東京オリンピックの年のスポーツ

加藤豪将の経歴・成績まとめ!日本球界には来ない?

パドレスでマイナー契約の加藤豪将内野手が、ブルワーズとのオープン戦で “メジャー初本塁打”となる左越え3ランを放ち、メジャー昇格へ猛アピールしました。

加藤豪将のこれまでの経歴と成績をまとめメジャー昇格への可能性を探ります

日本球界に来る可能性はあるのかについても見てゆきます。

ひまり
今年こそ夢をかなえてほしい!

加藤豪将の経歴

加藤豪将の経歴を見てゆきましょう。
加藤・ジョン・豪将(かとう ジョン ごうすけ)は、1994年10月8日カリフォルニア州ポーウェイ生まれの26歳で、両親は日本人で、アメリカと日本の二重国籍を持っています(以下Wikipedia参照)。

カリフォルニア州サンディエゴのランチョ・バーナード高校に進学し、在学中打率0.411、25本塁打、114打点を記録して、注目されました。

2010年の日米親善高校野球大会(ロサンゼルス)では、興南高校の島袋洋奨から安打を打ったこともあります。

身長:188 cm、体重 88.5 kgの恵まれた体を持ち、主として二塁手、三塁手、一塁手、遊撃手など内野のほか、外野を守ったこともあります。

2013年のメジャーリーグのドラフト会議で、ニューヨーク・ヤンキースから2巡目(全体66番目)で指名され、契約金84万5700ドル(約8,800万円)でマイナーリーグ契約をしました。
ルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ヤンキースで、50試合に出場し、打率0.310、6本塁打、25打点、4盗塁を記録し、ベストナインに選ばれました。
2014年3月31日 A級チャールストン・リバードッグスチームに昇格する。
2017年 A級チャールストンで開幕を迎え、4月2日にタンパの延長キャンプに送られ、5月2日にA+級タンパ・ヤンキースに昇格した
2018年 招待選手としてメジャーのスプリングトレーニングに参加し、AA級トレントンチームでシーズン終了までプレーした。
2019年 招待選手としてスプリングトレーニングに参加、オープン戦にも初出場した。スクラントンで初めてAAA級で開幕を迎えるなど、AAA級で83試合に出場し、打率0.279、11本塁打、39打点の好成績を残した
2020年 マイアミ・マーリンズとマイナー契約を結ぶも、コロナでの変則開催の影響もあり、メジャー昇格を果たせませんでした。
2021年 マイナー契約を結んだサンディエゴ・パドレスでのオープン戦でメジャー初本塁打を放ちました。

今年がとても大事な年!2019年を超える活躍を!
れん

加藤豪将の成績まとめ

マイナー6チームでの、打撃成績を一覧表として示します。

チームリーグレベル試合数本塁打打点盗塁打率
2013ニューヨーク・ヤンキースGCLROK5062540.31
2014チャールストンSALA(Full)121337200.222
2015チャールストンSALA(Full)391980.161
2015プラスキ・ヤンキースAPPROK5952290.287
2016チャールストンSALA(Full)6512560.229
2017タンパ・ヤンキースFSLA(Adv)84643110.293
2018トレントンEASAA118535110.229
2019トレントンEASAA300730.237
2019スクラントンINTAAA83113980.279
マイナーキャリア6 チームMinors64938242800.251

注目は、2019年AAA級 スクラントンでの大きな伸びです。
83試合で、本塁打11本、打率0.279とこれまで、6チームでのキャリアで最高成績を残しました
2020年はコロナの影響もあり、十分な活躍ができませんでしたが、それだけ2021年にかける思いは強いものと考えられます。

ひまり
昨シーズンは運がなかったということなの?

加藤豪将の評価まとめ

2020年初め マイアミ・マーリンズとマイナー契約を結んだ時点での、加藤豪将の評価(MARLINS ANALYSISの記事より)

25歳になったばかりの加藤豪将は、内野の全ポジションで350イニング以上を記録し、外野での経験もあることから、ユーティリティープレーヤーとして活躍していると言えます。
もし2019年のトリプルAでのパフォーマンスを再現して、一皮むけたことを証明できれば、2020年の後半にはマーリンズのベンチ入りを果たす可能性もあるだろう。
選手オペレーション部門は、加藤豪将の2019年シーズンが偶然ではなかったという信念を持っているに違いない。

2020年飛躍の年になるとかなり期待されていました。

2020年前半で結果が出ない時点では、二重国籍を持っている利点を生かし、NPBドラフトにかかって日本球界入りを目指し実績を作ってからメジャーへという手もあるのではとの意見もありました。

加藤豪将へのネットの反応

この人は以前AAAでも良い成績残してたし
大事な時にしっかりアピールできる勝負強さ、メンタルがあるよね
今回こそはメジャー昇格という結果に繋がって欲しいなあ
本当に頑張って欲しいです
後一歩の所まで来ていると思いますが
その一歩が長いのかな
今年はメジャーで活躍してください
左中間にぶち込むとは素晴らしいパワー
今年はメジャーで見られそう
出場機会にもよるが二桁本塁打を期待したい
ここまで喰らいついてきたのだから昇格してほしい。決して若くはないが、過去にはアンドレス・ガララーガのように20代中盤で定着し活躍した大器晩成の例もあるから、それを目指し頑張ってほしい。
招待選手としての参加だし、開幕メジャーに残れるかどうかは正直運次第。
だが、そろそろMLBという陽の目をみていいのでは?期待しています。

出典:ヤフコメ

ここまで頑張ったからには花開いてほしい!
れん

まとめ

要約すると...

  • 加藤豪将の経歴とマイナー6チームでの成績を一覧表でまとめました
  • 年齢的に考えても、ドラフトでの指名で日本球界への道もありうるが、本人はあくまでメジャー昇格を目指しているようだ
  • こういう形で這い上がってきた加藤選手に今年こそメジャー昇格をと期待する声が多数
ひまり
日本での活躍をみたいとも思うわ!

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© オリンピック後の世界 , 2021 All Rights Reserved.