東京オリンピックの年のスポーツ

那須川天心vs皇治いつ?盛り上がるかどうか賛否両論も

3連休となった今年の8月初旬。観客入りで総合格闘技(MMA)イベント「RIZIN」が2日間にわたって開かれました。メインイベントではRIZINを代表する若手人気MMAファイター、朝倉海選手が実力派の扇久保選手を圧倒するなど、ファンは久々の熱い戦いを堪能しました。

試合以外でもファンがざわめく〝事件〟が。人気キックボクサーの皇治選手が突如、リング上で那須川天心選手を挑発。対戦を要求したのです。

無敗の「最強神童」那須川天心選手と皇治選手の試合は本当に実現するのか。それはいつ?関係者もファンもやや首をひねる「天心vs皇治」戦の可能性や反応を探りました。(出典:Wikipedia、eFight、各スポーツメディア)

考えてみれば、東京五輪閉会式のために今年8月は3連休になったのよね…来年はどうなるのかしら?
ひまり

那須川天心vs皇治いつ?

9日の「RIZIN.22」の会場。試合合間に人気キックボクサー・皇治選手が紹介されリングへ。皇治選手はマイクを握ると「MMA最高で立ち技も負けてられへん。男の挑戦は賛否両論あって良い。全勝の天心くんをリスペクトしてます」と突如那須川天心選手に言及しました。

TV解説者としてリングサイドにいた天心選手を手招きすると、天心選手は困惑しながらリング上へ。皇治選手は「こんなボロボロの俺が年内にこの神童を泣かせてやろうと思ってます」と語り、「泣きそうになったらこれかぶり」と、メイウェザーのお面を渡しました。

れん
天心は非公式のメイウェザー戦で「唯一」10数秒KOの惨敗。皇治流のジョークなんだろうけどね…

マイクを渡された天心選手は「僕と試合をしたいっていうことですか?別にいいんですけど相手になるのかな?挑戦された以上、何も言わさずに倒してやろうかなと」。「初めて喧嘩を売られたというか、なかなか僕を挑発してくる選手はいなかったので。みなさん見たいですか?」と会場に問いかけると、大きな拍手が沸いていました。

リング上のパフォーマンスとしては天心選手が皇治戦を「受けた」形ですが、本当に実現するのでしょうか。RIZIN全日程終了後、記者会見した榊原CEOは次のように述べました。

「本当に皇治選手に一方的に振り回され過ぎ。プロレスじゃないんでね。色んな人に喧嘩を売りながら僕らの思惑と違う事を発言して、SNS上もだいぶかき回されてるなと」「いつも都合のいいことばかり言って腹も立つ。ちょっと一回(別の選手と)試合をと思うのか、化けの皮が剥がれる前に天心とやりたいのか、その辺ちょっと話したい」

榊原氏は、年内のいつかに皇治選手の試合を組む考えは示したものの、相手については明言せず。むしろ「本人の勝手、やりたいようにはいかない」と、いきなりの天心戦については否定的なニュアンスも滲ませました。

CEOの口ぶりから想像すると、皇治選手が秋頃にもかなりな強豪と戦って勝てば、年明けあたりに天心戦も検討できるが、無様な内容なら問題外、とも聞こえるな…
れん

>>2020年9月27日に決定!!

那須川天心vs皇治は盛り上がる?

いきなり挑発して那須川天心選手本人に対戦要求した皇治選手。果たしていつ実現するのか、本当にあり得るのかも疑問が多い「天心vs皇治」戦ですが、なぜ突如皇治選手はこれほどの「ビッグマッチ」を要望したのでしょうか。

皇治選手は大阪出身の31歳。立ち技格闘技K-1で長く活躍し、武尊選手らと並ぶ人気ファイターの一人でした。しかし今年7月、記者会見でRIZIN参戦を発表。K-1とは3年の専属契約を結んでおりまだ1年契約が残っていたものの、中途で破棄することになり「都内で家が買えるくらい」(本人)の違約金を払ってK-1を離れたと語りました。

皇治選手は「最高のK-1から団体の壁を崩すために最高の団体RIZINにきた」と主張。既に31歳と格闘家としては若くはないこともあり、格闘技人生をかけてRIZINで新しい大きな挑戦をしたいとの考えを示していました。

かねてから「武尊と天心がモタモタしてるから先にとったろうかな」と、キック界で団体を超えた大一番が中々実現しないことにも「直言」してたしね……
ひまり

ただ格闘技ファンの間では「天心vs皇治」戦には「?」の声も少なくない様子。K-1の人気選手だったとはいえ、皇治選手のキックボクシング戦績は41戦28勝(10KO)13敗2分けと、まだ21歳ながら35戦全勝27KO那須川天心選手に比べると、かなり見劣りします。

「話題性はそこそこだが実力的に不釣り合い」という見方が根強く、〝真の最強対決〟を見たいファンの「盛り上がらない」「天心には時間の無駄」「意味ない」といった不満が、主催者側の逡巡の理由にもなっているといえそうです。

↓(おまけ)RIZIN.23メインの朝倉海vs扇久保戦
https://youtu.be/skfV2n6l4bw

那須川天心vs皇治に関するネットの反応

K1王者でもなんでもない皇治のRIZIN初戦が天心ってのは納得できない。ちゃんと最後尾に並ばせて下さい
格闘技界俺が盛り上げるキャラ多くねw みんなで盛り上げたらええやん
うーん皇治打たれ強いからね〜 天心に勝ってもらいたいけどw
皇治からすれば天心戦が実現した時点でもう勝ち。結局は武尊との比較論で「挑戦した皇治は偉い!」みたいな安っぽい印象操作で株上げれるからな
確かに皇治は優遇されすぎてるしそこまで強いかと思うけど、メイウェザーのお面持ってきたのはギャグセン高すぎるだろ

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • RIZINのリング上で皇治が那須川天心を挑発、本人に直接試合を要求
  • 困惑の天心は「やってもいいけど試合になるかな?」と渋々受け入れ
  • 年齢や実力で不均衡とファン。榊原CEOは「プロレスじゃない」と不快感

RIZINの榊原CEOは次回大会について「9月末くらい」との意向を表明。コロナ対策のため設けられている「イベント入場者5000人まで」の上限が9月1日から解除されることにも期待し、より大きな会場での集客もにらんでいるとされます。

試合では、RIZINのダブルスターである朝倉兄弟の試合を軸に据え、秋には兄未来選手、年末には「弟海vs堀口恭司2」といった注目マッチの企画を本格化させる考え。「メイウェザーvs天心」を実現させた剛腕の榊原氏ですが、こと「新参の問題児」皇治選手のビッグマウスには閉口しているようです。

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.