東京オリンピックの年のパニック

ジョンズホプキンス大学とは?偏差値や評判を調べてみた

連日報道される世界のコロナウイルス感染者数の発表の際に、しばしば「ジョンズホプキンス大学の集計による」とされます。どこにあるどのような大学で、偏差値や評判はどうなのでしょう?

コロナウイルスによるパンデミックを予測していたとも言われています。
詳しく調査してみました。

ひまり
こんなことになるとは!

ジョンズホプキンス大学とは?

ジョンズホプキンス大学の本部がワシントンDCの隣のメリーランド州ボルチモアにある私立大学で、世界屈指の医学部を有するアメリカ最難関大学の1つです。
特にその公衆衛生大学院は、US Newsの格付け開始からランキング1位を常に保っています。

政財界から学術分野まで幅広い分野で指導的な人材を輩出しつづけており、36名以上のノーベル賞受賞者を輩出しています。

過去には、留学生として新渡戸稲造を始め、日本人も多く入学しています。

2018年11月には、元ニューヨーク市長で、今回の大統領選にも出たマイケル・ブルームバーグ氏が、18億ドル(約2,000億円)の巨額寄付を母校のジョンズホプキンス大学へ行うと表明したことが話題になりました。

世界の感染者数のもとになっているのが日々更新される米国ジョンズホプキンス大学のシステム科学工学センター(CCSE)が集計した数値です。

なお、CCSEのコロナ感染者のリアルタイムの集計データは以下で見れます。
https://www.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/bda7594740fd40299423467b48e9ecf6

2019年11月にジョンズホプキンス大学は、急速に広がり、壊滅的な影響を与えるコロナウイルスを想定したパンデミック・シミュレーションを行っており、18か月で6500万人の死者が出るとしました。

これは、歴史上最も致命的なパンデミックである1918年のスペインのインフルエンザを上回っています。

このウイルスは貿易と旅行を壊滅させ、世界経済を壊滅させました。
SNSには噂や誤報が横行し、政府は崩壊し、市民は反乱を起こしたというものです。

現状の世界とあまりに似すぎており、ぞっとさせられます。
トランプ大統領が真剣に見ていればと今にして思います。

「ひどいパンデミックの真っ只中になると、あなたの選択肢は非常に限られます。事前計画を立てることで最大の利益が得られます。」と警告していたのに!
https://hub.jhu.edu/2019/11/06/event-201-health-security/

もう手遅れか?
れん

ジョンズホプキンス大学の偏差値・難易度は?

アメリカの大学を含む海外大学には日本のような偏差値がありませんので、留学などする際は、大学ランキングを参考とします。

・タイムズ・ハイヤー・エデュケーションの世界大学ランキング 2020(2019/9/12)では、
ジョンズホプキンス大学は12位、アメリカ国内では9番目でした。
ちなみに、100位以内に入った日本の大学は東京大学(36位)と京都大学(65位)のみでした。

・「全米大学ランキング」では、ジョンズホプキンス大学は10位にランクされています。

・QS社の医学部ランキング2019(世界)では、ジョンズホプキンス大学は5位で、アメリカ国内では3位でした。

やはり、医学系が強い大学ということになります。

2019年の合格率は9.2%ということです。

ひまり
なるほど最難関校の名に恥じないわ!

ジョンズホプキンス大学の日本人の評判・反応は?

ジョンズホプキンス大学ってアメリカの感染症の情報出る時よく見るけどなんでなんだろ ちょっと調べただけじゃわかんないな 感染症関連の研究が盛んなのかな
僕がこの大学を好きな理由は他に2つあって、一つは『世界有数の美しい図書館がある』こと。もう一つは『盲導犬に名誉修士の学位を授与し、大勢の学歴厨を犬より下にした』こと。
昨年ジョンズホプキンス大学などが中心となって公表を始めたGlobal Health Security Indexの「最もパンデミックへの備えが出来ている国」ランキング。アメリカが1位となっている!
2018年のジョンズホプキンス大学の報告書にある「将来的に最も深刻な影響を与える可能性のある病原体」の予測があまりにもコロナにぴったりで驚愕。
・呼吸器系の感染症
・致死率が低い
・発症しない人が多い、あるいは軽症の人が多い
・そのような特徴を持つ RNA ウイルス
またの名を黒人、黄色人種絶滅研究室!それはジョンズホプキンス大学!それがロスチャイルドとロックフェラーが作った戦略研究所だ!

出典:Twitter

概ね評判はよさそうだ
れん

まとめ

要約すると...

  • ジョンズホプキンス大学とは伝染病を含む公衆衛生部門で全米1位にランクされる大学である
  • 各種大学ランキングで世界トップクラスにあり、特に医学部が世界5位、合格率は9.2%の最難関校である
  • 昨年11月にコロナウイルスを想定したパンデミック・シミュレーションを行っており、これが新型コロナウイルスによる世界の惨状とあまりにも一致する

最近よく耳にするジョンズホプキンス大学が、特に感染症によるパンデミックに対し多くの知見を持ち、世界にその危険性を警告してきたことが良くわかりました。

それにしても、11月に行ったパンデミック・シミュレーションに世界のリーダーがもっと眼を向けて、あらかじめ真剣に対応を考えていたならと悔やまれます。

特にアメリカは世界1のパンデミック対応力があるとされながら、大統領のリーダーシップのせいか、現在世界でも最悪となった国の1つとなっているのは、皮肉なことです。

今からでも世界が力を合わせて、コロナと戦わねば、人類は致命的な打撃を受けざるを得ません。

ひまり
マスメディアもほとんど報道しなかったのでは?

-東京オリンピックの年のパニック

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.