東京オリンピックの年のドラマ

ゼロ高等学院の評判は?ホリエモンはどんな学校を作り現状どうなのか?

新型コロナの感染問題で連日「自粛厨」を攻撃する発言を繰り返し、メディアで相変わらずの〝存在感〟を示している実業家の堀江貴文氏。堀江氏といえば非常に多岐にわたるビジネスや活動で知られますが、その一つが「教育事業」です。

堀江氏が主宰して設立された、主に高校生向けのサポートスクールが「ゼロ高等学院」です。ホリエモン創設のゼロ高等学院とは?どんな学校で評判はどうなのか、現状を探りました。

ひまり
サポート校って、高校通信課程を受講したり高卒資格取得を目指す生徒を、さまざまな面から支援する学校ね!

ゼロ高等学院の評判は?どんな学校?

宇宙ロケット開発など多数のビジネスを手掛けながらメディアにも頻繁に登場。著述家・投資家・YouTuberなど多彩な顔を持つ堀江貴文氏。意外な一面として「教育事業」というものがあります。その一つがゼロ高等学院です。

学院の公式サイトなどによると、ゼロ高等学院は、ホリエモンが創設し、有識者や起業家らが多数参加する会員制コミュニケーションサロン「HIU(堀江貴文イノベーション大学校)」の支援のもと、「SNS education」という株式会社が運営する新形態の学校で、2018年に開校しました。

学校といっても校舎などはなく、基本的にオンラインで学習・活動支援を行います。通常のサポート校と異なるのは、実際の通信制高校(神奈川県の鹿島山北高校)と教育連携し、生徒に意欲があれば高校卒業資格を得ることもできる点です。ただ「主体性や将来やりたいことを見つけ、今後の社会で必要な力をつける」ことを理念としているため、必ずしも高校卒業資格取得が目的ではなく、起業などのため途中退学することも可、とされています。

机の上で勉強するだけでなく、自分で考え計画して、社会そのものを経験し実行力や個性を磨くことを学院の特徴とし、そのためにHIUの会員がサポーターとして実践的な相談・指導に応じるとのこと。また学院のカリキュラムや運営を担う各業界で活躍中の「顧問」の顔ぶれも、「ホリエモンスクール」ならではといえそうです。

■ゼロ高等学院サポーター例

・宮古島にある大学受験を専門とする個別進学塾Rootの代表・根間玄隆氏

・デザイナー、ダンサー、CMモデルなどとして活躍する桜中絵美氏

■ゼロ高等学院顧問例

・元日本マイクロソフト社長の成毛眞氏

・講談社で人気漫画を手掛けた編集者・佐渡島庸平氏

・「ビリギャル」著者で個別指導坪田塾塾長の坪田信貴氏

・元アイドルでタレント、クリエーターの菅本裕子氏

そんな真新しいユニークなゼロ高等学院ですが、現状の評判はどうなのでしょうか。

ユニークな高校っていえば、あの紀平梨花ちゃんも生徒の、角川ドワンゴ学園の通信制「N高校」も有名よね!
ひまり

ゼロ高等学院の現状は成功?

18年にホリエモンが主宰して創設されたサポート校「ゼロ高等学院」。開校からまもなく2年を経ようとしているとてもフレッシュな学校ですが、現在の評判はどうなのでしょうか。

年齢制限も制服も校則も教室も時間割もなく他校からの編入も可能と、イメージはかなり「自由」なものの、入学に際しては以下のような条件があるそうです。

①年齢は不問だが、高校既卒者は入学できない
②教育連携先の鹿島山北高校への入学手続きも同時に必要で、入学時期も同校に準じる
③学費はゼロ高等学院と鹿島山北高の両方への支払い(3年間で計約156万円)が必要

れん
学習場所は自由だけど、高卒資格を得るには鹿島山北高での泊まり込みの認定試験「スクーリング」を受ける必要もあるんだって

ただ、全国どこからでも入学でき、カリキュラムや学習内容も自主的に計画できる特徴から「既存の全日制高校などに肌が合わない」「学校と衝突するばかりで居づらい」と感じる若者には魅力的なようです。公式サイトには在校生数などの記載はありませんが、19年入学の1期生の入学式集合写真には50人ほどの若者の笑顔が。

文化祭、交流会などのイベントの模様も掲載され、生徒達は思い思いのスクールライフを楽しんでいるようです。そして最近のプレスリリースでは「2020年に第二期がはじまりました。第二期は全国にいる生徒が4つの班に分かれて活動をはじめました」とあり、オンラインでのオープンスクール開催の告知も。最初の卒業生誕生に向け、徐々に「学校」が形作られつつあるようです。

ゼロ高等学院のネットの評判まとめ

堀江貴文がゼロ高等学院生徒に語る話は愛に溢れている
演技や歌を仕事にするにはどうしたらいい?学生のプレゼンにホリエモンがアドバイス
自分の子供にもやりたいことを提供できる大人にならないと。ゼロ高の皆は輝きがある子供達だ
学校教育では行動せず黙っていられる子が偉いという風潮 でもそんな環境にいたらやりたいことのない人間が育ってしまう
今の義務教育は変えていくこと多々ありかと。堀江さんのゼロ高等学院も今を否定して出来てる

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 実業家のホリエモン、実は2年前に高校生の教育にも乗り出していた!
  • サポート校「ゼロ高等学院」を創設。今春2期生が入学するなど順調
  • 通信制高校と連携して高卒資格も取得可。指導者のユニークさも特徴

Wikipediaによると、ホリエモン自身の学校生活は、福岡県の超エリート私立中高一貫校を出て現役で東大へ。サポート校の環境とは対極ですが、ただ少年期は親との衝突が絶えず、実家から離れたいと願う日々だったそうです。

ゼロ高学院生へのホリエモンメッセージは「高校生は無敵モード。体力も時間も家もありご飯も家族が用意してくれます。無敵モードの限りある時間を、失敗を恐れず挑戦してください」。全身でぶつかって砕けてもすぐやり直せるのが若さの価値。夢中で「道」を見つけてほしいですね。

学院から将来「第二、第三のホリエモン」が生まれるのか、5年後、10年後を期待して見ていたいね
れん

-東京オリンピックの年のドラマ

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.