東京オリンピックの年のスポーツ

ネイマールの怪我はワールドカップ2022間に合う?「今回は演技じゃない」「W杯まで療養してれば~」

リーグ・アンの第15節で、パリ・サンジェルマンが、サンテティエンヌと対戦した際、タックルを受けたネイマールの足首が90度曲がり、泣きながら担架でピッチを去ったとの衝撃のニュースが入りました。

ネイマールの怪我はどのくらいで、ワールドカップ2022間に合うのでしょうか?
怪我のデパートとか、過剰演技のネイマールとしばしば批判されますが、今回は深刻な怪我の可能性もあります。

ひまり
どんな具合なのか?心配!

ネイマールの怪我はワールドカップ2022間に合う?

ネイマールの怪我はワールドカップ2022に間に合うのでしょうか?

移籍市場サイトによれば、今回のネイマールの怪我は、足首の捻挫で、2022年1月10日までの42日間の療養6試合の欠場となるようです(transfermarkt.co.uk参照)。

22回目の2022 FIFAワールドカップは、 2022年 11月21日 から 12月18日 にかけて カタール で開催されます。
ブラジル代表は南米予選で、1位通過しており、本戦出場が決まっています。

足首の捻挫で、42日間療養しても、ブラジル代表のネイマールにとって十分間に合うスケジュールとなります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

NJ 🇧🇷(@neymarjr)がシェアした投稿


でも次、いつ怪我するかわからない!
れん

ネイマールの怪我の歴史

エデン・アザールらを上回り、負傷欠場歴でスター選手群のトップに立っています。
パリ・サンジェルマンに移籍してからのネイマールの怪我の歴史を見てゆきます。

怪我の種類、期間、出場できなかった試合数を一覧します。

シーズン ~から~まで期間(日)欠場試合数
21/22足首の捻挫2021年11月29日2022年1月10日426
21/22内転筋のトラブル2021年10月16日2021年10月23日71
21/22フィットネス2021年8月1日2021年8月26日254
20/21内転筋のトラブル2021年2月11日2021年3月19日369
20/21足首のトラブル2020年12月14日2021年1月10日275
20/21休養2020年12月5日2020年12月6日11
20/21内転筋のトラブル2020年10月28日2020年11月19日224
20/21コロナウイルス2020年9月2日2020年9月11日91
19/20肋骨の打撲2020年2月3日2020年2月16日134
19/20ハムストリングスの負傷2019年10月14日2019年11月20日376
19/20調整(フィットネス)2019年8月10日2019年9月6日274
18/19足首の靭帯断裂2019年6月7日2019年8月9日631
18/19中足骨の骨折2019年1月24日2019年4月19日8518
18/19休養2019年1月11日2019年1月13日21
18/19内転筋のトラブル2018年12月3日2018年12月22日194
18/19内転筋のトラブル2018年11月21日2018年11月27日61
18/19休養2018年10月19日2018年10月21日21
18/19休養2018年9月13日2018年9月16日31
17/18中足骨の骨折2018年2月26日2018年5月27日9016
17/18大腿部のトラブル2018年1月19日2018年1月25日62
17/18打撲2018年1月11日2018年1月15日41
17/18軽度の打撲2017年11月2日2017年11月日13111
17/18軽度の打撲2017年9月21日2017年9月25日41

数日の休養や、調整(フィットネス)も入れると、2017年以降4年余りの間に23回もあります。
内転筋のトラブル 5回、今回を含め足首関係3回 中足骨の骨折2回などとなっています。
2回の中足骨の骨折での離脱期間が90日、85日と長くなっています。

メッシやクリスチアーノ・ロナウドのような高いパフォーマンスを発揮する選手というのは怪我をしないので、
ネイマールの怪我の多さは不健全な生活に起因することの指摘もあります。

「おびただしい数の遅くまでのパーティーを堂々とやっては、ソーシャルネットにひけらかしてきた」、「だがクラブ内部には、彼の睡眠のとり方、飲食物摂取のあり方、水分補給などが、非常にハイレベルなスポーツ選手の必要性に合致していないとみなす見方がある」と言われています。
これに最近では加齢も加わっているのではと思われます。

ひまり
2月5日の誕生日後に怪我が多いのは、パーティーで大騒ぎするからって聞いたわ

ネイマールの過剰演技

だれしも実力があることは認めるネイマールですが、試合中に過剰とも呼べる演技を披露してしまうことで、批判の的となってしまうことがしばしばあります。

2018年ロシアW杯、対セルビア戦
ブラジル代表対セルビア代表戦で、鋭いスライディングタックルを受けたネイマールが、5回も転がったので、「あれは過剰な演技だ」として批判の対象になりました。

2018年ロシアW杯、対メキシコ戦
65分過ぎ、ネイマールは相手選手のタックルを受け、ピッチにうずくまった後、足を踏まれたネイマールが、顔をゆがめ、大絶叫。両手で足を抑え、大きく口を開けながら再びうずくまった。ドタバタとのたうち回り、2分間試合は停止しました。
「いくらなんでも大げさすぎ」「そんなに痛くないだろう?」といったコメントがネット上で多く見受けられ、メキシコ代表のファン・カルロス・オソリオ監督は試合後、「あれはサッカー界の恥だ。一人の選手のために、我々は多くの時間を浪費した」と怒りを露にしていたそうです。

13/14リーガ第33節、対グラナダ戦
ネイマールが相手のマヌエル・イトゥラに自ら突進して、相手にぶつかった瞬間、自分の胸を抑えピッチに倒れ込んでしまった。
顔をゆがめ、大きく口を開いて叫び、治療のため、試合は数分間ストップした。このネイマールの謎のプレーにはもちろん多くのコメントが寄せられており、「サッカー史上最高の当たり屋」などと痛烈な批判を受けた。

以上はほんの一部ですが、怪我で倒れても演技ではとの疑いがネイマールには、常に付きまといます。

大げさすぎる!
れん

ネイマールの怪我へのみんなの反応

悪質なタックルでもなく運が悪かったとしか言えないが、中々に曲がってるな。
もうW杯まで療養してれば良いよ。
たまたまネイマールの足が着地した場所が悪過ぎた感じで相手側に余り言い過ぎないようにスポーツマンらしく。だけどなぁ〜もし骨折とかだったらCLめっちゃ厳しそう今年が勝負の年のPSGにとっては痛すぎる離脱。せめて捻挫程度お願いします。
剥離骨折だとしたら、今シーズンは厳しいかもしれない。W杯が11月でまだ良かった。着地の場所で足が残ってたけど、完全に事故だな。
ブラジルW杯以来、また大怪我か。
怪我でキャリアの多くの時間を棒に降ったブラジルの方のロナウドを思い出す
今まで散々演技して来て本当に怪我した時の痛みがこれでよくわかったでしょう。この痛みを知っている人間なら絶対にあのようなマネはしない。まるで怪我をして苦しんでいる人をあざ笑うかのようなあの振る舞いは見ていて本当に不愉快だった。

出典:ヤフコメ

こんどの泣き顔は本物?
れん

まとめ

要約すると...

  • 今回のネイマールの怪我は足首の捻挫で42日間の加療を要する
  • ブラジルは、代表出場が決定してるので、11月のカタールワールドカップ2022には十分間に合う
  • ネイマールの怪我の多さと、試合中の過剰演技は評判が悪い
ひまり
自分から突っかかるプレースタイルも良くないわ

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© オリンピック後の世界 , 2022 All Rights Reserved.