東京オリンピックの年のスポーツ

メジャー開幕日2020決定も問題山積み!海外の反応「60試合だって構わない」「MLBは大混乱!」

アメリカでのコロナウイルス感染拡大が予断を許さない中で、機構側と選手会の話し合いが、なかなか進展せず、ファンはやきもきしていました。23日に漸く選手会が機構側と新型コロナの安全対策について合意しました。

メジャー2020について、紆余曲折を経たこれまで経緯、開催日と予定、さらにこれについての海外の反応を見て行きましょう。

ひまり
問題は山積みのよう!

メジャー開幕日2020決定

メジャー開幕日2020がどのように決定されたかその中身はどうでしょう。

経緯(以下現地時間)

当初、MLB機構のマンフレッドコミッショナーがファンに対して「今シーズンは100%開幕します。安心して下さい。」と発言した。
ところが、その10日後には「今季開幕する自信がない。」と、発言を撤回するなどで、ファンをやきもきさせた。

6月に、大リーグ選手会のトップのトニークラークとマンフレッドコミッショナーのひざ詰談判が行われ、漸く次のように仮合意した。
・7月19日に開幕する
・60試合となる(通常は162試合)
新型コロナウイルスの第2波が恐らく秋から冬にかけてくるだろうから、それまでにシーズンを終わってしまいたい。
無観客で試合をした場合、チケット収入のない中で、各球団の体力の限界がせいぜい50~60試合。
・年俸は日割り計算で100%支払う
然しながら選手会は以下の要求を突きつけて、この提案を33対5で否決した。
・試合数の上乗せ 60試合+70試合
・ナリーグでの指名打者制の採用

6月12日 MLBが、7月14日開幕の72試合制で試合数に比例した年俸の70%を保証する提案を行った。
6月13日 選手会は新提案の受け入れを拒否した。
6月16日 MLBは「選手会側がリーグに対していかなる(給与減額に関する)法的措置をとることを放棄しない限り、シーズンはない」という通告した。
6月23日 選手会が以下のMLB新提案に合意した。
ウイルスに対する安全対策や、夫人が妊娠中の選手を含め、リスクの高い選手に関してはシーズンを辞退しても、報酬とメジャー登録期間を与えることをMLB側が認めるなど。
ナリーグでの指名打者制を採用。
試合数はコミッショナーが権限を持つため試合数が60に決定。
これを受け入れたのは、時期も迫り、追い詰められて選手会が今シーズンが、なくなるのを恐れたのかもわかりません。

大枠の決定事項

・7月1日にキャンプ地に集合。新型コロナウイルスのPCR検査を受ける。
・キャンプは7月3日スタート
・試合は60試合制
7月23日~24日シーズン開幕
・各球団は同じリーグ同じ地区の球団と10試合ずつ対戦し、残り20試合は他のリーグ同じ地区の球団と対戦する。
・ナリーグでは指名打者制が初めて導入される。
・延長戦に関しては前のイニングの最終打者を2塁に置いてノーアウト2塁からスタートとする。
・トレード・デッドラインは8月末とする。
・故障者リストに関しては別に新型コロナウイルス用の特別故障者リストを設ける。

開催は危機一髪だったんだ!
れん

山積みの問題とは

感染拡大の懸念
現在、各キャンプ施設では十数人が入れ替わりで距離もとって練習しているのにコロナ感染が広がっている現状では、シーズンが始まれば、さらに人が集まり、ますます感染が広がるのではとの懸念がある。

確実な感染対策
チームメンバー、審判団、リーグ関係者、テレビ局スタッフ、宿泊先や食事の調達先、スタジアムの係員まで含め、すべての関係者を対象としたPCR検査や、ソーシャルディスタンスを保つなどの感染対策が確実に行われるのか?

収入の減少
MLBは試合数の減少、無観客試合の影響で大きな減収が予想される。
選手側も、試合数に比例する給与のため、大きく減収する。

特異な短期シーズンでの成績評価の扱い
各種記録や・・・・賞などの扱いをどうするのか?

選手の体調
コロナだけでなく、シーズン開幕までの時間が空きすぎて、トレーニングが十分でない選手による怪我が続出する心配。

ひまり
頭が痛いけどクラスターが発生ないのが一番!

メジャー 開幕への海外の反応

これは素晴らしいニュースです!!!!!!!!!!!!!!!

たった60試合のベースボールだって構わない。

(これ以上)コロナの問題がなければ、この夏に野球が開催されます!私の自分勝手な部分は興奮していますが、私の賢い看護師としての部分は首を振っています...

もしMLBのゲームをスピードアップして、一般的に若い聴衆にその魅力を高めたいと思っているなら、今年の特異なシーズンがその時になる。

2020年の開幕日、そして野球が最も必要とするときに野球がどれだけの喜びをもたらすか

「私たちは、7月4日を開会の日として祝う準備をしていたはずです。」そう、MLBはめちゃくちゃ混乱している。「野球は2020年の大規模なロックダウン中に黄金の瞬間を無駄にしている」

出典:Twitter

9・11でも、MLBは国民の心の支えになってきそうだから
れん

開幕への国内の反応

この1週間で選手、関係者の間で40人感染者出ているのに見切り発車して大丈夫?ダルの言うようにキャンプでクラスターになるんじゃない?
アメリカ得意のまずやってみてどうなるか様子を見てみよう。
60試合は選手の収入としては厳しいですが、無観客での球団の体力。コロナ第2波までにシーズンを終えるためには、これしかないでしょう。
60試合かー、少ないな。
先発ピッチャーは12回くらいしか登板機会がない訳だな。

試合数は少ないが、ようやく開幕できたね。代理人に夢を壊されなくて、本当によかったと思う。

出典:ヤフコメ

まとめ

要約すると...

  • 60試合数は球団や選手の収入としては厳しいが、無観客での球団の体力やコロナ第2波までにシーズンを終えることを考慮すると、仕方ない
  • メジャーが開幕することは決定されたが、コロナ対策のやり方や感染の拡大懸念、試合数が半分以下の特異なシーズンとなるなど様々な問題が残されている
  • 国内外の反応は開幕に好意的な意見の外、米国内のコロナ感染拡大の心配、少ない試合数への不満などが入り混じっている

とにかく開幕が決まった事で、アメリカ国内のファンに留まらず、日本のファンにも朗報です。
やってみないと分からないアメリカ的チャレンジ精神に期待しましょう。

ひまり
何しろ明るい話題だわ!

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.