東京オリンピックの年のパニック

9月新学期案のデメリットとメリットを整理してみた!

コロナ禍で国内ほぼすべての学校の休校が続いています。教員や児童・生徒、保護者の間では「どうやって学習や学校生活の遅れを取り戻せばいいのか」と困惑が広がっています。

そんな中〝ウルトラC〟のプランが飛び出しました。いっそのこと「新学期を9月にずらせばいい」というものです。「9月新学期案」は実現可能なのか。そのデメリット、メリットを整理してみました。

ひまり
「出会いと別れはやっぱり桜の季節じゃないと」とか情緒的声もあるけれど…

9月新学期案が出始める

学校休校が長期化して授業は全く始まらず、学校行事や部活、試合なども全部中止。今年の学校生活は「ゼロ」状態ですが、それを一気に打開しようという「9月新学期案」が浮上し始めました。

「9月新学期案」とは、現在は法律上毎年4月になっている入学や始業の時期を、恒久的に9月にずらすというもの。安倍首相もこのほど国会で「(コロナ禍で社会に)これくらい大きな変化がある中では、前広にさまざまな選択肢を検討したい」と、可能性を模索する考えを示しました。

確かに2か月、3か月という授業などの遅れをこれから取り戻すには夏休み返上など大変な苦労も伴います。いっそ、新学期を半年遅らせてしまえば全部の問題が解決できるというのが9月新学期案。政府・与野党からの声のほか、宮城県の村井知事、広島県の湯崎知事、東京都の小池知事ら多くの自治体首長が賛意を示しています。

一方で、文科省側や教育・労働問題などの有識者の中には激しく批判、反発する見方もあるなど、にわかに賛否の議論が活発化。ではこの9月新学期案には具体的にどういうデメリットやメリットがあるのでしょうか。

9月新学期案のデメリット

コロナ禍で打撃を受けている学校や子供達救済策として、最近やにわに注目を集め始めた学校の9月新学期案。しかし新しい物事には利点(メリット)も欠点もあるはずです。まずはデメリットから考えてみました。

■ある年度の生徒だけ急増も

日本の学校制度は明治以降ほぼ4月入学で続いてきており、9月に切り替えると現行年度とズレが生じる半年間に生まれた児童・生徒たちを、どこかの学年に編入することに。

例えば来年9月入学の新小1生に、その年の4~8月に6歳になる子も加えるとすると、この学年だけ人数が他の学年より4割超多くなることになり、学校施設や教員増員などの対応が必要になります。また受験や就職でも競争率が高まり不利に。また別の学年でも子どもたちが誕生日で次年度から別々の学年に分けられたり、学年の途中で担任が替わるなど混乱も予想されます。

毎年1か月ずつずらす、とかの段階導入案もあるそうだがな
れん

■社会制度・就職との兼ね合い

9月新学期案なら卒業は夏休み前。4月入社を前提とする企業の人事計画は大転換を迫られるほか、高校・大学の入試なども全面改正が必要。進学、就職などの慣行が大幅変更になり多大な影響が出ることが想定されます。

かつて秋入学への移行を検討した東大でさえ、公務員試験や医師などの資格試験の時期と合わず断念した経緯があるそうよ
ひまり

■法制度改正の大混乱

日本の法律や制度は基本的に年度が4月に始まる設計になっています。国や自治体の予算、補助金、給付金などの制度も同じ。これに従って経済や教育などの社会活動も4月が起点となっています。

9月新学期案ではこれらの法制度とズレが生じることに。少なくとも9月新学期にするには学校教育法などの改正が必要ですし、義務教育の基礎となる「満年齢」も現行法では4月が起点になっているため、満年齢規定の改正も不可欠とされます。

コロナ対応で公務員業務が逼迫する中、これだけの大きな法改正を同時に行うと社会的にも大混乱は必至。萩生田文科相も「(こうした)莫大な事務作業を自治体も一緒にやれるのか」と釘を刺しています。

■労働力人口と生涯収入

途中で9月新学期に切り替えることで、多くの生徒・学生らは半年学校生活が延び、学費や生活費が増加。また卒業が延びるため、仮に働いていたら得られたであろう半年分の給与等が失われ、生涯賃金も減ります。

今の高校・大学生は1学年約100万人なので、月給20万円の計算なら日本全体で約1兆円超の給与が消滅。新規の労働力としても100万人分が半年減ることになり、介護・医療などの労働力不足に打撃となる恐れも指摘されます。

9月新学期案のメリット

一方でそうしたデメリットだけでなく、9月新学期案にはメリットも多いという主張もあります。メリットの例を挙げてみました。

■休校分を一気に取り戻せる

コロナ禍で2月以降続く休校。卒業式も入学式もなくなったほか、授業は遅れ受験生もビハインド。部活の大会なども軒並み中止で学校生活の集大成や思い出づくりもできません。

9月新学期案を実行すれば、これらの問題が一気に解決できる可能性が。秋にはコロナ禍もある程度収まっていると想定し、あらためて9月から20年度を仕切り直せば、授業も部活も大会も繰り延べて平常通り実施できます。

■国際基準と合う

世界の学校では9月新学期が最も多いとされます。報道によれば欧米では8割が9月新学期。また1月新学期も世界の1割強の学校で採用されていますが、日本のような4月入学はほとんどない少数派

大学や企業の国際競争力強化が求められ、グローバル化が不可欠とされる中で、9月新学期案なら海外留学なども活発になり、「日本の国力」を高める一歩になるとの説も出ています。

■受験生の負担が減る

真冬の1、2月の受験は日本の風物詩でもありますが、毎年生徒たちは大雪やインフルエンザ流行などに悩まされるのも常。これも入学が4月になっていることが要因であり、9月新学期案を導入すれば入試はおおむね夏頃となり、交通の混乱などの懸念がなくなり、受験生にはメリットになるとも考えられます。

れん
でも夏なら夏で、台風とか熱中症とか別の問題もありそうだけどな…

9月新学期案へのネットの反応

大学共通テストでさえ始めるのに7年の年月を要したんだから、9月入学制度なんてこんな非常事態に決定しない限り一生無理だよ
「10年20年先日本の未来にプラスに働く」(全国知事会)
そんなことに人と時間と労力を割くよりも前に、今困ってる学生を助けることに集中して欲しいです
学校は中身を変えるのに苦労するでしょうが、会社はもっと苦労するでしょう…
9月入学になったら卒業式暑い中汗だくだくで袴着るの辛いな

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 学校休校が長引く中、一気に遅れを解消させる「9月新学期案」浮上
  • 利点は①学習・部活など完全復活②国際基準に合う③受験生負担楽に
  • 欠点は①学年分けで混乱②法制度改正が難題③生涯収入や労働力減る

世界的には珍しいという日本の学校4月入学制度。これは日本の近代化が強力に進められた明治時代に導入されたそうです。江戸時代や明治初期までは、欧米にならって高等教育機関は9月入学でしたが、その後会計年度や徴兵制度が4月開始になったことなどをきっかけに学校の入学も4月に変わっていったとか。

社会が複雑・巨大化した現代日本で、百数十年続く長い習慣・制度を一気に変えるのは相当困難が伴います。議論の開始は是とすべきでしょうが、少なくとも拙速に決める問題ではなさそうです。

聞けば昔「優秀な人材を陸軍にとられてたまるか」と高等師範学校が4月入学に移行したのが、現在の形の大きなきっかけだったともいわれるそうよ
ひまり

-東京オリンピックの年のパニック

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.