激動の2020年21年を記録

オリンピック後の世界

東京オリンピックの年のスポーツ

大谷翔平のホームラン競争2021いつある?見る方法は?

MLBエンゼルスの大谷翔平選手。2021年シーズンは絶好調で、投打の活躍が全米・日本中で話題を集めています。このままの調子を維持すれば、自身初のMLBオールスター戦出場は確実だと思われます。

さらに期待されるのは日本人史上初の「ホームラン競争(ダービー)」出場です!大谷翔平選手は果たしてホームラン競争に選ばれるのか?今年はいつ、どこであるのかなど「2021MLBオールスター」情報をまとめました。(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)

MLBオールスターに出場した日本人選手は結構多いの。イチローさんは勿論何度も出てるし松井秀喜さん、野茂さん、佐々木主浩さん等等……大谷さん出てないのって意外!
ひまり

▽▽7/13(火)日本時間17:00~20:30 スカパーJ-SPORTS2にて!▽▽

大谷翔平のホームラン競争2021いつある?

開幕以来、投打二刀流どころか「三刀流」で好調を続けている大谷翔平選手。投手の勝ち星には恵まれていませんが、防御率や奪三振率は上々。打者では本塁打、長打を量産してリーグトップレベルの実力を見せつけています。

こうなると期待は夏のオールスター出場。ファンのネット投票や監督推薦で選出されますが、このままの状態で怪我などなければ、大谷選手はほぼ〝当確〟だと思われます。

ただ米メディアの関心はもはや「オールスター戦に出るかどうか」ではない様子。ズバリ焦点は「大谷はホームラン競争に出るのか?」です。

↓前回19年のホームラン競争決勝

2021ホームラン競争日程は?

まず、MLBホームラン競争はいつあるのか。その日程をチェックしておきましょう。

■MLBホームランダービー2021

【日時】現地時間7月12日(月)午後6時~

【場所】米コロラド州デンバーのクアーズ・フィールド

れん
今年はロッキーズの本拠地。午後3時から打撃練習も公開される!スター選手がファンの前に初登場する瞬間でもあるな!

大谷翔平のホームラン競争2021を見る方法は?

「7・12」が待ち遠しいMLBホームラン競争。果たして大谷翔平選手は出場するのでしょうか。ここでMLBホームラン競争の仕組みや何人出場するのかなどをシェアしておきましょう。

MLBホームラン競争の仕組み

MLBホームラン競争はオールスター戦の関連イベントで1985年に開始。オールスター前夜祭として本戦の前日夜に行われます。

出場者は基本的にオールスター出場選手の中から、MLBが強打者8人を選抜。本塁打の合計本数を3ラウンドで競います。1回戦4組、準決勝2組で勝ち抜き戦を行い決勝へ進みます。

形式は「4分間球数無制限で本塁打を打つ」。飛距離によってボーナスタイムが追加されるなど特典もあります。本数が同じ場合は時間制限なく決着するまで打ち合うかなり「ハードな戦い」です。

終了時はどの選手も肩で息して汗だくの疲弊ぶり。だから「シーズンに影響する」「怪我が心配」と辞退するスター選手も結構いるのよね…
ひまり

2021ホームラン競争を見る方法

選手にはハードなもののファンには見応え十分なMLBホームラン競争。ド派手演出でも有名です。では日本ではいつどうやって見られるのでしょう。

米国では大手スポーツメディアESPNが全米中継。大谷選手が出るならなおさら日本でももちろん生中継があるはずですが、5月現在では情報がありません。

衛星放送スカパー!やMLBネット中継の「SPOZONE」でライブがあると思われますので、発表され次第追記していきます。⇒
スカパーの「JSPORTS 2」での放送が発表されました!!!!

J SPORTSを3つのポイントで表すと...

  • セット内容によるのでややこしいですが、おそらく最もお得なのがスポーツセレクションのセットで基本料+2,970円
  • ホームランダービーは日本時間で7月13日(火)17:00~20:30に放送されその間に実施される
  • 秋季高等野球や女子野球等マニアックなものもあり
料金(税込)セット内容による
月額1980円~4980円

U25割 月額:
990円(税込)~
無料期間なし
(2か月縛りで初月無料はあり)
※基本料429円はかかる
支払い方法クレジットカード| キャリア決済| 楽天Pay
視聴方法スマホ タブレット(オンデマンド契約したら)
テレビ |Apple TV|Fire TV|Chromecast
契約媒体にもよる
(ケーブルtv等)
運営会社株式会社ジェイ・スポーツ
外部リンク
公式HP | Wikipedia | Twitter | Instagram | Youtube

ホームラン競争日本人の過去は?

ハーパー、ジャッジ、スタントン、カノ、オルティス……。錚々たるMLBのホームランバッター達がかつて優勝を飾ってきたホームラン競争。

85年からの歴史があるこのイベントですが、残念ながら過去に日本人選手は一人も出場していません。前回19年(昨年はコロナ禍で中止)には、大谷翔平選手出場も取り沙汰されましたが肘の怪我もあり選出されず。

しかし米メディアは「今年こそ大谷!」と早くも予想しています。MLB公式サイトはこのほど出場8人の中に大谷選手を入れ「本塁打競争に参加する最初の投手」としています。

「オオタニじゃない限り、投手が数分間ホームランを打とうとするのを本気で見たいと思う人間は誰もいない。打球速度185km、飛距離137mを超える打球をかっ飛ばしたわずか2選手のうちの1人なのだ(もう1人はスタントン)」と、ジャッジ、ソト、トラウトらと共に大谷選手こそ「目玉」とみているようです。

れん
へぇえー、あの松井氏さえ出てないのか。大谷君またもスポーツの歴史塗り替えるな!

https://twitter.com/septimaentrada_/status/1396628489596506118

大谷翔平のホームランに関する海外の反応

彼のスイングはとてもマジェスティック!
オオタニってほんと、すべての子供が野球の試合で作るキャラクターそのものだよね
ショウヘイの打席、私は外野に実際に天使がいると確信しています
今「翔タイム」の時代に俺たちはいる!マジに!冗談じゃなく!
エンゼルスがどれほど酷いのかは気にしない。大谷がこのプレーを続けるなら絶対MVPになるはずだ

出典:YouTube

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 今年のMLBホームラン競争は7月12日、コロラド州クアーズフィールドで
  • 大谷翔平出場なら日本人初、投手ではMLB史上初。米メディア早くも期待
  • オールスター前夜祭。出場選手から8人選抜のスラッガーに大谷入るか?

MLBのオールスターは「一夜限りのドリームチーム」によるミッドサマー・クラシック(真夏の祭典)。一週間にわたりさまざまな華やかなイベントで大変盛り上がる、文字通り野球の夢のお祭りです。

開催は毎年の30球団本拠地持ち回りですが、30年に一度しか回ってこないこともあり、開催地の力の入れようは相当なもの。今回のデンバーでも「キッズボールパーク」「フューチャーズオールスター」「セレブのソフトボール大会」「MLBドラフト」「選手のレッドカーペットショー」などなど、本戦前に数々の豪華イベントが計画されています。

選ばれた選手たちの名誉と誇り、喜びも最高。彼ら自身、ひとときシーズンを忘れて心から「野球フェスティバル」を楽しむ7日間となりそうです。

クアーズ・フィールドは高地にあって飛距離が出やすいと言われてる。大谷サンも18年に練習で右翼3階席へ特大アーチを放ってるし、絶対出てほしい!
ひまり

▽▽7/13(火)日本時間17:00~20:30 スカパーJ-SPORTS2にて!▽▽

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© オリンピック後の世界 , 2021 All Rights Reserved.