東京オリンピックの年のパニック

自粛意味ない!?街にあふれる人々に有名人も次々苦言

コロナ禍の緊急事態宣言が発令されて約1週間。政府や都道府県は「外出自粛」を声高に呼びかけ、感染爆発防止のため「接触機会8割減」を目指しています。

大都市、ターミナル駅前などではかなり人出が減ったという報道の一方で、まだまだ人混みが減らない場所もかなりある様子。「自粛要請どこ吹く風」で街にあふれる人々に、ネットでは「自粛意味ない!」の怒りや悲鳴が。危機感のなさには有名人からも次々と苦言が出ています。

ひまり
零細の居酒屋でも感染防止に協力して閉店したり努力してるっていうのに…なぜ?

自粛意味ない!?街にあふれる人々

史上初の緊急事態宣言が発令された日本列島。多くの都道府県で外出自粛のほか、店舗・会社などの休業要請が出され、当局は街に人ごみができないよう、懸命に呼びかけています。

ただ日本の宣言には外国のような罰則、取り締まりといった法的な強制力がなく、あくまで「お願いベース」。自粛が長引きストレスが溜まっていることもあるのか、なかなか守られないケースも見られるようです。

NHKとIT企業「Agoop」が携帯電話の位置情報データをもとに3月下旬から4月12日までの東京都内の日中の人出を推計したところ、以下のような結果になったそうです(出典:NHKニュース)。

■渋谷のスクランブル交差点
4月12日の人出は5日と比べ65%減、3月22日比では90%減

■吉祥寺駅前
4月12日は休日で最も多かった3月22日と比べ68%減

■戸越銀座(品川区)
4月9日は平日の中では逆に最も人出が多くなった。週末もそれほど変化はなく12日は先週日曜日と比べ20%減、その前の日曜日と比べ12%減にとどまった

このように大きな駅前などは人が減っても、むしろ身近な商店街や中小規模の駅前などは人がごった返しているようです。例えば「お年寄りの原宿」とも呼ばれ、高齢者でにぎわう東京都・巣鴨の巣鴨地蔵通り商店街も同様です。

4月4日の土曜日には緊急事態下なのになぜか「縁日」が開かれ、非常に多くの人出が。名所である高岩寺とげぬき地蔵では毎月4の付く日が縁日で、商店街には多くの露店が並びお年寄りでにぎわいます。4日もいつも通り縁日が開かれ、お客がどっと押し寄せたようです(14日は縁日は開かれず)。

各自治体の休業要請では、飲食店や食料品・雑貨・衣料品店などは「生活に必要」として除外されており、外出についても「生活必需品の購入の場合はしてもよい」とされているため、こうした最寄りの商店街やスーパーなどは「数少ない開いている店」「堂々と行ける所」とあって、かえってコロナ前より来客が増えるという〝皮肉〟な状態になっているともいえます。

各地のスーパーにも「レジャー代わり」とばかりに家族連れなど多くの来客が。店側は、店員の感染防止のためにも「来店は1人で」「列の距離を空けて」「マスク着用・咳エチケットを」「クレームはやめて」などと必死に呼びかけているようです。

こうした状況にネットでは「こんなんじゃ自粛意味ない!!」と怒りや憤りの声が噴出しています。

れん
相手への思いやりが今こそ必要じゃないかな。感染とは、自分だけで済むことじゃないのに!

有名人も苦言

世界で深刻な感染拡大や死者などの被害がとまらないコロナ禍。日本でも毎日感染者の急増が続いており、医療崩壊につながりかねないと危惧が高まっています。専門家らも「何とかみんなで我慢し合い、外出自粛を」と呼びかけていますが、「自粛意味ない」とばかり、街に出る人は後を絶ちません。

この光景を見た有名人からも苦言の声が続々上がっています。例えば漫才師の松本人志さんは自身のTwitterで、自粛しない人たちを「宇宙人」と揶揄。

ミュージシャンのHydeさん、元サッカー選手のタレント丸山桂里奈さん、元格闘家高田延彦さんらも、自粛を守るよう声を上げています。

またアーティストのGacktさんは、最近TVのトーク番組に出演。非常に厳しいロックダウンが国家レベルで行われているマレーシア在住だけに、「日本の甘さ」に憤っているようでした。

Gacktさんは「(外国より)日本のほうがよっぽど危ない。危機感足りないのはそっち。世界から見るとスゴく遅い、手遅れになる。言葉を選ばずに言えば、(日本は)狂っている」と熱弁。「このままいけば他国のような、抑えの効かない状態になる。中国、イタリア、ニューヨークの進んだ道を、日本があとから追いかけている」と指摘し、「世界的に見て、個々の危機感が足りない」と語り、遅すぎた緊急事態宣言の発令や「自分は大丈夫」と勝手に判断する日本人に警告していました。

街にあふれる人々へネットの反応は?

1、2週間がヤマ場というのはものすごく誤解されると思った。緊急事態宣言も1カ月頑張ろうというニュアンスで発信されていると思うが、心配している
在宅強制無しで補償をしたら街に人があふれる可能性あり。強制無しで消費税を無くしたら街に人があふれる可能性大
出勤者減らしたとしても、住宅街が人であふれるだけとは
近くのスタバは休業してたケド、タリーズは営業してて、店の前に行ったら沢山の人が3密してて、怖くなってやめました…
吉祥寺の混雑何これ?花見シーズンと同じ位人多いぞ??皆何で大人しくしてられないの?頼むから家にいろよ!

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 緊急事態で外出自粛要請の中、一部の商店街やスーパーではまだ多くの人出
  • ストレスもあり、許されている食品購入などに家族連れで押しかける人々も
  • モラル・危機感のなさに有名人からも続々苦言。なのに医師や警察さえ宴会三昧!

ネットなどではいまだに「ワクチンができる2年後まで自粛できるか!」「死亡率はせいぜい2%」「結局は6割の人が感染して集団免疫をつくるしかないから、自粛など意味ない」「むしろ経済活動は続けるべし」といった論評も消えず、そうした声に押されてか街に出る人が多いようです。

驚いたのは、慶応大などいくつかの大学病院の研修医や神戸の警察幹部などが「自粛要請」を無視して宴会を開き、集団感染を起こしたこと。社会規範や公衆衛生を主導すべき医師や警察官が自らルールを破っているとは、開いた口がふさがりません。

この有様ではとても一般人に「在宅を守れ」と言っても聞き入れられないはず。日本の今後が一層不安になる一方です。

5月6日までに感染者が減らなければ、自粛効果がなかったとして、さらに何か月も延びるといわれてるのに…
ひまり

-東京オリンピックの年のパニック

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.