激動の2020年21年を記録

東京オリンピックの年の光と闇

東京オリンピックの年のパニック

マスクネの予防法!症状の画像も「密かに悩む人増加中」

マスクを長時間着用する生活が続き、肌が炎症をおこしマスクによってできたニキビ"マスクネ"に悩む方が増えているようです。

マスクネを予防する方法はあるのでしょうか。
マスクネの症状から予防法まで調べてみたのでシェアしていきます。

ひまり
マスクネとは、マスクとニキビの原因菌であるアクネ菌を合わせた造語なんだって!初耳!

\ahamo LINEMO povaよりも安いスマホプランは?/
>これ見て決めた「俺ahamo・妻子は楽天モ」がベストチョイス<

マスクネの予防法まとめ

マスクネの予防法は毎日のスキンケア自分に合うサイズのマスク選びが重要になってくると思います。

そもそもマスクネの原因はマスクと肌の摩擦が大きな原因となっていますので、マスクを外したあとはよく洗顔をし、保湿をしっかりすることが大切です。
とくに冬場は乾燥しやすいのでより保湿が重要となってきますね。

マスクのサイズについても、大きすぎても小さすぎても肌を刺激してしまいますので自分にしっかりフィットし、できる限りマスクによる摩擦や刺激を最小限にするものを選ぶ必要があります。

またマスクを着用する時間をできる限り減らし肌を休ませることや水分補給もマスクネを防ぐ大切なポイントとなっています。

マスクが手放せない今、「マスクネ」に悩む方も多く私もその一人であり、どうにかマスクネを防ぐことは出来ないかと頭を悩ませています。

マスク生活をより快適に過ごすためにもマスクネの予防をしっかりおこなっていきたいですね。

ひまり
マスクの素材を見直してみるのもいいね!肌あたりがソフトで優しくいものを選ぶとマスクネの予防にもつながるのでは
人によるというのが、結論だけど、摩擦を避けるなら韓国で一般的になっているN75とか、3Dマスクがいいよ!これ
れん

KF94マスクの効果は?口コミと日本産商品一覧

マスクネの症状・その画像

マスクネの症状はニキビや肌荒れ、吹き出物といった皮膚の炎症です。

マスクの摩擦から肌を守るため角層が厚くなり毛穴の入口がふさがれてしまいます。
そこに皮脂がたまってニキビができてしまうようです。

またマスクの内側は吐いた息で蒸れるため雑菌が繁殖しやすく汗や皮脂も増えることでニキビや吹き出物が出来やすくなります。

マスクによる摩擦で肌がよりデリケートな状態で少しの刺激でもニキビや炎症を起こしやすくなるため日々のスキンケアが重要となってきますね。

ひまり
マスクネがなかなか治らないのつらい。余計にマスクで顔かくしてしまう

マスクネに関するネットの反応

これから暑くなるからさらにマスクネが怖い
マスクネがなかなか治らない…ニキビが長期間してる
なるべくマスクを取り替えて洗顔としっかり保湿することが大事だね
マスクが必須だからマスクネに悩む

マスクとアクネ菌でマスクネって造語がうまれたのね!初耳

出典:twitter

\ahamo LINEMO povaよりも安いスマホプランは?/
>これ見て決めた「俺ahamo・妻子は楽天モ」がベストチョイス<

まとめ

いかがでしたでしょうか?
マスクネについて調べたことをまとめますと

  • マスクネの予防法は日々のスキンケアや自分に合うサイズのマスクを選ぶことです
  • マスクネの症状はニキビや肌荒れ、吹き出物といった肌の炎症です
  • ネット上でもマスクネに悩む声が多くスキンケアやこまめにマスクを取り替えるなど予防するために工夫されていました
  • マスクネという言葉が生まれるほど、マスクによる肌荒れに悩む方が多くなっていますね。

    まだまだマスクが手放せない日々が続くため、洗顔や保湿、またマスクをこまめに取り替え素材も肌に優しいものを選ぶなど自身で気をつけてマスクネを予防したいと思います。

    -東京オリンピックの年のパニック

    Copyright© 東京オリンピックの年の光と闇 , 2021 All Rights Reserved.