激動の2020年21年を記録

オリンピック後の世界

東京オリンピックの年のスポーツ 甲子園

甲子園決勝いつになる?9月になったことってあるの?

今夏の甲子園は、すでに台風や天候不良のため、4日間順延となりました。明日も天気は悪いとの予報が出ています。

このまま降雨が続けば、甲子園決勝いつになるのでしょうか?9月になったことってこれまであるのでしょうか?

これまでの最も遅い決勝戦や、順延日が最も多かった大会について確認してみましょう。
また、甲子園決勝がずれ込むことで、どんな影響がでてくるのでしょう?

ひまり
遅くなったのはオリンピックの影響もあるって本当?

甲子園決勝いつになる?

甲子園決勝いつになるか?本日14日時点での、予定とのずれを確認しておきましょう、


当初予定は、8月9日からの17日間(休養日3日)でした。これが、以下の表のように、開幕日の台風、12日からの3日連続の天候不良による順延で、25日決勝戦の予定が、休養日3日を2日削るなどして、現時点で、27日決勝の予定となっています。

 当初予定14日 現在での予定
予定日数17日間(休養日3日)15日間(休養日1日)
9日開会式および1回戦台風のため順延
10日 1回戦開会式および1回戦
11日 1回戦1回戦
12日 1回戦天候不良のため順延
13日 1回戦/2回戦天候不良のため順延
14日2回戦天候不良のため順延
15日2回戦1回戦
16日2回戦1回戦
17日2回戦1回戦
18日 3回戦2回戦
19日 3回戦2回戦
20日休養日2回戦
21日準々決勝戦2回戦
22日休養日3回戦
23日準決勝戦3回戦
24日休養日準々決勝
25日決勝戦休養日
26日準決勝戦
27日決勝戦
28日
29日
30日

さらに、明日も雨の予報が出ており、試合が開催できるかどうかは、分からず、さらに順延される可能性もあります。

残りの休養日1日も削るのか?それも、原則、3連戦回避や、投手の健康を守るための「1週間500球以内」の投球数制限などがあり、簡単にはゆきません。
8月31日からは、阪神 -中日の3連戦が甲子園(18:00)で始まる予定で、さらにどんどん順延するわけにもゆきません。

他にも、全国高等学校女子野球の甲子園での初めての決勝が、夏の甲子園の休養日となる24日に神戸弘陵(兵庫)-高知中央が予定されていましたが、順延により準々決勝の日にあたり、変更せざるをえません。

ただ、神戸弘陵が26日から愛知・瀬戸市で開催される全国高校女子硬式野球ユース大会の出場を控えることから、可能性は、24日と25日しかありません。

高野連では、準決勝2試合と女子の決勝を同日に行う1日3試合案も検討に入っているようです。

甲子園の天気予報では、8/16(月)は曇りのち雨ですので、何とか試合を行えば、あと1日順延し、1日の休養日は維持し、26日休養日、28日決勝戦となります。

その後に試合ができないほどの悪天候にならないことをいのるばかり
れん

甲子園決勝が9月になったことは?

悪天候が続いた不運が重なったとはいえ、なぜ決勝戦が月末までずれ込むことになったのでしょう。
実は東京オリンピックの影響があります。
2019年の夏の甲子園は、8月6日に開始され、決勝戦は8月22日でした。
それが、今年は、東京オリンピックが8月8日まで開かれてたことから、例年より遅い8月9日に開幕式となったわけです。
バルセロナオリンピックなど、従来からオリンピックのある年は、そのような配慮がされていたようです。

決勝戦が最も遅かった大会

第74回(1992年)で、8月10日に始まり、2回の天候不良による天候不良のため順延を経て、決勝戦8月25日となりました。
この時も、バルセロナオリンピック が 8月9日 までの16日間開かれていたため、8月10日が開幕式となりました。
参加校は今回と同じ49校でしたが、休養日はまったくない時代でしたので、25日に収まったと思われます。

順延の最も多かった大会

第57回(1975年)で、順延は5日に及んでいます。ただしこの時の参加校は38校(今回49校)で、開会式も8月8日と早く、休養日もなかったという事情があり、8月24日決勝戦が行われています。

これまで、決勝戦が9月にずれ込んだことはありません。

具体的に今回と表で比較します。

第103回(2021年)第57回(1975年)第74回(1992年)
参加校49校38校49校
14日 現在での予定最も多い順延(5日)最も遅い決勝戦
予定日数15日間(休養日1日)12日間13日間
8日開会式および1回戦
9日台風のため順延1回戦/2回戦
10日 開会式および1回戦2回戦開会式および1回戦
11日 1回戦2回戦1回戦
12日 天候不良のため順延2回戦1回戦
13日 天候不良のため順延2回戦1回戦
14日天候不良のため順延2回戦/3回戦1回戦/2回戦
15日1回戦 3回戦2回戦
16日1回戦天候不良のため順延2回戦
17日1回戦天候不良のため順延2回戦
18日2回戦天候不良のため順延2回戦(天候不良のため第一試合のみ)
19日2回戦 3回戦天候不良のため順延
20日2回戦準々決勝戦2回戦/3回戦
21日2回戦準決勝戦3回戦
22日3回戦天候不良のため順延3回戦
23日3回戦天候不良のため順延準々決勝戦
24日準々決勝決勝戦準決勝戦
25日休養日決勝戦
26日準決勝戦
27日決勝戦

以上のように、今回の度重なる天候不順による順延に、オリンピックや休養日の影響が、もろに効いてきて、決勝戦を月末に追いやっています。

ひまり
こんなところにも東京五輪の呪いが!?

甲子園決勝いつになるか心配の声まとめ

雨、コロナで順調に最後まで行われない可能性もありますね。甲子園が2年連続でまともに行われないなんて未曾有の事態ですね。
大変な世の中になってしまった。。
打ち切りは余りにも可哀そうすぎる。
一日5試合・ダブルヘッター・ナイター・京セラ利用など可能な限りの検討をしてもらいたい
最悪決勝・準決勝の消化が出来なくなったとしても、チーム数が少ない分色々な方法が考えれると思う。
天気回復を祈ります
3日の予備日を使い果たしてそれでもダメなら打ち切りしかないでしょうね。1日だけ甲子園
で予定されている女子野球諸共中止せざるを得ないと思う。
こんな一週間連日雨は想定外だと思うので、はいそれではって感じでドーム使うとかあり得ないし。
とりあえず、全チーム1回は試合をさせてあげたいな。
そして、行けるとこまでやって、延期が難しくなれば、残った高校同時優勝となるのではないですか?
大会が開催されなかった昨年よりは良しとしましょう。後は晴れの神頼みのみ!
打切りは可哀想でしょ。試合をやらせてあげることが優先。
ほっともっとフィールド神戸(第1、第2)、明石トーカロ球場、ベイコム尼崎球場、高砂球場いずれかを併用して、2回戦、3回戦を一気に同日でやるとかできるでしょ。(1回戦は公平に1度は甲子園で試合できてる)

出典:ヤフコメ

やっぱりこの温暖化の時代、ドームでないとダメなのかも
れん

まとめ

要約すると...

  • 夏の甲子園の最も遅い決勝戦は、2日順延されて1992年に8月25日に行われた
  • 今年は東京五輪の影響で、開幕日が遅く、当初の予定でも決勝戦は8月25日であったため、4日の順延で苦しいが、可能性は8月30日まである
  • ここまで来た球児に対して、打ち切りはかわいそう!ドーム球場など使っても、できるだけ多くの試合をこなしてほしいとの声が多い
ひまり
なんとか晴てくれないものかしら

-東京オリンピックの年のスポーツ, 甲子園

Copyright© オリンピック後の世界 , 2021 All Rights Reserved.