激動の2020年21年を記録

オリンピック後の世界

東京オリンピックの年のスポーツ

OPSランキングのメジャー版が見れるリンクはここ!大谷と歴代日本人比較

まもなく9月。最終盤を迎えるメジャーリーグで、最大の注目がアリーグのタイトル争いです。「打者大谷」が8月25日までで本塁打トップ、打点も上位につけています。

さらに近年の野球界で最も評価される打撃指標「OPS」でもトップ級。そもそもOPSって何?大谷選手の数字など最新OPSランキングが見れるリンクも調べてみました。(出典:Wikipedia、MLB公式など)

昔は打率や打点が最重要だったけど、メジャー中心に徐々に変化。今では出塁率、長打率、WARなどが重視されてるのね
ひまり

OPSランキングのメジャー版が見れるリンク

2年ぶりに162試合フル実施され、長かったメジャーの2021シーズンも残り少なくなってきました。各チームのポストシーズン進出争いとともに、大谷選手を始めとする個人タイトルの行方が注目されます。

ところで打撃面では打率、本塁打などとともに最近は「OPS」〝一番の強打者の証し〟ともいわれます。OPSとは何なのか、ランキングのリンクなどとともにシェアしましょう。

OPSとは?計算法は?

「OPS」は「オーピーエス」と読み、英語の「On-base plus slugging」の略語です。20年ほど前に、セイバーメトリクスの一つとして米国で開発された打撃指標です。

■計算方法

・打者個人の出塁率と長打率を足し合わせたもの。計算上の最大値は5.00。

■格付け

・平均的な打者は.700~.766。.833を超えると非常に良いバッターとみなされ、さらに.900以上では「素晴らしい、最高レベルのバッター」と評価される。

だから「1.0以上」というのは、ほぼほぼレジェンド級のスーパースラッガーってことだね
れん

■特徴

・数値が高いほどチームの得点増に貢献する打撃をしていると評価できる。

・足し算で簡単に求められ分かりやすい。その上チーム得点との相関性が非常に高い

・走塁のうまさ・速さや打者のタイプまでは反映できない。

れん
元々「野球は得点が多いと勝ち。なのに得点とあまり関係ない打率ばかり重視されるのはおかしい」というメジャーのアナリストの素朴な疑問から生まれたそうだ

OPSランキングメジャー版のリンク

■2021年メジャーOPSランキング(ア・リーグ、8月25日現在)

1位 ゲレーロJr(ブルージェイズ).999

2位 大谷翔平(エンゼルス).993

3位 オルソン(アスレチックス).934

■過去のメジャー通算OPSランキング

1位 ベーブ・ルース 1.164

2位 テッド・ウィリアムズ 1.116

3位 ルー・ゲーリック 1.080

なお、メジャーリーグの最新OPSランキングをチェックできるリンクは以下の通りです。

MLB公式のスタッツサイト

OPSランキング日本版のリンク

メジャーリーグの最新OPSランキングを日本語で表示するサイトは、残念ながら見つかりませんでした(MLB.JPという日本語版MLB公式サイトはありますが、その中の個人成績ページを選ぶと上記の英語版ランキングに飛びます)。

なお、プロ野球ではYahoo!Japanの「スポーツナビ」セパ両リーグの最新OPSランキングをチェックできます。リンクはこちら。

スポーツナビ

大谷翔平のOPSと歴代日本人の数字を比較

それでは大谷翔平選手のこれまでのNPBとメジャーでの通算記録、シーズン最高OPSと、歴代の日本人選手のOPSランキングを比較してみましょう。

■大谷のシーズン最高OPS

・2016年(日ハム時代)の1.004

■大谷の通算OPS

・NPB通算 .859

・メジャー通算 .894

■NPBの歴代通算OPS

1位 王貞治 1.080

2位 松井秀喜 .996

3位 落合博満 .987

ひまり
ちなみに松井さんのメジャー通算は.822、イチローさんは.757ね

大谷翔平のOPSへのSNSの反応

OPSてメジャーじゃめちゃくちゃ重要視される数字でしょ!
大谷さんここ数試合打率はそんなに良くないけど勝負避けられすぎて四球が多いからOPSがいい
大谷OPS1.000キープして欲しいが流石にきついか
ゲレーロも大谷も後半いまいちだが、このまま尻すぼみでシーズン終わって欲しくないな。大谷はHR50本かOPS1台かどっちか欲しい
セイバー初心者「うおおお!大谷のOPSすげえええ!」自称中級者「OPSは指標としてそんなに優れていない」ガチ中級者「そんなん分かっとるけど計算が楽なのがいいとこよ」

出典:Twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 個人タイトル競争が大注目の終盤MLB。大谷翔平はOPSでもトップ争い中
  • OPSとは出塁率+長打率。チーム得点との相関高く貢献大きい強打者評価
  • MLB公式で最新ランキング表示。過去1.4超ボンズ、1.3の王ら〝超人級〟も

1.0を超えるとレジェンド級といわれるOPS。今季の大谷、ゲレーロ選手らの争いや、NPBの村上、吉田尚、柳田選手らがいかにハイレベルかと感服しますが、上には上が。

メジャーのシーズン記録を見ると1位はボンズの1.422!トップ10がすべて1.2を超えています。日本も負けておらず、1位の王貞治氏は1.293、やはりトップ10すべて1.2以上。できればもう一度、彼らの現役時代を生で見たいものです…。

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© オリンピック後の世界 , 2021 All Rights Reserved.