東京オリンピックの年のスポーツ

田澤純一ドラフト2020で濃厚な球団一覧!みんなどれくらい期待してる?

2020年のプロ野球ドラフト会議がまもなく26日に開かれます。高校・大学・社会人の将来有望な顔ぶれのうち、誰がどこに何位指名されるのか。くじ引きの結果は?今年も熱いドラマが期待されます。

今年、指名を待つ一人が田澤純一投手です。ドラフトとは〝深い因縁〟があり、MLBでの実績も抜群なベテラン田澤純一投手。指名が濃厚な球団はあるのでしょうか。予想を探りました。(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)

ひまり
Paraviでならネットで見れるぞ!

▼ ▼ドラフト会議をネットでスマホで見る方法はこれ▼ ▼

・Paravi(初登録14日間無料・途中解約可・14日過ぎると月額925円+税だけどTBS系+テレ東系+WOWOWの一部のコンテンツが揃っている!)

[su_animate type="shake" duration="9.5"]    ▽▽今すぐParaviに登録して素敵な休日を過ごす![/su_animate]

どうせParavi登録するなら以下も併せて見るといですよ!個人的オススメ^^
『半沢直樹』
『水曜日のダウンタウン』(モンスターアイドル等)
『恋んトス』(アイノリのTBS版!?)
『危険なビーナス』

 

田澤純一ドラフト2020で濃厚な球団一覧はある?

田澤純一投手は横浜市生まれの34歳。横浜商科大高から社会人の新日本石油ENEOSを経て09年、いきなり米MLBに挑戦レッドソックスでは勝利の方程式の一角を担い世界一に貢献。その後マーリンズ、エンゼルスと移り、今年7月に独立BCリーグの埼玉武蔵ヒートベアーズに入団し、日本球界に復帰しました。

MLB通算で388登板、21勝26敗89ホールド、防御率4.12は堂々たる一流メジャーリーガーの実績。34歳とベテランの域に入ったとはいえ、BCリーグでも直球はコンスタントに球速150キロ超を計測するなど、豊富な経験や技術とともにまだまだ現役での活躍が期待されています。

そんな田澤純一投手ですが、ドラフト2020で指名濃厚な球団はあるのでしょうか。コアなファンやスポーツメディアの予想を総合すると、以下のような球団に指名の可能性があるとみられます。

■巨人

少し意外ですが、今季リーグ連覇が確実な巨人に指名の可能性が。このほど開いたスカウト会議で最終の指名候補リストに田澤純一投手も入ったそうです。

シーズン後半に長年救援陣を支えた沢村投手を放出。即戦力の必要性が高い中でベテランリリーバーの枠が空いている状態でもあります。レッドソックスで同僚だった上原浩治氏の“後釜”的な存在としても期待感があるようです。

ひまり
巨人は原監督らが3時間の会議で300人の候補から80選手に絞り込み。全体では6人ほど、育成で10人程度を指名する方針なんだって!

■横浜DeNA

今季も優勝には届かなそうな横浜DeNAも指名可能性が見込まれます。スカウト陣ではリストに挙げられているとの見方もあり、ブルペンに若手が多いことから、彼らが育つまでの「橋渡し」「指導役」を期待する向きも。クローザー山崎康晃投手が不調なこともあり、保険を掛ける意味でもベテランリリーバーは貴重といえます。

■日本ハム

日本ハムは過去に帰国選手を指名した実績があります。04年、メジャーで31試合登板したマイケル中村投手を4巡目で指名。07年にも立教大からインディアンス入りした多田野数人投手を1位指名

米国経験者を受け入れやすい土壌があるほか、現状リリーフ陣で安定しているのは宮西投手だけと、課題のブルペン立て直しのためにも「田澤指名」はあり得る選択です。

■西武

西武ではクローザーの増田投手が今季、国内FA権を取得。実績や実力から争奪戦は確実で、移籍の可能性が高いといえます。そうなると救援陣に即戦力補充が不可欠。35歳以上のベテラン投手としては松坂大輔、内海哲也両投手もいますが、ともに先発で田澤投手とは異なります。指名の可能性は少なくないでしょう。

そうか。もし西武入りしたら松坂・田澤って元レッドソックスコンビ!試合に出れば注目されそう!
れん

田澤純一がドラフトで注目な理由

「ドラフト指名濃厚な球団」かはともかく、巨人などが候補にリストアップはしているらしい田澤純一投手。前述のように即戦力のベテランというポイントのほかにも、2020年ドラフト会議で田澤純一投手が注目される大きな理由があります。

それは「あの田澤がドラフトにかかる!」という日本球界の〝歴史的事件〟でもあるからです。田澤投手は社会人時代に活躍し08年ドラフトの目玉に。しかしMLBが第一希望の田澤投手はドラフト指名を拒否し直接米国へ渡りました。これにNPB側は「日本球界が空洞化する」「ドラフトが崩壊しかねない」と反発。「ドラフト拒否し海外プロ球団入りした選手は、帰国しても一定期間はNPB球団と契約できない」という制裁的な「田澤ルール」を設けました。

ひまり
「ただ夢を追っただけなのに、後に続く選手たちの迷惑となりつらい」とショックを受けた田澤さん。渡米時は「これでもう日本には戻れない」と悲壮だったそうよ…

その後時代は変わり、ポスティングが活発になったほか米マイナーの劣悪な環境もあり、世界の球界では「NPBでの経験はむしろプラスになる」との考え方が拡大。田澤投手帰国を機に、今年NPBと12球団はついに「田澤ルール」撤廃を決めました。つまり「発端となった田澤自身は田澤ルール適用外で、帰国即指名可能」という皮肉な結果にもなりました。

こうした経緯もあり「〝田澤ルールの田澤〟のドラフト指名があるのか?」と、ファンの間では今年は特に関心を集めているわけです。

そもそもドラフトってプロ挑戦が初めてのホープを発掘する制度。既に抜群の実績がある選手がドラフトにかかること自体、不思議だし過去に例がないよな!
れん

田澤純一のドラフトにネットの反応は?

ハムよ ドラフトは田澤とろう、田澤を!中継ぎでもクローザーでもショートスターターもいけるよ
た、田沢ルールの田澤純一がNPB入りする可能性…
広島の予想が田澤純一だと!?
中継ぎが手薄のジャイアンツ 田澤投手の指名ありそう
田澤純一もだがオリにあと一歩足りない"明るい厳しさ"の部分を取り入れるなら、野手では福留一択だと思う

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 26日にNPBドラフト会議2020開催。ドラ1とともに田澤純一の指名も注目
  • 巨人が候補リストアップ明言。横浜、日ハム、西武なども指名の可能性
  • 直前の田澤ルール撤廃で結局田澤自身はルール適用されず。本人前向き

MLBで実績を残した日本人選手がNPB入りする場合、個別に交渉して契約を結ぶのが通例。松坂、和田、福留選手ら皆がそうです。しかし田澤純一投手が彼らと唯一異なるのが「人生で初めてNPB入りする」点です。

日本人選手が初めてNPB球団と契約する場合、必ずドラフト指名を受けなければならない規約があり、どんなにメジャーで実績があってもこれは同じ。田澤投手も例外ではなく、日本プロ球界入りするにはドラフト会議にかかることになります。

田澤投手自身は「指名されたらいろんな人と相談しながら決めたい」とNPB入りに前向き。恐らく3~4巡目ごろかと予想されますが、果たして指名のアナウンスが流れるのか、会議当日が必見です。

ひまり
埼玉武蔵は26日、田澤投手が記者会見予定の熊谷市内の会場でパブリックビューイング。80人限定でファンと一緒に指名を見守るそうよ!

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.