この時期心配になってしまうのは言うまでもありません。

「ありえない」ことがあり得る昨今、日本に本当にハンタウイルスは関係ないのか見ていきましょう。

バスの中って、かかるとすぐに亡くなってしまうということ!?そうすると致死率は凄いのかな
れん

ハンタウイルスって何?

ハンタウイルスって何?と敏感に反応してしまったのは私だけではないのでは。


日本との関係も含め調べて出てくる情報を、分かりやすくまとめると以下のようになります。

ハンタウイルスって何ポイントは.

  • ねずみ等の小型哺乳動物が自然に持っている菌で、人に感染すると重篤な病気を引き起こす
  • 引き起こされる腎症候性出血熱・ハンタウイルス肺症候群(HPS)
  • 人への潜伏期は数日から6週間とされるが、多くは感染から2週間から3週間で発症する
  • ハンタウイルス肺症候群(HPS) は致死率はおよそ50%
  • 腎症候性出血熱(HFRS) の致死率の情報はなし。上記よりは低い
  • 治療薬は公的に認められているものはないが、中国等現地で使われている薬はあるとのこと
  • 日本では梅田奇病がそれに当たるとされており、1960年頃から約10年間にわたり流行し、119人の患者が発生し2人が死亡

その他、戦時中に旧日本軍が満州において恐れたものとして記録があります。

ひまり
つまり過去に日本にも経験があるんだねえ

今のところの情報ですと、「人から人」への感染がないため
新型コロナのようにパンデミック状態にはならないとされていますが、
こういう知識を持っておくことは大事でしょう。

参考:https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/467-hps-info.html

ひまり

人から人への感染は報告されてないけど、100%ないということではないため、一応警戒。
コロナはかかっても免疫力ある人は大丈夫だけど、ハンタウイルス肺症候群(HPS)にかかると致死率50%だから相当ヤバのね...。
とりあえずネズミに警戒(一応、原因とされているネズミは日本に生息しないとされている)

今度はハンタウイルス!?ネットの反応

もう勘弁してほしい。
次から次にええ加減にせえよ 中国さん
渋谷ネズミ多いよね。。中国の場合、恐らくコロナの影響でネズミ駆除まで回らなくなって増えたのでは
人から人に感染したという話もあるけどどうなの?

今度はコロナ以上に怖いネズミが感染源。勘弁してくれ

出典:twitter

まとめ

新型コロナの騒動の真っただ中だけにこういったニュースには敏感になりがちであります。

何事も100%大丈夫ということはありませんし、逆にゼロリスクを過剰に求めると人間活動ストップになってしまいますので、正しく恐れるということが大事なのでしょうけれど
今のところコロナのような流行はなさそうだということで
とりあえずは新型コロナ対策に集中する形で良いのではないでしょうか。

-東京オリンピックの年のパニック

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.