激動の2020年21年を記録

東京オリンピックの年の光と闇

東京オリンピックの年のスポーツ

スギノールとは由来は?どういうことか分かりやすく解説

新型コロナのクラスターが発生し、選手が次々と離脱を余儀なくされているNPB日本ハムファイターズ。そんな中、チームのユーティリティプレーヤー・杉谷拳士選手が気を吐いています。

ムードメーカーとしてもベンチに欠かせない杉谷拳士選手。自ら命名した(?)別名「スギノール」もファンにお馴染みのようです。このスギノールとは由来は?今回は〝スギノール〟杉谷選手を解剖してみます。(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)

私が杉谷さんを初めて知ったのは、日ハムじゃなくて実はお正月の「リアル野球盤」…。「この野球うまい芸人面白いなぁ」と笑ってたら、ホントに1軍選手で愕然としました(失敬)
ひまり
れん
リアル野球盤では〝番長〟中田翔に恐れず刃向かってるけど、実は大の仲良しらしいww

\夏がもうすぐ来る!来てからじゃ遅い!/

スギノールとは由来は?

杉谷拳士選手は東京・練馬出身の30歳。帝京高校では春夏通算3度甲子園に出場しました。この頃スイッチヒッターとなり、08年ドラフトで日ハムに6位指名され入団しました。

石橋貴明、中村晃、山崎康晃らが高校の先輩後輩という「帝京魂!」。万波中正にとっては「東練馬シニア」の大先輩でもあるな!
れん

全ポジションを守れて俊足・巧打でもある杉谷拳士選手。貴重なスイッチヒッターでもありここぞの場面で代打としてもよく起用されます。

コロナ禍直撃で感染・濃厚接触の選手が次々出場できなくなり、ベンチ入り人数が限られる苦境の今、まさに杉谷選手がフル回転。「スギノール頼もしい!」「やっぱスギノールいなきゃ」とファンに大変慕われていますが、ところでこのスギノールとは?由来を調べてみました。

フェルナンド・セギノールとは?

杉谷拳士選手のあだ名スギノールとは。なぜそう呼ばれるのかというと、原因は本人(笑)にあります。19年5月の楽天戦で、右打席でシーズン第1号ソロ、さらに左打席でも2打席連続の2号2ランを放ち、プロ11年目で初めての1試合HR2発を記録しました。

この「左右両打席HR」というのは、日ハムでは07年に外国人助っ人セギノール選手が記録して以来の快挙。この日のヒーローインタビューで杉谷選手は「セギノール以来ですよね?今日から僕を『スギノール』と呼んでください!」と宣言し、それから「杉谷=スギノール」が定着したわけです。

れん
一試合両打席HRなのに、ベンチは一切反応せずハイタッチなし(笑)。杉谷は「サイレントトリートメントというか、ただの無視やんか!」となぜか嬉しそうだったがww

さてスギノールの〝師匠〟フェルナンド・セギノール元選手(46)はパナマ出身、ヤンキースなどでプレーした元メジャーリーガーで、NPBでも日ハム、楽天などで活躍し、今は引退してMLBのスカウトなどを務めているそうです。

珍しいスイッチヒッターの強打者で、左右打席本塁打通算9回、スイッチヒッターシーズン最多本塁打(44本塁打)、同シーズン最多打点(108打点)のNPB記録保持者でもあります。2000年代には日ハムの優勝に貢献した主力選手でした。

↓楽天時代のセギノールHR。岸投手若い!ノムさんお元気な姿(涙)

スギノールの活躍が話題に

コロナ禍でチームが苦境の中、5月1日、7日の2試合続けて杉谷拳士選手が大活躍。1日の西武戦では9回2死満塁で代打に立ち、見事四球を選んでサヨナラ押し出し

7日は今季初安打となる先制ソロHRを、相手の好投手涌井選手から放ったほか、流れを引き寄せるスクイズも決めて勝利に貢献し、2戦連続お立ち台となりました。

1日は「ベンチ全員が『バット振るな』圧力」、7日は「振ってもいいよと言われた」と、ヒロインも毎回爆笑スギノール劇場だよね
ひまり

コロナ禍直撃、7日時点でゲーム差は僅かながら最下位とチームが苦しむ中、杉谷拳士選手はベテランムードメーカーとしてベンチを鼓舞し、自ら引っ張っていく欠かせない役回りを担っているようです。

スギノールへのネットの反応

今日も出番だ、スギノール!帝京魂!!
王とスギノールが加わったからそりゃー強いよな!
2球で凡打とか、貴さんに怒られるぞ!
おかしい…スギノールは毎年年末の野球盤にピークを合わせてるはずなのに…連日の活躍w
杉谷でもスギノールでもケニーでも誰でもいいけどさ、1発ぶっ込め

出典:twitter


\夏がもうすぐ来る!来てからじゃ遅い!/

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • コロナ陽性続出で苦境続く日ハムで、ユーティリティ杉谷拳士が大活躍
  • 今季初HRなどで2戦連続お立ち台。愛され爆笑キャラでチームを引っ張る
  • 自身命名スギノールはOBのスイッチ強打者、NPB記録のセギノールが由来

現代野球では内外野守れて俊足のユーティリティプレーヤーは不可欠とされますが、杉谷拳士選手はそれに増して「愛すべきキャラ」が日ハム色を彩っているといえます。最後にスギノールエピソードをいくつかご紹介して終わります。

・日ハムOB岩本勉曰く「うるさ杉谷」、同ダルビッシュ有は「すぎやはまだ早い」と「すぎたに」呼ばわり。

・中田翔家でのナイン飲み会で、大谷翔平から「守備につく時の声うるさ過ぎますよ」と〝ダメ出し〟。

・自主トレを過ごすオーストラリアで、現地の選手全員が国歌を歌うのに日本人は歌わないことを恥じ、以降試合で君が代を毎回熱唱するように。

・7日のお立ち台で「スギノールはいつ来日?」と聞かれ、「コロナでビザが取れずまだ来日してない。(HR打ったのは)ケニーです」と衝撃の三人目人格登場(※ケニーはオーストラリアでの自身の愛称とか)。

ひまり
ちなみに父と伯父が元ボクシング日本王者というボクサー一家。本人も具志堅用高氏からスカウトされたほどの腕前とか!ボクサーだったらどうなってた?って想像しちゃう…

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© 東京オリンピックの年の光と闇 , 2021 All Rights Reserved.