激動の2020年21年を記録

東京オリンピックの年の光と闇

東京オリンピックの年のスポーツ

フェルナンド・タティスJr.の年棒推移と成績まとめ!評価「MLB担う超新星」「恐ろしい二代目」

熱戦続くMLB。両リーグでホームランの競演、激しいトップ争いが続いていますが、中でも光を放っている「将来MLBを背負うスター」候補がフェルナンド・タティスJr選手(サンディエゴ・パドレス)です。

早くも本塁打量産態勢にあるフェルナンド・タティスJr選手。その凄さとは?タティス選手の年俸推移やこれまでの成績、エピソードをまとめてみました。(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)

年下ながら、NPBのメジャー通・栗原陵矢選手(SB)憧れの存在。本塁打後のポーズやナイターでのアイブラックの真似とか「タティス愛」溢れてるわね
ひまり

\夏がもうすぐ来る!来てからじゃ遅い!/

フェルナンド・タティスJr.の年棒推移

ドミニカ共和国出身、まだ22歳の若さのフェルナンド・タティスJr選手。高い次元で走攻守が揃ったMLB屈指の「5ツールプレーヤー」として知られ、強打を誇るMLB最高クラスの遊撃手です。次世代の米球界を担う超新星として、今メジャーで最も注目の一人といえます。

15年にアマFAとしてホワイトソックスと契約してプロ入り。16年にパドレスに移籍し、18年の開幕前にMLB.comが発表したプロスペクトランキングでは8位(シーズン途中で2位に上昇)、パドレスでは1位と早くから注目の逸材でした。

れん
同年にはオールスター・フューチャーズゲームの世界選抜に選出されたな

19年にメジャー昇格・デビューを果たしたばかりの若手ですが、早くも高成績で才能の片鱗をいかんなく見せていることもあり、既に年俸がとんでもないことになっています。

21年の今季開幕前、パドレスはタティスJr選手と何と14年・総額3億4000万ドル(約360億円)超大型契約を結んだと発表したのです。これはエンゼルスのスーパースター、トラウト選手の12年など超えてMLB史上最長契約だそうです。

この契約を含めたこれまでのタティス選手の年俸推移(推定、22年以降は契約ベース)は以下の通りです。

・19年 55万5000ドル(約6000万円)

・20年 不明(恐らく約20万ドル)

・21年 171万ドル(1億8000万円) 

・22年 571万ドル(6億2000万円)

・23年 771万ドル(8億4000万円)

・24年 1171万ドル(約12億円) 

その後毎年増えて29年には年俸35億円超になるって契約……目がくらむww
ひまり

フェルナンド・タティスJr.の成績

才能が溢れ、スーパースターへの道を順調に歩んでいるフェルナンド・タティスJr選手。そのメジャーでの成績を振り返ってみます。

【19年】開幕戦のジャイアンツ戦で「6番・遊撃手」としてスタメン起用しMLBデビュー。初打席初安打と早くもスター性を見せます。

4月のダイヤモンドバックス戦でMLB初本塁打。ただ間もなく左足を負傷してしまい、結局このシーズンは84試合で打率.317、22本塁打、53打点にとどまりました。また守備では18失策で守備率.944と課題が残った年でした。

【20年】コロナ禍のため60試合の超短縮シーズンに。開幕からスタメンとして活躍し週間MVPなどに選出。ポストシーズンではカージナルス戦で2本塁打を放つなど活躍しました。トータルでは59試合、打率.277、17本塁打、打点45

【21年】開幕から絶好調。6月2日現在で39試合、打率.293、本塁打はMLB3位タイの16本

暗黙破りで物議も…

成績や才能が凄すぎるゆえ(?)の「思わぬ副産物エピソード」も生まれています。昨季8月、レンジャーズ戦で満塁ホームランを放ちチームの勝利に貢献しましたが、この1打はカウント3ボールナッシングから。

MLBではいわゆる相手を侮辱しないための「不文律」があります。例えば「大差リードしている側は盗塁・バントしない」「本塁打で派手に喜んだりジェスチャーしない」などで、「大差試合ではカウント3-0からは1球見送る」というのもその一つ。

この打席が7点差でパドレスリードの終盤だったため、ベンチは「待て」のサインを出したにもかかわらずタティス選手は豪快に本塁打。これには両チーム監督らから苦言が呈され、本人も「うっかりしていた。今後はもうやらない」と反省の弁を述べていました。

ちょっと可哀想。現にその後多くのメジャーリーガーが「謝るな。気にせず打て」「不文律の方がおかしい。投手がいい球投げればいいだけの話」と擁護してたし
ひまり

いろいろ話題も盛りだくさんの「ヤングスター」タティスJr選手。今季の活躍から目が離せません。

フェルナンド・タティスJr.の評価まとめ

タティスJr.インパクト強し(笑)
我慢出来ずにタティスjr.のユニフォームポチっちゃった
みんなJr. 恐ろしい二代目や。チームJr.の打順組むならアクーニャ、タティス、グリフィー、ゲレーロやな
とりあえずタティスJrのホームラン打って3塁ベース前でやるやつのモノマネ覚えたんで、早く飲み会で披露したいです
タティスJrとロハスJrこっそり入れ替わってくれんかな

出典:twitter


\夏がもうすぐ来る!来てからじゃ遅い!/

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • パドレスのフェルナンド・タティスJrが前評判通り大ブレイク中
  • 将来のMLBを担うスター候補の22歳。現在本塁打両リーグ3位タイ
  • 14年360億円のMLB史上最長契約を締結。年俸もうなぎ登りが加速

タティスJr選手は「ジュニア」名から分かる通り、父フェルナンド・タティス氏もカージナルスなどで11年間プレーした元メジャーリーガー。弟も選手というエリート野球一家です。

父は99年4月23日のドジャース戦で1イニングに2本の満塁ホームランを放ち、そして息子が今年4月23日、同じドジャースタジアムでのドジャース戦で1試合2本塁打を記録。MLB史上初の「同じ日・同じ球場で2本の本塁打を記録した親子」となるなど、〝伝説〟が次々生まれています。

MLB最長の超大型契約も、GMがタティス選手の実家を訪れ、直々に本人・両親の意向を汲んで決めたとか。本人の意思以外でパドレスを離れることもない取り決めで、本人も「40歳までチームに貢献したい」と骨を埋める覚悟のようです。

れん
10代の頃から地元メディアが「生まれながらのメジャーリーガー」「18歳だった頃のマニー・マチャドを思わせる」と評する逸材。どこまで成長するかな!

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© 東京オリンピックの年の光と闇 , 2021 All Rights Reserved.