東京オリンピックの年のパニック

マスク焼け対処法!日焼け対策しないと最高にかっこ悪いことになるぞ!

あなたはマスク焼けしないよう何か対策されてますか?
コロナウイルスの影響や花粉などマスクを手放せない毎日を送られているかと思いますが、心配なのが近頃暑く日差しが強くなってきたのでマスク焼けしてしまうのでは…ということです。

特に男性は対策をしないで大変になってしまう恐れが...。

そこでマスク焼けの対処法を調べてみましたのでシェアしていきます。

マスク焼けしちゃったらマスクしてないのに、つけてるみたいになってしまうで〜
れん

マスク焼け対処法!日焼け対策は必須

マスク焼けだけは絶対に避けたい…ですが、マスク焼けしてしまってどうしよう…というときの対処法について調べてみました。

まずなぜマスク焼けに対策が必要かと申しますと、ずばり…マスクをしている部分としていない部分とで白と黒のコントラストで日焼けをしてしまいビジュアル的に非常につらい状態になるからです。

顔の半分黒くなるのもつらいですが、マスクをしていない頬の部分も黒くなると頬がこけたようになってしまう…ということで、これは事前に対策しなければいけません。

紫外線も強くなる時期ですが、まだ日焼け対策をしておらずマスク焼けになってしまった!!とお困りの方への対処法ですが、まず日焼けした肌にほてりや赤みがある場合は冷やしましょう。
そして日焼けした肌は乾燥しがちなので通常のスキンケアに加え、いつもよりしっかりと保湿をします。

日焼けした肌は、すぐにもとにもどるわけではないので新しく肌が生まれ変わるまでは、スキンケアや保湿を丁寧に、日焼け対策をしっかりして過ごすほかありません。

どうしても目立たないようにする対処法としましてはファンデーションやコンシーラを使うのもいいですね。

[speech_bubble type="ln" subtype="R1" icon="lady1.gif" name=""]マスクしてるからすっぴん〜なんて日多かったけど、これからは日焼け止め塗っておかなきゃ〜![/speech_bubble]

マスク焼けにならないための3つの対策

3月ごろから紫外線が増え始めますが、まだ肌寒い日があったりするとまだ紫外線は少なく大丈夫だろうと油断してしまうので危険です。

私は、まさに毎年油断してしまいTシャツ焼けやら、サンダル焼けをしでかしております。

そこでマスク焼けにならないため3つのポイントを考えていきましょう。

まず1つ目は日焼けどめをしっかりぬることです。

女性でしたらメイクのときにUVカットの化粧下地を使うのもいいかもしれませんね。
マスクをしていない目の周りに塗ることも考えると、よりお肌に優しいものを選ぶのも大切かと思います。

2つ目は、日焼け止めをきちんと塗り、さらに帽子や日傘、また広く顔を覆ってくれるフェイスカバーなどをうまく使い日焼け対策をすることです。

3つ目は日々の食事でビタミンACE(エース)やリコピンを摂ることで体の内側から紫外線対策ができます。

3つのポイントに絞って書いてみましたが実は私自身、気をつけていても油断してしまう部分もあります…。
ちょっとそこまで…の時でも日焼け対策をきちんとして、マスク焼けにならないよう気をつけていきたいですね。

ひまり
本当に油断してたらあとで後悔することになるから、普段日焼け対策されてない男性も対策したほうがいいね

マスク焼けに関するネットの反応

今年はマスク焼けしてしまう人が続出しそうだな…
日焼け対策気にしておかないと後から大変なことになるね
顔がツートンに…笑えないよ
マスク焼け避けるためにもフェイスカバー買ったほうがいいよ

マスク焼けが流行するね

出典:twitter

まとめ

いかがでしたでしょうか?
マスク焼けの対処法や対策について調べてきたことをまとめますと

要約すると...

  • マスク焼けの対処法としましては、赤みやほてりがあるときは冷やし、しっかりスキンケアをすることが大切
  • マスク焼けの対策は日焼け止めをきちんと塗り帽子や日傘を使い、また体内からの紫外線対策としてリコピンやビタミンをしっかり摂り日焼け対策を万全にすることが重要
  • 「マスク焼けしたくない」「日焼け対策しなければ」といった反応がネットでは多い中、すでにマスク焼けしてしまった…と嘆く方も

5月に入り、日中は太陽が照りつけ汗ばむ陽気の日も多くなってきましたね。

ステイホームで家で過ごす時間が多く、つい紫外線対策をせずにマスク姿で外出してしまうことが多いので知らぬ間にマスク焼けになるところでした。
対処法をしてもすぐにはマスク焼けの跡は消えません。
なので事前の対策がとても重要になってきますね!
みなさん、まだまだマスクは手放せませんが、日焼け対策をしっかりしてマスク焼けをしないよう気をつけましょう。

ひまり
ランナーに人気のバフもおすすめ!

-東京オリンピックの年のパニック

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.