東京オリンピックの年の政治

マイナンバーと口座の紐づけはいつから?デメリットとメリットまとめ

新型コロナの10万円給付金が口座番号の確認の際、各市町村で大混乱したことを踏まえ、マイナンバーと口座の紐づけを政府は検討し始めました。

マイナンバーの預貯金口座との紐づけはいつ予定しており、そのメリットとデメリットはどこにあるのでしょう?

またなぜこれほどまでに皆の反発が大きいかという点も調べてみました。

ひまり
この際やってしまおうという意図がみえみえ?

マイナンバーと口座の紐づけいつから?

政府はマイナンバーと口座の紐づけをいつから実施しようと考えているのでしょうか?

菅義偉官房長官は、マイナンバーと預貯金口座の紐付けに関し、「全ての口座をマイナンバーに紐付けすることについて、年内に関係省庁と検討することになっている」と述べており、来年1月に開かれる通常国会でマイナンバー法の改正を目指すとしていますので、成立すれば実施は来年前半になると思われます。


ただ、これを直接実施するのは国民の反発が大きいと見て、まず任意で給付金の振り込み口座のみをマイナンバーと紐づけすることを考えているようです。

背景となったコロナ緊急経済対策での政治の混乱を詳しく見ておきましょう。
1.困窮世帯への30万円の現金給付案
減収状況を給与明細などで申請しなければならない複雑な手続きが必要だとわかり、批判が殺到し、撤回に追い込まれました。
2.全国民を対象にした一律10万円給付に予算を組み替えなおして実施
口座番号の確認等のため、各市町村で大混乱が生じ、結果として振り込みが遅れたことに批判が集まった。

給付の迅速化の肝だったはずのオンライン申請がかえって混乱に、輪をかけました。

また、高所得者にも給付する必要があるのかという意見や、減収していない役所職員は、10万円を寄付すべきと主張する市長も現れ、さまざまな意見がネット上に飛び交いました。

スピードが大事と言いながら、紆余曲折しておるの
れん

マイナンバーと口座の紐づけのメリットとデメリット

マイナンバーと口座の紐づけ方法には、特定の口座と紐づけするか、すべての口座と紐づけをするか、紐づけを任意とするか、義務とするかで、可能性は大きく2つの方法に分かれます。

1.給付金などの振り込み用口座だけを任意で紐づけする
2.すべての口座との紐づけを義務化する

任意に紐づけすることについては、すでに2018年1月から、預貯金口座にマイナンバーが付番されることになっています。

各金融機関には、これに従い、複数口座について一つの個人番号ですべて紐付けすることが求められています。
金融機関から個人に同意を求める通知が来ていると思います。

但し、あくまで任意ですので、個人の金融資産の把握を懸念してかほとんど普及していません。

その目的を、金融機関が破綻したときに、預金保険機構がペイオフのため預貯金額を合算したり、社会保障制度における個人の資力調査や税務調査のために使うとしています。

1は、10万円給付金支給などで、自治体が口座を把握したり、口座情報を金融機関に照会したりする手間が省けることになります。
この目的のためなら、任意であっても、届け出る人は多いと想定される。

2の義務となれば、全国民への給付金支給などがもれなく遅滞なく行えます。
また、個人の金融資産を把握でき、困窮者か否かを区別し、本当に困っている人に給付を行え、さらに生活保護など社会保障制度における資力調査に活用でき、必要なひとを迅速に支えることができるとともに、不正支給を防げます

また、税務調査のために活用し、不公平のない徴税につなげられます。

逆に、いうと個人の全金融財産を政府に把握され、監視される懸念があります。

政府は、マイナンバーカードの本来の役割が生かすためには、全口座、義務化にこだわっていると思われます。

実際、今年1月に高市早苗総務相は全口座紐づけ義務化を進めてゆくことを表明していました。

現時点では、国民の反発が大きいことを考慮して、
1. 政府の給付金などの振り込み用口座を任意で紐づける
2. すべての口座との紐づけを義務化する
の2段階を考えているようです。

ひまり
見透かされてるとうまく行かないわよ!

マイナンバーと口座の紐づけへのネットの反応

マイナンバーと紐付けは今回のことを考えるといいのかもしれないが、なぜ全口座が必要?今回の件が理由なら1つでいいんじゃないのかな。
はい、これも間違いなく国民の反発で廃案になります。
信頼のないこの人達に誰が自分の口座など教えるものでしょうか。
別の目的があると勘ぐってしまいます。
何故マイナンバーと全口座を紐付けする必要があるのか?まず説明でしょ!給付金などを迅速にって大義名分だろうけど真の目的は国民の収入を把握して徴収漏れがないか知りたいだけ。明らか個人情報だし、全口座を政府が知る必要性は無い。
口座と紐づけることにより給付金がスピーディーになるのは理解しました。
ただなぜ全口座なのか?今回みたいな給付金がこれから先に何回あるのか

給付が遅れたのは制度が悪いのではない、安倍内閣の意思決定が遅すぎただけ。
どさくさに紛れて、マイナンバーと口座の紐づけをしようなんぞ言語道断。水道料金の口座払いで既に自治体は世帯の代表となる口座を把握しているしね。

出典:ヤフコメ

給付なら1口座で十分なのは納得!
れん

まとめ

要約すると...

  • マイナンバーと給付口座の任意の紐づけを年内、全口座紐づけの義務化を来年前半と想定しているようだ
  • 全口座紐づけの義務化は困っている人に必要な給付を迅速にできる、社会保障などで、不公平な給付や不正を防ぐなどのメリットがあるが、政府に全財産を把握、監視されるという懸念がある
  • 政府は10万円給付の混乱に乗じて、マイナンバーと全口座紐づけの義務化を画策していると反発が大きい

最近は、コロナでの混乱があるたびに、政府の打ち出す政策には、何か裏があるのではという不信感がむんむんしています。

これまでできなかったことをこの機会を利用して提案しているのではという場面が最近見受けられます。
それでは、本当に困っている国民のために政治は動いているのか疑問に思ってしまいます。

マイナンバーの紐づけに関しても2段階にして、1段階目で様子を見ながら、十分な説明もなく、機会を狙って、一挙に全口座義務化を狙っているのではないかと多くが疑いの眼を向けているようです。

今は、検査体制、医療体制を含めたコロナの第2波への準備と、落ち込んだ経済の再生が重要だと思えます。

この際余計なことを考えず、なぜ収束しつつあるかもはっきりしない日本モデルをしっかり検証して、安全面、経済面ともに安心できるポストコロナ世界につなげるのが最優先課題ではないでしょうか?

ひまり
きちんと税金払っていたら心配は何もないはずだが?

-東京オリンピックの年の政治

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.