東京オリンピックの年のスポーツ

ホークス次期監督予想はこの3人!2022年を占う

今年、5年連続日本一を目指していたNPB福岡ソフトバンクホークスですが、ほぼシーズンが終了した今、まさかのBクラス4位に沈み、連覇継続は絶望的になりました。

責任を取って工藤公康監督は今季限りで退任する方向に。ではホークスの2022年次期監督は誰なのか。ファンの間で取り沙汰される候補3人を挙げ、就任の可能性を探ってみました。(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)

開幕前優勝予想は多くがホークスか楽天だったけど…この結末は想像できなかったな
ひまり

ホークス次期監督は誰か

今季工藤ホークス監督は就任7年目で、2年契約の最終年でした。今季のホークスは序盤から故障などで千賀、森投手、グラシアル選手ら離脱者が続出。ベテランは不調、若手も伸び悩みシーズンを通じてチームは上向かず、10月には「工藤政権」で最長となる8連敗を喫するなど見せ場なく終幕することになりました。

れん
ただ工藤監督、7年間でリーグ制覇3度、日本一5度は名将といって間違いはないのだが

しかし7年間の「工藤イズム」は大きな成果をもらたしました。自他共に認める「24時間365日野球の虫」の工藤監督は、自軍選手たちを寝る間を惜しんで常に細かくチェックし、相手も綿密・徹底的に分析。オフには渡米して最先端のトレーニング理論を勉強し、選手たちに助言を送り続けました。

とりわけ投手陣には「工藤塾」で自身の経験を伝授。育成上がりの千賀、石川、モイネロ投手らを一流に育て、甲斐捕手も日本No1に成長させるなどバッテリーを12球団屈指の陣容に仕上げた功績も特筆されます。

投打で若手・ベテランをバランス良く起用し、勝負所での采配が冴え「短期決戦の鬼」とも呼ばれる強さを見せるなど、まさに歴代監督に並ぶ名将の一人となりましたが、今季に限ってはそのタクトも「空振り」が多かったように見えます。

球団は続投を要請したものの「不振は監督の全責任」と固持したそうよ
ひまり

シーズン後、球団は2022年の次期監督探しに入るとみられますが、では現状で誰が候補に挙がっているのか、探ってみました。

ホークス次期監督予想!有力3人

Bクラス転落は実に13年以来。直近20年間で4位以下を2度しか経験していないという「常勝軍団」ホークス。2021年の屈辱を晴らして2022年に復活できるかは、次期監督ら首脳陣の手腕にもかかっているといえます。

ではそれは誰なのか。ファンや地元メディアなどで現在取り沙汰されている候補3人について、名前を挙げてみました。

小久保裕紀

今季から1軍ヘッドコーチに就任した、球団OBの小久保裕紀氏の昇格は有力な選択肢の一つといわれます。和歌山県出身、49歳の小久保氏はホークスの前身ダイエー時代からの生え抜きで、「ダイハード打線」と呼ばれた強力な打撃陣を構成、ダイエー黄金期を支えた主砲でした。

指導者としては侍JAPAN監督を務め、17年WBCで日本をベスト4に導いた実績もあります。現役絶頂期の監督、王貞治現球団会長を師と尊敬し、王会長も「小久保招請」にこだわったという相思相愛の関係も有名です。

れん
アドバイザーの城島氏と合わせ、将来の監督含みで今季入閣したと言われてたしね

平石洋介

内部昇格の可能性としては、平石洋介1軍打撃コーチも取り沙汰されています。平石氏は大分県出身の41歳。社会人のトヨタ自動車から05年に楽天ゴールデンイーグルスに入り、楽天一筋で外野手・一塁手としてプレー

選手として目立った成績は上げられませんでしたが、引退後初の楽天生え抜きコーチとなり、18年に途中辞任した梨田監督の後任として、生え抜き初の楽天1軍監督を務めました。「選手と密に向き合う」のがモットーで、選手の信頼が厚く、19年シーズンでは前年最下位から3位に躍進させる手腕を発揮しました。

秋山幸二

ホークス次期監督は外部招請も検討されるといわれます。最有力とみられるのが、元監督でもある秋山幸二氏です。

熊本県出身、59歳の秋山氏は主に西武ライオンズ、選手晩年にホークスでプレー。走攻守・強肩揃った「日本人初メジャー型」と呼ばれたスラッガー野手でした。

05年当時ダイエーの2軍監督に。09年から王貞治監督の後を継いで監督になり、6シーズンで3度リーグ制覇。松田、柳田、中村、今宮選手ら現ホークスの主力を育て黄金期を形づくった名指導者と呼ばれます。

西武黄金期の主力でバック宙でも有名。でもやっぱり今は常勝ホークス監督のイメージかな
ひまり

ホークス2022年は復活するか?

ホークスの2022次期監督はこれらの3人のうち誰になるのか、あるいはこれ以外のサプライズ人事があるのか。

王会長はじめ球団の決断が注目されますが、今年の戦いぶりを見る限り、どの指導者になっても立て直しと「復活V」は容易ではなさそうです。

今季の低迷は、最初から最後まで想定外にケガ人や離脱が続出したためとはいえ、投手陣は先発に柱がなくブルペンも崩壊状態。打線も中々つながらず勝負弱いままだったことが要因でした。

「層が厚い」のが強みといわれたホークスですが、今季は三森、リチャード選手ら一部台頭もあったものの決定打にはならず、その他の投打の若手は十分芽を出したとはいえませんでした。

それを支えてきたベテランや外国人も来季は「全面棚卸し」が予想され、これまでの投手の方程式や打順パターンの発想を大きく変える必要もありそうです。

投打でキーとなる新しいプレーヤーを育てられるのか、円滑に世代交代できるのか。場合によっては今回の監督交代を機に、チームが数年間の「過渡期」に入る可能性もあるかもしれません。

れん
SNSの反応では平石、秋山待望論が多い様子…小久保ヘッドは今季〝戦犯〟の一員でもあるからか?

ホークス次期監督に関するSNSの反応

だいたいOBで固めたらチームは前進しなくなると思う
実績は凄いが、今年のホークスを見るとスタメンや采配に?がつくことが多かった
平石さんが来た時は若手(栗原)や晃の起用方法とかが良い方向に向かった。楽天をAクラスにした実績もあるし、適任では
石毛や古田など「良いチームリーダーが良い監督」とならない事もある…
「大久保」じゃねーよ「小久保」だよ……って初めて聞いた

出典:ヤフコメ欄

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • SBホークスの工藤監督が今季限りで退任へ。4位転落や低迷の責任を取る
  • 2022年次期監督には小久保ヘッド、平石1軍コーチ、秋山前監督らが候補か
  • SNSは平石・秋山待望論?世代交代・若手育成など課題多く復活Vに厳しさ

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© オリンピック後の世界 , 2021 All Rights Reserved.