東京オリンピックの年のスポーツ

ウォルシュ(エンゼルス)も二刀流なの?成績・年棒は?

「大谷翔平劇場」で日本列島を大いに盛り上げて終了した、2021年のメジャーオールスターゲーム。大谷選手のエンゼルスからはもう一人、ジャレッド・ウォルシュ選手も出場しました。

今季、大谷選手とともにチームの攻撃の柱となっているウォルシュ選手。実は元々大谷選手と同じ「二刀流」だったのをご存じでしょうか。その成績や年俸など「ショーヘイと心通じる同僚」ウォルシュ選手のあれこれに迫りました。(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)

ポストシーズンへ何とか粘るエンゼルス。今や「ウォルタニ」打線が支えてると言われてるわね
ひまり

ウォルシュ(エンゼルス)も二刀流なの?大谷との関係

今年のオールスターゲームに、エンゼルスからは3人が選出。ファン投票で選ばれたのが選出9回目の「史上最高プレーヤー」トラウト選手と、初出場の大谷選手。そしてMLB推薦でジャレッド・ウォルシュ選手も初めて選出、出場しました。

ウォルシュも二刀流だった!?

経歴を振り返ると、ウォルシュ選手は米国出身27歳。ジョージア大学の時の15年に、MLBドラフト39巡目でエンゼルスから指名されました。マイナーでプレーを続け、18年には投手を兼任する「二刀流」となりました。そして19年にメジャー昇格。

この年一塁手、外野手として31試合に出場し打率.203、1本塁打、5打点を記録。投手としては5試合に登板して防御率1.80、5奪三振を記録しました。

投手としてのメジャー初登板は大量リードされたツインズ戦の9回表、5番手としての救援。メディアでは「大谷に次いで、二刀流が新たな潮流に?」と話題になりました。

ただマイナーでの強打者ぶりが注目されたのか、20年からは野手に専念。今季大ブレイクし、前半戦で87試合出場、22本塁打、打点65、打率.269と勝負強い長打力を発揮。トラウト、アップトン選手ら主軸が欠ける中、大谷選手と二人で攻撃陣を牽引しています。

れん
大学時代は2試合でセーブと本塁打を同時にマークしたこともあったらしい。まさに「米国のオータニ」じゃん!

大谷支える心強い存在

同じ二刀流経験があり年もほぼ同じだけに、大谷選手へは特に深い共感を示すウォルシュ選手。「みんな彼がどれほど特別なのかを理解していないと思う」と、たびたび大谷選手の凄さを強調しています。

今季前半戦は何度も「ウォルタニ」アベック弾などで攻撃の柱になっているほか、「投手大谷」登板時も、大谷投手が序盤で大量失点し負け濃厚な中、試合終盤に大逆転満塁本塁打を放ち大谷投手を救うなど、力強く支える存在

ある試合では、9回同点、大谷選手を二塁に置いてウォルシュ選手がタイムリーを放ち、大谷選手が激走でサヨナラのホームを踏む劇的シーンも演出しました。

↓その劇的サヨナラがこちら

二人で出場したオールスターゲームでも、水原一平通訳とともに3人一緒で行動。試合中も大谷選手がふざける様子を動画に撮ったり、ホームランダービー中にトラウト選手からの電話を取り次ぐなど「仲の良さ」が際だっていました。

↓3人一緒に移動

↓ふざける大谷にツっこむウォルシュ

オールスターでも8回満塁のピンチ、左翼手としてヒット性の当たりをファインプレーでキャッチ。大谷投手の勝利をアシストしていたな!
れん

ウォルシュ(エンゼルス)の成績・年棒

実は二刀流という共通点がある、エンゼルス牽引役のウォルシュ・大谷両選手。後半戦でも変わらぬ活躍が期待されますが、ではウォルシュ選手のメジャー成績と年俸推移をチェックしておきましょう。

ウォルシュの成績

・19年 31試合 打率.203、本塁打1、打点5

・20年 32試合 打率.293、本塁打9、打点26、OPS.970

・21年(前半戦)87試合 打率.278、本塁打22、打点65、OPS.892 

ウォルシュの推定年俸

・19年 約18万ドル(約2000万円)

・20年 約13万4000ドル(約1400万円)

・21年 約59万ドル(約6500万円)

ひまり
3年目だから最低保障額なのね。コスパ超最高!来季はどうなるかしら

↓オールスター風景

↓投手時代のウォルシュ

ウォルシュ(エンゼルス)のSNSの反応

ウォルシュも二刀流してたのか。知らんかった。最近めっちゃ打つよね
ウォルシュさすがだよねー、にくいねー、かっこいいねー
ウォルシュ「オールスターで素晴らしい時間を過ごしたことはわかっているが、大谷はメディアや関係者など多くのことを肩に背負っている。大変なことだ」。真剣に心配しとる
トラウト大谷は王長嶋に匹敵するし、ウォルシュらを加えたら真弓バース掛布岡田も凌駕する。3年以内にワールドシリーズ制覇を求む!
ジャッジがコロナ感染!大谷選手、ウォルシュ、そして関係者のみんなが感染してませんように…

出典:Twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • MLBエンゼルスからオールスター2021には大谷とウォルシュの2人が出場
  • ほぼ同い年、仲良い2人。19年までウォルシュも投打「二刀流」で活躍
  • 苦労実り今季大ブレイク。大谷とともにチーム牽引、悲願のPO進出目指す

ウォルシュ選手は、才能が期待されながら大学時代は故障続きだったため、ドラフト順位が低く、つらいマイナー暮らしの下積みから這い上がってメジャーリーガーとなった苦労人。

「二刀流」はいったん棚上げになったものの、メジャー3年目の今季ついに実力を開花させ、スーパーレジェンドのプホルス選手から一塁のレギュラーを奪う存在に定着しました。

売り出し中ウォルシュ。今季絶好調のリードオフマン、フレッチャー。そしてウォルシュ選手自身「ユニコーン」と呼ぶ大谷翔平。同世代の仲良し3人の力で、エンゼルスを悲願のポストシーズンへ導くことができるか、後半戦が注目されます。

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© オリンピック後の世界 , 2021 All Rights Reserved.