東京オリンピックの年の政治

ホリエモン新党とは狙いは結局何?都知事選との関連は?

堀江貴文氏ことホリエモンの都知事選出馬の可能性が取りざたされる中、ホリエモン新党の設立が「NHKから国民を守る党」の立花孝志党首から発表されました。
ホリエモンはツイッターで関連を否定しています。

ホリエモン新党の狙いは結局何にあるのでしょうか?
都知事選やホリエモンの新刊書「東京改造計画」を含めてその意図を探ってみました。

ひまり
なんだか複雑でよく分からないわ

ホリエモン新党とは狙いは結局何?

ホリエモン新党とは狙いは結局何?

事実関係を整理しておきましょう

事実関係

5月26日 N国立花孝志党首が、都庁で会見し、ホリエモン新党の設立を発表した。
・代表は立花孝志氏が務める(N国党首を兼ねる)。
・党名のホリエモン新党はホリエモンに承認を得た
・都知事選にホリエモン新党から立花孝志氏が立候補する。
公約はホリエモンの新著「東京改造計画(30日出版)」の37項の内容と同じ
・東京都港区長選に柏井茂達氏がホリエモン新党から立候補する。

柏井茂達氏は、ホリエモンが行っている「ホリエモン 万博」の企画運営をする「ワッショイエンタテイメント株式会社の代表です。
ホリエモンから「港区長選に出てみないか」と指示、命令口調で言われたのがきっかけだという。
なお、ホリエモンはホリエモン新党に所属していません。

ホリエモンはツイッターで関係を否定しています(但し笑って)。

ホリエモンのツイート

「(ホリエモン新党など)特定の政党や候補者とは関係ありません
「(柏井茂達氏に)命令も指示してません。自主的に立候補されたのだと思います。合意もなにもしてません笑」
「ええと、俺は特にメリットないですね笑。俺何も知らんので絡まれても困る」

立花孝志氏の意図

都知事選に立候補する可能性が高いホリエモンを側面から応援する
・堀江貴文氏の愛称ホリエモンが、ホリエモン新党設立、公認候補の都知事選および港区長選立候補で、広く都民に認知される。
・ホリエモン新党としてホリエモンをバックアップするための合法的な宣伝活動ができる
なお、ホリエモンが立てば、立花孝志氏本人に都知事に当選する気はない。
・数百万の供託金でメディアに取り上げられ、N国の広告宣伝となる。
・N国がホリエモンと親しい関係とイメージアップが図れる。
・立花孝志氏の都知事選立候補をふざけすぎているとする「炎上ネタ」をわざと拡散して、立花孝志氏のYouTubeのチャンネル登録者数や再生回数をさらに伸ばす(2019/9/26現在で、49万6000人)。

さらに、都知事選で現都知事と同姓同名の小池百合子候補者をホリエモン新党から出馬させて、票の按分を狙うとも言っています。

先の衆院静岡4区補欠選挙で先に野党支援の田中健と同姓同名の田中健をN国から立候補させました。
選管は混乱を避けるため、投票時に、候補者名のほかに年齢を記入させるなどしました。
結果として多くはありませんが、按分すべき票が発生し、有権者を混乱させました。

常識で信じられないことをやるからな!
れん

ホリエモン都知事選出ない?政治との関連は?

堀江貴文氏ことホリエモンは本当に都知事選に出ないのでしょうか?
立花孝志氏は、ホリエモンの出馬について次のように語っている
4月下旬に作製されていた選挙ポスターも見た。自分は出る(出馬する)と思っている
・堀江さんは無所属で立候補し出馬表明は(6月)16日か17日の(告示日)前日か前々日とにらんでいる。
・最終的に本人が出馬の判断をすると思っている。

ホリエモンは、5月30日に緊急提言と称する新著「東京改造計画」を刊行する予定です。


内容は「7月の都知事選を前に東京都への緊急提言として、経済、教育・社会保障、コロナ対策、都政、未来の生き方について37の東京改造計画を訴えるとし、このままでは、この国も東京も終わる。今こそ、未来のために、立ち上がろう。」というもので、立花孝志氏も言うように、このまま都知事選の公約にもなるものです。

もっとも、その内容はかなり過激で、「低用量ピルで女性の働き方改革」「大麻解禁」などにツイッター上で批判がかなり出ています。

ホリエモンは、
「私が出す東京改造計画は、特定の政党や候補者を支援することを目的とするものではありません。また、私も特定の政党や候補者とは関係ありません。」とツイートしていますが、これまでも、都知事選では、立候補締め切りぎりぎりまで待って、情勢を見極めて出馬表明した候補が勝つということが何度もありましたので、このタイミングにそのまま公約となる本を出版するということは、いくら本人が否定しても、その意志が全くないとは言えません

さらに、自民党本部から、小池百合子知事支持一本化を言い渡されたことに不満を持つ東京都連の一部、が敵の敵は味方として、ホリエモンの支援に回る可能性が出てきたとも伝えられています。

ホリエモンが本当に東京都民の意識改革を狙って出馬するか、単に書籍の宣伝をしたいだけなのか現時点では闇のなかです。

ひまり
裏の裏を考えなければいけないなんて!

ホリエモン新党へのネットの反応

これまでに数々のパフォーマンスをしてきたが、全て失敗して国民に腹の中を見透かされている立花。話のネタになるものやその時の話題になるものならなんでもいい、裏で堀江と話が出来ているのは透けて見えるし、堀江は著書を出すから部数を伸ばす為の単なる話題作りに他ならない。
趣味のサークルじゃないんだから。
何個も政党を作るのは政治家としてどういうつもりなのでしょうか。
また選挙は話題作り、思い出作りの場ではないので、
立花党首の炎上商法はすごいですね。
議員に当選したと思えば、数々の事件で取調べを受け、略式裁判(罰金)には応じないと息巻いていましたよね。しかし情勢が悪くなると、起訴され実刑判決になる前に、辞職しましたね。
一種の炎上商法を繰り返してきた立花氏の悪あがきだと思うが、これでyoutubeの再生数を稼いで資金源にするとか「法に触れなければ何でもアリ」とかいう姿勢、・・・堀江氏も同調してるなら先も見えているが単に利用しているかあるいは利用されているかのようにも思える。

いずれ立候補は取り下げて、ホリエモンが立候補したら支持を表明するかと。
ホリエモンの態勢が整うまでのつなぎか、あるいは端から戦略か。

出典:ヤフコメ

腹が立つけど本人には全くこたえてないことだけは確か
れん

まとめ

要約すると...

  • ホリエモン新党の狙いは無所属で都知事選に立候補するであろうホリエモンの応援とN国の広告宣伝
  • 都知事選に、ホリエモン堀江貴文氏が立候補するかは立候補締め切り直前になるまで不明だが、そのまま公約となる「東京改造計画」をタイミング良く出版する予定であり、全くその気がないとは言えない
  • ホリエモン新党設立、立花党首の都知事選立候補に厳しい批判多数だが、本人はそれを承知で、炎上すればするほど、うまく宣伝につなげている

ホリエモン新党の設立を巡って、ホリエモンは関係を否定しながら、立花孝志党首は、ホリエモンの都知事当選を応援するためだと述べるなど真相は闇に包まれています。

特に立花孝志党首は同姓同名の立候補者を立てて、票の按分を狙うなど、普通の常識では考えられない突飛なことをやりますので、その意図は単にN国の宣伝をするとか自身のYoutubeの登録者を増やすとかにすぎないのかもしれません。

悔しいのは、やり方がひどすぎると叩けば叩くほど広告宣伝となって彼の術中にはまってしまうと思えるところです。

ひまり
本当に困ったものだわ

-東京オリンピックの年の政治

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.