東京オリンピックの年のエンタメ 東京オリンピックの年のスポーツ

DAZNはMLB2020見れないのでSPOZONEに登録してみた!感想をシェア

ついにMLB2020が開幕!日本人選手の活躍をTVやネット中継で連日しっかりチェックしたいですね。ところでMLB中継といえばTVではNHK・BSや「J SPORTS」が定番。これに加え数年前からはスポーツメディア「DAZN」もライブ配信し、ネットやスマホで生の試合を視聴できました。しかし今季はなぜかDAZNではMLB中継は見られないことに…。

その代わり、今年は「SPOZONE」という新メディアがMLB中継を配信しています。このSPOZONEとは?登録方法やDAZNとの違い、口コミ感想をシェアしましょう。

DAZNはJリーグや欧州サッカー、NPBもたくさん中継してて加入してるファンも多いと思うけど、ついにライバル登場なの?
ひまり

DAZNはMLB2020が見れないことに

野球の世界最高峰リーグといわれるMLB。日本からもかつての野茂氏以降、ダルビッシュ、田中投手らが次々と移籍し注目度が高まってきましたが、とりわけ日米野球史でもほぼ初めてという「本格二刀流」大谷翔平選手が2年前に参戦してからは、一気に日本での「MLB熱」が沸騰しました。

MLB中継では従来からの「老舗」であるBSや地上波TV放送に加えて、16年からは英国発のネットスポーツチャンネル「DAZN」MLB生配信を開始、スマホなどで楽しむファンも増えてきました。しかしコロナ禍で四か月遅れの開幕となった今年のMLB2020については、DAZNは中継を行っていません。

恐らくMLB側との放映権の契約問題が要因と思われますが、これまでNPBやJリーグとMLBをDAZNの「ワンチャンネル」でセットで視聴できたファンにとっては、ちょっと残念な形になってしまいました。

そのDAZNに代わって、今年のMLB2020を「全面中継」し始めたニューメディアが「SPOZONE」です。これはどんなサービスなのか、次項でご紹介しましょう。

れん
映画やドラマなどのコンテンツでは色々なネット動画配信会社がしのぎを削ってるけど、ついにスポーツ中継の世界もそうなるのかな!?

MLB2020が観戦できるSPOZONEとは

今季のMLB2020を見られなくなったDAZNに代わり、「MLB中継はこちらで!」とばかりに登場したネットの「SPOZONE」

公式サイトなどによると、SPOZONEは「Live Sports Media」というスポーツコンテンツ配信企業が運営する今年始まった新しいサービスです。

現在の配信ラインナップをみると種目は野球のみ。米MLBのほか、韓国のプロ野球KBOの試合も中継されています。MLBの試合については「日本人選手が出場する試合を中心に1日最大6試合ライブで配信する」とのこと。今後は競技種目やコンテンツ数が増えていくのかどうか、注目されます。

Live Sports Mediaって、今までもDAZNやAbemaTVなどのネットメディアと協業していた実績があるんだって。確かに何となく画面の感じや操作感が似ている気がする…
ひまり

SPOZONEを実際に使ってみた感想

DAZNに代わり、今季のMLB2020の生中継を配信することになった新動画サイト「SPOZONE」。では筆者が実際に使ってみた感想や公式サイトで説明されている注意点などを以下にご紹介しましょう。

■会員登録

SPOZONEを利用するには、公式サイトからまず会員登録を行う必要があります。会員には無料コンテンツのみ視聴できる無料会員とすべての配信を視聴できる有料会員とがあります。会員登録にはメールアドレスやクレジットカード情報の入力が必須。

■視聴デバイス

PCやスマホで視聴できますが、PCのブラウザは「Chrome」を推奨。また視聴は1ID=1デバイスのみとなっており、2つ以上の機器で同時視聴はできません

■配信の試合数

公式サイトの番組表によると、MLBは日本人選手の出場試合を中心に1日5試合程度を配信。韓国プロ野球は1~2試合程度がアップされています。

■VOD

一部の試合については「VODサービス」としてもう一度最初から視聴することができます。日程(番組表)から見たい試合のサムネイルを選び、「リプレイ」を選択すると再視聴可能。早送り・巻き戻しもできます。「ハイライト」を選ぶとダイジェストが視聴できます。

ひまり
ただし「日本語実況解説付き試合以外の試合はVODがアップロードされない場合がある」とか。確かにVODを選べない試合も結構あるみたい
それにVODは試合終了後しばらくしてアップされるので、他社みたいな「試合中の巻き戻し」「最初から見る」機能はないようだな
れん

■解説

MLBの日本語解説陣や実況アナにはメジャーリーグ通の有名解説者らがズラリ。日本人選手の出場試合を中心に日本語実況と解説が付いていますが、多くの試合は英語の現地実況のみとなっています。

■料金

無料会員では「FREE」と表示のあるコンテンツが視聴可能。有料会員になれば全部の試合を視聴できます。公式サイトによると、料金はPCからの手続きなら月額払いが1,650円、年間パスが9,900円。ただしiPhoneからの登録ではなぜかPCより月額料金が高く設定されているようです。

■退会

いったん有料会員となったものの「退会したい」ときは、「マイページ」から「自動決済を取り消す」「会員退会」といったボタンを押せばよいそうですが、少しやり方が分かりにくい印象も。なお公式サイトによると現在はPCからしか退会手続きができないようです。

SPOZONEの口コミまとめ

BS無くてもspozoneっていうサービスに無料登録で、今日のエンジェルス戦観れるぞー!良かった
MLB解説がアキさんだから色々マニアックな情報いっぱい聞けて楽しい
DAZNでMLBやってくれよなァァ せめてエンゼルスだけでええから
大谷の出場する試合はだいたいNHKでも放送があるから、月額1650円は高いなぁ。月額1000円がいいところ
DAZN(ドコモ)は他のスポーツも見られて980円だったから比較しちゃうとね…しばらくは無料で様子見

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • MLB開幕!しかし今季、DAZNではMLB試合を視聴できないことが判明
  • 代わって新たに登場したのが「SPOZONE」。PCやスマホでMLBを生配信
  • 無料視聴のコンテンツも結構豊富。有料会員は月額1650円~。VODあり

新しく登場したスポーツメディアSPOZONE。独自の企画番組や過去の試合放送なども豊富に用意されているほか、生中継でも無料で見られる試合が提供されていますので、まずは「とりあえず無料会員になって試してみる」というのがオススメかもしれません。

ただ野球ファンにとっては、有料のBS・CS放送やDAZN、SPOZONEといくつも月額料金を払うのはちょっと〝財布〟の負担が重い気が。できれば「どれか一つのサービスで、割安な料金で全部のスポーツを視聴できればベストなのに」と考えるのは、ユーザー共通の思いでしょう。

れん
人気スポーツは視聴率も高いから、企業同士の「獲得競争」になるのは仕方ないが……でも毎月4000円も5000円も払うのはやっぱり厳しいよナ…

-東京オリンピックの年のエンタメ, 東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.