東京オリンピックの年のスポーツ

清宮幸太郎なぜ期待外れの成績?「甲子園の怪物」は覚醒するか

コロナ禍で開幕が三か月遅れになった2020NPB公式戦。あと1週間後の開幕に向け、各チームは練習試合で急ピッチに調整を進める日々です。

日本ハムの「和製ベーブルース」「甲子園の怪物」清宮幸太郎選手もプロ3年目となる今季のブレイクが期待されます。ただ今月2日から始まった練習試合ではファンの「期待外れ」な打席が連続。栗山監督も渋い表情でした。

清宮幸太郎選手の不調はなぜ?開幕後には調子を取り戻せるのでしょうか。ようやく覚醒の兆しも見える「怪童・清宮幸太郎」の現在を探ってみました。

昨秋のラグビーW杯では、清宮ラグビー協会副会長との「親子観戦」の様子が微笑ましかったなぁ
ひまり

清宮幸太郎が期待外れの成績続く、と思いきや…

東京都出身、早実高卒業後18年にドラフト1位で日ハムに入団した清宮幸太郎選手(21)。小学生時代からずばぬけた才能が注目され、柔らかいスイングで豪快な大飛球を飛ばす様子から「和製ベーブルース」の異称も。甲子園でも活躍し、高校通算111本もの本塁打は史上最多記録になっています。

将来の球界を担う大注目ルーキーとして迎えた18年シーズンは、開幕前に腹膜炎を起こし2軍スタート。5月に1軍デビューを果たし、本塁打7本を放ち、自身憧れる高校の大先輩・王貞治氏に並ぶ高卒新人歴代9位の記録を残しました。

ただ19年はオープン戦で右手首を骨折し手術。81試合の出場で本塁打も再び7本にとどまるなど不本意なシーズンに。それだけに3年目の今季こそ1軍主力に、と意欲も新たに臨んだ6月の練習試合でしたが、2~4日の対ロッテ三連戦では無安打。続く対DeNA三連戦もわずか1安打で、1軍計6試合で12打数1安打、打率0割8分3厘とエンジンがかからず。ファンからは「期待外れ」の声も上がり始めました。

れん
栗山監督からも「超スットコドッコイだよ!」「ワクワクしない。打球が寂しいのよ」とキツイ発破がかけられてたね!

どんな優れた才能を秘めたルーキーでも、結果が全てのプロの世界。3年目ともなればそろそろ実力を示さねばならない時期ですが、練習試合とはいえ清宮幸太郎選手のバットは湿ったまま。ファンの心配は高まるばかりですが、「本領を見せてやる!」とばかり、ここ数日でついに〝大器〟が目覚めはじめたようです。

清宮幸太郎の期待外れ成績の理由は?トンネル抜けた?

練習試合6試合にフル出場して1安打しか打てず、出塁後も守備妨害でアウトになるなど、まるで良いところがない清宮幸太郎選手。ファンやメディアでは「なぜ清宮は期待外れなのか」と理由を探る見方も聞かれています。

清宮選手は昨年10月に右肘の手術を受けて、春季キャンプは2軍スタート。このため「手術のリハビリが万全でなく打撃に影響している」との指摘も。「スイングが弱く当てにいくばかり。積極性がない」「今は実戦勘を探る時期とはいえ、若手の清宮は〝調整〟などしている場合じゃない」「同級生のヤクルト村上や後輩の日ハム野村らライバルは多い。そろそろチャンスで結果出さないと厳しい」などなど、出てくる意見は辛辣になる一方でした。

栗山監督は一計を案じたのか、9日の試合では清宮選手をあえていったん、2軍戦に出しました。すると何かをつかんだのか、清宮幸太郎選手は2回に143kmの速球を豪快に振り抜きソロホームラン。すぐに栗山監督は1軍に呼び戻し、10日のヤクルト戦に出場させました。

すると期待通り、九回に五十嵐投手から2試合連続の右越えソロ。本塁打を連発する同学年のヤクルトの若き大砲・村上選手に負けじとアーチを競演し、春のオープン戦含め1軍で実に31打席目で本塁打を放ちました。

さらに11日も2軍の楽天戦に出場し、初回いきなり3試合連続本塁打。これで練習試合成績は、直近7試合で21打数6安打、打率.286、11打点、3本塁打まで上昇しました。開幕が近づき、ようやくトンネルを抜けたのでしょうか。

5月に21歳になったばかり。心配される肘なども本人いわく「完璧です」。「一歩一歩よくなっている」と泰然なところは少し安心だな
れん

清宮幸太郎2020年最新ネットの評価まとめ

まだファーストは中田でしょうね。清宮をスタメンで起用するとしたらDHか外野
清宮は大谷の様な毎回辛口評定される様に頑張って欲しい
足が無いのと守れないのは致命的。それを払拭するだけの打撃力がないと
清宮に辛口評価するのは仕方ないしレギュラーは中々に厳しい
中田、王と比べると現在地点では確実性に欠ける印象。でもまだ21歳。これから伸びていく選手

出典:Twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 〝怪童〟清宮幸太郎。勝負の3年目だが練習試合で当初不振続く
  • ファンは「期待外れ」と失望感。栗山監督からも辛口評価連発
  • しかし9~11日に3試合連続本塁打!開幕直前、ついに覚醒か?

日ハムの名伯楽・栗山監督といえば「有望選手への厳しい言葉」が実は定番。かつての大谷翔平選手にも、メディアの取材には「褒めコメント」は皆無。「この程度で喜んでいるようじゃ全然ダメ」「大馬鹿野郎を超えている」「(本塁打の)間隔が開きすぎ。全打席打たないと」などなど、毎試合辛口のオンパレードでした。

その後MLBに渡った大谷選手自身、日ハム時代を振り返って「(監督は言葉で)僕を守ってくれていた」と感謝。世間の期待を一身に集める存在だけに、いったん不振になると反動も大きいのがスーパールーキー。そこでメディア向けにはあえて厳しく評することで、世間の矛先を監督自身に向けていたのだそうです。

つまり、ニュースに踊る「栗山辛口批評」は、その選手のスター性を認め大きく期待する裏返し。清宮選手も全く同じでしょう。自分を信じ、19日の開幕以降はチームの主軸として〝期待通り〟打棒を爆発させてほしいものです。

11日の栗山節は「やっと尻に火がついてきたか。今日はすごい清宮幸太郎。スットコドッコイじゃなかった」と甘めに。でも「まだまだ尻をたたかないと。前に進んでくれると信じている」と一層の奮起を促してたね
ひまり

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.