激動の2020年21年を記録

東京オリンピックの年の光と闇

東京オリンピックの年のスポーツ

ホームランダービー(メジャー)2021のテレビ放送・ネット中継情報!日本開始時間は?

大谷翔平選手が、次々とMLBトップに迫るホームランをかっ飛ばし、日本人初のホームランダービー出場が決まりました。ファンの期待がどんどん膨らんでいます。

コロナ禍で2年ぶりとなるホームランダービーは、クアーズ・フィールド球場(コロラド州デンバー)で、2021年7月12日(現地)に行われます。

ホームランダービー(メジャー)2021のテレビ放送・ネット中継情報を、日本開始時間とともに、まとめました。
大谷翔平選手の優勝や、最多本塁打更新はあるのでしょうか?

ひまり
待ちきれない!楽しみ!7月10日追記:NHKで放送決定~~~有料チャンネルはなんてこったーって感じだよね

ホームランダービー(メジャー)2021のテレビ放送・ネット中継情報と日本開始時間

ホームランダービー(メジャー)2021のテレビ放送・ネット中継情報と日本開始時間をまとめてゆきます。

テレビ放送

>>追記
NHK地上波で午前9時5分から放送決定
スカパーは録画放送になってしまいました。。

BS: スカパー!に加入し、Jsportsで視聴できます。
料金は、加入月 0円
翌月より 基本料金429円 Jsports 4チャンネル分2,515円(税込み)
放送日:2021年7月13日(火)
放送時間:午後 5時 00分~午後 8時 30分となっています。>録画放送のようです

▽▽7/13(火)日本時間17:00~20:30 スカパーJ-SPORTS2にて!▽▽

関連

まだ発表はありませんが、2019年にはNHKBS1で放送されました。

ネット中継

2019年には、「DAZN」で、ネット中継がありましたが、2021年は、メジャーリーグの試合の配信はありません。

SPOZONE(スポゾーン)」が、1日最大8試合、日本人選手を中心にMLBのライブ映像を配信しています。
今のところ、大谷翔平の出場するホームランダービーを配信するとの発表はありません。

メジャー公式の「MLB.TV」なら、ホームランダービーを含めたオールスターを初め、メジャーリーグの全試合を確実に見れます。
ただ、月額料金が高いのと、解説が英語のみという点がネックとなります。

また、Jsportsのネット配信Jsportsオンデマンドでは、NLBの試合は配信していますが、MLBは配信していません。

生で視るには、スカパー! Jsportsでテレビ観戦しかないということ!>>NHKで見れるようになりました。
れん

ホームランダービーのルール

・8人の選手が2人ずつ対決し勝ち進むトーナメント形式で対戦し、決勝で最多ホームランを放った最後の1人が優勝者となる
制限時間4分で何本の本塁打を打てるか競い合う
・440フィート(=約134.1メートル)以上の本塁打を2本以上打った場合、制限時間に30秒が追加される
・45秒間のタイムアウトを1度だけ使用できる(決勝戦のみ2度)
・本数が並んだ場合は制限時間1分のスイングオフで競い合う(それでも決まらない場合、3スイング制のタイブレークを勝者が決定するまで行う)

現在のルールとなってからの、最多記録は、ブラディミール・ゲレーロJr.(ブルージェイズ)のそれぞれ「1ラウンド記録」40本、「1大会記録」91本(いずれも2019年)となっています。ただし、3度のタイブレークで体力を消耗したため、決勝でアロンソ(メッツ)に敗れています。
これを大谷翔平が超えるかも見どころです。
2019年より優勝賞金が100万ドル(約1億1000万円)となっています。

ひまり
あまりにきついので、その後調子を崩す選手も多そう

▽▽7/13(火)日本時間17:00~20:30 スカパーJ-SPORTS2にて!▽▽

関連

ホームランダービーの歴代優勝者

1985年以降の優勝者を一覧にしました。
2名同時優勝が2回、昨年も含め中止が2回あります。

優勝者備考
1985デーブ・パーカー(レッズ)
1986ウォーリー・ジョイナー(エンゼルス)、ダリル・ストロベリー(メッツ)同時優勝
1987アンドレ・ドーソン(カブス)
1988雨天中止
1989エリック・デービス(レッズ)、ルーベン・シエラ(レンジャーズ)同時優勝
1990ライン・サンドバーグ(カブス)
1991カル・リプケンJr.(オリオールズ)
1992マーク・マグワイア(アスレチックス)
1993フアン・ゴンザレス(レンジャーズ)
1994ケン・グリフィーJr.(マリナーズ)1回目
1995フランク・トーマス(ホワイトソックス)
1996バリー・ボンズ(ジャイアンツ)
1997ティノ・マルティネス(ヤンキース)
1998ケン・グリフィーJr.(マリナーズ)2回目
1999ケン・グリフィーJr.(マリナーズ)3回目
2000サミー・ソーサ(カブス)
2001ルイス・ゴンザレス(ダイヤモンドバックス)
2002ジェイソン・ジアンビ(ヤンキース)
2003ギャレット・アンダーソン(エンゼルス)
2004ミゲル・テハーダ(オリオールズ)
2005ボビー・アブレイユ(フィリーズ)
2006ライアン・ハワード(フィリーズ)
2007ブラディミール・ゲレーロ(エンゼルス)
2008ジャスティン・モーノー(ツインズ)
2009プリンス・フィルダー(ブリュワーズ)1回目
2010デービッド・オルティス(レッドソックス)
2011ロビンソン・カノー(ヤンキース)
2012プリンス・フィルダー(タイガース)2回目
2013ヨエニス・セスペデス(アスレチックス)1回目
2014ヨエニス・セスペデス(アスレチックス)2回目
2015トッド・フレイジャー(レッズ)
2016ジャンカルロ・スタントン(マーリンズ)
2017アーロン・ジャッジ(ヤンキース)
2018ブライス・ハーパー(ナショナルズ)
2019ピート・アロンゾ(メッツ)
2020新型コロナウイルスの影響で中止

ケン・グリフィーJr.(マリナーズ)が最多3回の優勝を飾っています。

今季メジャー21本塁打を放っている大谷翔平のライバルとしては、トップの23本塁打を放っているブラディミール・ゲレーロJr.(ブルージェイズ)22本塁打のフェルナンド・タティス(パドレス)とで、特にゲレーロJrは、昨年ホームランダービーでのホームラン数の最多記録を作りながら優勝できなかったことや、父ブラディミール・ゲレーロ(エンゼルス)が2007年に優勝しているおり親子での優勝を目指していることから最大のライバルになると目されます。

「2021年のホームランダービーに参加することを発表できることを嬉しく思います。皆さん、コロラドでお会いしましょう」
金曜日のエンゼルスのデトロイト・タイガース戦に先立ち、記者会見で「本当に興奮しているし、楽しみにしている。誰よりもより多く打つようにベストを尽くす」と語っています。

大谷は新しいことに挑戦しても、いつも落ち着いているので、安心
れん

まとめ

要約すると...

  • ホームランダービー(メジャー)2021のテレビ放送・ネット中継はスカパーJsports2で視聴でき、日本開始時間は7月13日(火)午後 5時 00分です
  • ホームランダービーの歴代優勝者、複数回優勝者を一覧表で示しましたが、日本選手はこれまで皆無です
  • 大谷翔平が、今季メジャートップのゲレーロJr.やタティスに打ち勝つか?大会最多記録91本を塗り替えるかなど見どころ満載です
ひまり
きっと何かやってくれるわ!

関連


この記事を見ている人は以下の記事も見ています

大谷翔平のホームラン競争2021いつある?見る方法は?

打球速度の平均は?大谷や佐藤・最高記録を調べてみた結果

フアン・ソトとは成績(本塁打)過去は?年棒や大谷との比較数字を見てみよう

フェルナンド・タティスJr.の年棒推移と成績まとめ!評価「MLB担う超新星」「恐ろしい二代目」

▽▽7/13(火)日本時間17:00~20:30 スカパーJ-SPORTS2にて!▽▽

関連

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© 東京オリンピックの年の光と闇 , 2021 All Rights Reserved.