東京オリンピックの年のスポーツ

BC栃木の中継を見るには?ムネリンの現在のプレーを見たい!

NPBのソフトバンクホークスやMLBで活躍した川崎宗則選手が、独立リーグ「ルートインBCリーグ」の栃木ゴールデンブレーブス(BC栃木)に入団することが決まりました。

明るいキャラとハッスルプレーでファンを魅了する〝ムネリン〟こと川崎選手。久々に日本のグラウンドでその元気な姿を見ることができそうです。ではムネリンが出場するBC栃木の試合中継はどうやれば視聴できるのでしょうか。ムネリンはなぜBC栃木入りすることになったのか。彼の過去から現在までの経緯とともにまとめてみました。(出典:Wikipedia、各スポーツメディアなど)

ムネリンのBC栃木での背番号はやっぱり「52」。憧れのイチロー氏(背番号51)の「1つ後」をNPB時代ずっと変えなかったこだわりの数字だものね
ひまり

BC栃木の中継を見るには?

ルートインBCリーグのBC栃木は、9月から川崎宗則選手が新入団することで契約合意したと発表しました。「ムネリン」は2020年の今現在、所属先球団がない状態でしたが、BC栃木関係者でもあるホークス時代のコーチの誘いを受け、8月24日から4日間、BC栃木の練習に参加していました。練習中から入団に前向きで練習期間終了とともに正式に入団発表の運びとなりました。

れん
練習中もメディアには「練習場所がなくて公園で空気イメトレしてた。変な人。通報されなくてよかった」「(BC栃木入りは)餃子がおいしくなかったら考える」などなど、ムネリン節炸裂(笑)

ファンにとってはホークス在籍中の17年以来、ほぼ3年ぶりに生のプレーが見られそうなムネリンのBC栃木入り。ではBC栃木の中継を視聴するにはどうすれはいいのでしょうか。

インターネットの動画サービス「応援.TV」が運営するBCリーグの特設サイト「BCL+」では、6月に開幕した今季BCリーグの試合中継の配信を行っています。

対象チームは栃木、茨城、埼玉武蔵など6球団。各チームのホームゲームを中心に最大計180試合を配信する予定だそうです。参考リンクは以下の通りです(一部試合は有料の場合あり。詳細は公式サイトでご確認ください)。

■応援.TV  https://ohen.tv/

■BCL+(プラス)  https://ohen.tv/sp/bcl/

元巨人・寺内監督率いるBC栃木は昨季のリーグ覇者の強豪。ムネリン加入で一層強くなりそう。試合が見逃せないわね
ひまり

ムネリンの現在・調子はどうなのか?

川崎「ムネリン」宗則選手は鹿児島県出身の39歳鹿児島工業高時代には甲子園出場はかないませんでしたが、俊足・巧打の選手として地元ではイチローならぬ「サツ(薩)ロー」と呼ばれるほどの実力で有名に。高卒後、かねてファンだったというホークス(当時ダイエー)にドラフト4位指名で入団しました。

03年に開幕スタメンを勝ち取るといきなり打率.294、30盗塁を記録しリーグ優勝と日本一に貢献。遊撃手に定着し走攻守の三拍子揃った選手として大活躍。最多安打、盗塁王、ベストナイン、ゴールデングラブなどのタイトルを獲得し侍JAPANにも選出されます。

海外FA権を取得した12年に、憧れのイチロー氏が在籍するMLBマリナーズに移籍ブルージェイズ、カブスとチームを移り、17年にNPBのホークスへ6年ぶりに復帰します。日米通算1500安打を達成するなど相変わらずのハッスルプレーで魅了しましたが、ケガや体調不良でシーズン後半に離脱

病状の悪化などから18年にホークスを自由契約となり、治療に専念。19年には台湾プロ野球の味全ドラゴンズの選手兼コーチに就任し現役復帰を果たしました。ムネリン本人は20年も台湾でのプレーを望んでいたそうですが、コロナ禍で出国できず、所属先がないまま国内で練習を続けていたそうです。

引退したわけではなくいまだ「現役」ではありますが、これまでのNPB12年間の通算成績は打率.292、盗塁267と傑出したもの。何より俊足・堅守・強肩とバットのコンタクト能力はピカイチなうえ、チームのムードメーカーとしての存在感は、日米どの球団でも抜群でした。

れん
カタコト英語とボディランゲージで接する明るさからMLBでも同僚やファンにとても愛され、15年にはMLB公式サイトから「最もリーグを盛り上げた川崎宗則賞」を授与されたほどだったな!

現在もその元気さは相変わらずの様子。BC栃木での練習では笑顔で若手選手たちと共に汗を流し、名先輩選手としてアドバイスも惜しまず行っていたそうです。今年はBCリーグの球場や中継映像などを通じ、試合でのはつらつなプレーやベンチをなごます声掛けや仕草がファンを楽しませてくれそうです。

ムネリン復帰にネットの反応は?

永遠の野球小僧、ムネリン。BCリーグの活性化に一役買ってくれることを期待します
とにかく理屈抜きにカッコいい!!分かりやすい解説と直ぐに動いて示してくれる行動力
また宗リンのプレーが観れるのは嬉しい!数年後指導者としてホークスに戻ってきてくれるのを待ってます
BCリーグには田沢もいるし、ムネリンVS田沢の対決が見れる人は羨ましい
新庄もBCでやってくれないかなあ・・選手達にも刺激になるし観客も入っていい事ずくめなんだけど

出典:ヤフコメ欄

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 川崎「ムネリン」宗則がルートインBCリーグ栃木入り。9月からプレー
  • NPB、MLBで走攻守揃った名選手として活躍。ムードメーカーの存在感も
  • 明るいキャラの反面自律神経の病に苦しむ日々。「今後も病と付き合う」

常に元気で全力プレー、投手や仲間を励ましたり笑わせる姿しか浮かばないムネリンですが、数年前から深刻な自律神経失調症に苦しんでおり、実は今現在も治癒しているわけではないそうです。

本人のインタビューによると、ひどい頃は「体が動かず、全身つって痛みが引かないし頭も割れるように痛む」日々。今も症状はあり「みなさんが腰痛を持っているのと同じ。これからも付き合っていくという考え方がハッピー」と語ります。

「実はメンタル的にはすごくナーバスで、弱いんですよ」と意外な告白も。「でも野球をやりたいという思いです。これからも新しい自分を見せられたら」。他人に見せる底抜けな明るさの内側で、人知れず病と闘い苦しむ本当の姿。人を惹きつけてやまない「ムネリン」の人間力や魅力は、そうした見えない葛藤や努力から生み出されているのだな、と痛感させられます。

れん
NPBへの復帰を「考えていない」と断言していることからも、体調面などからプロの第一線はもう難しいのかも…。でも太陽のような明るさは失わず、これからは後進の指導や野球の普及に尽くしてほしい!

関連


この記事を見ている人は以下の記事も見ています

MLBロボット審判導入加速のため?誤審報道が最近妙に多い!

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.