激動の2020年21年を記録

オリンピック後の世界

東京オリンピックの年のスポーツ

西矢椛のスポンサー一覧!今後つきそうな会社も

東京五輪の新競技、スケートボードの女子ストリートで13歳の西矢椛選手が史上最年少の金メダルを獲得しました。同時に、16歳の中山楓奈選手が銅メダル、前日には男子ストリートの堀米雄斗選手の金メダルと、スケートボード界が沸いています。

西矢椛のスポンサー一覧に加えて、今後スポンサーにつきそうな会社を予想してみました。

ひまり
最近スケボーをよく見かけるようになったと思ったら!

西矢椛のスポンサー一覧

西矢椛選手のスポンサーを一覧してゆきましょう。

確実にスポンサーと言えるのは、ムラサキスポーツと、ムラサキスポーツのHPの西矢椛紹介欄に、スポンサーと明記してあるPRO-TECELEMENTです。

西矢椛選手はムラサキスポーツに所属しています。

ムラサキスポーツ

株式会社ムラサキスポーツは、1973年に設立され、2012年ムラサキホールディングス設立により子会社化されました。全国各地に店舗があります。
資本金 5,000万円で、従業員数2,071人(2021年4月1日時点)、売上高316億円(2021年3月期)となっています。
事業内容は、
・スノーボードを初めとするサーフィン、ボディボード、スケートボード等のアクションスポーツ用品の企画・輸入・販売。
・カジュアルウェア(ストリートウェア、マリンウェア)アクセサリー、シューズの企画・輸入・販売。
・イベント・大会・スクールの企画・運営。
となっています。

株式市場では見つからず、非上場となっているようです。

PRO-TEC

最もスタイリッシュで技術的に高度なヘルメットを製造する40年の伝統を持つ米国のアクションスポーツブランドです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Momiji Nishiya(@momiji_nishiya830)がシェアした投稿

ELEMENT

(Element Skateboards、エレメント)
1992年にJohnny Schillereffが設立したアメリカのスケートボード会社で、スケートボードデッキ、アパレル、フットウェアなどを製造しています。
西矢椛のインスタにelement(エレメント)のデッキが見られます。

X-Games6連覇のナイジャ・ヒューストンをはじめとするトップスケーターが愛用するブランドです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Momiji Nishiya(@momiji_nishiya830)がシェアした投稿

これからが楽しみなようで心配でもある
れん

西矢椛のスポンサー今後つきそうな会社は?

参考にプロスケーター堀米雄斗の11社のスポンサーを見ておきましょう。
21歳でロサンゼルスに家を購入したように、その収入は計り知れません。

・ NIKE SB(スケートボードのシューズ)
・ April Skateboard(スケートボードのデッキ)
・ SPITFIRE(スケートボードのウィール)
・ ANDALE(スケートボードのベアリング)
・ VENTURE(スケートボードのトラック)
・ NEC(日本電気株式会社)
・ XFLAG(株式会社ミクシィ)
・ G-SHOCK(時計)
・ SEIKO(時計)
・ ムラサキスポーツ(スポーツアパレル)
・ RAIZIN(ドリンク)

今後のスポンサー候補として、これらを参考にすることが出来ます。

米国におけるスケートボード産業のキープレーヤー企業として以下が挙げられます。
Element Skateboards、Boiling Point、Plan B、Krown Skateboards、SK8 factory、Skate One、Absolute Board、Alien Workshop、Artprint、Zero Skateboards、Control Skateboards、Razor、Carver Skateboards、Almost Skateboards

Element Skateboardsに加えて、これらのスケートボード関連企業が選ばれる可能性もあります。

また、西矢椛選手の練習場はスポーツパークまつばらで、ここはミズノ系列ですので、(株)ミズノがかんでくることもあり得ます。

米国では、スケートボードはスポーツであり、芸術であり、ライフスタイルであり、文化だとされています。スケートボードはクリエイティブなカルチャーとのつながりも深く、「Supreme」といった人気ブランドもスケートボードが発祥となっています。

ひまり
安い費用で用具が整えられ、広がる速度もすごそう!

西矢椛の評価まとめ

プロフィール


西矢椛(にしや もみじ)2007年8月30日生まれ、大阪府松原市出身の13歳。身長155 cm 、体重45 kg。
家族でスノーボードをやっていたため、そのオフシーズンである夏の練習の一環としてスケートボードを始める。小学校1年次から本格的に滑るようになり、卒業後は松原中学校へ進学し、スポーツパークまつばらで練習を続けています。

競技履歴

2017年 全日本アマチュアスケートボード選手権 3位
2018年 全日本アマチュアスケートボード選手権 3位
2019年エックスゲームズ・ミネアポリス大会2位
2019年世界選手権準決勝進出
2021年 スケートボード世界選手権 ローマ大会 銀メダル
これにより、東京五輪スケートボード・ストリート女子競技の日本代表に選出される
2021年7月 東京五輪2020女子ストリートで、金メダル獲得。

天賦の才ってまさにこの事ですね。6歳から始めてたった7年で世界一。聞くところによると何をやってもあらゆる運動神経抜群だとか・・・。天才を育てるのも大変かと思いますが育てた親も素晴らしいですね。
13歳にしてスケボー歴7年、大人より出来る技が少ない中でそれに磨きをかけ決勝で挑み見事に成功させた西矢選手は誇りです
これを機にスケボーを習い事として始める子が増えるかもしれませんね。
王国アメリカ、ブラジルを抑えて金メダルですからね。
後は、日本がスケボーを習いやすくする環境を整えるだけだと思いますね。
今回の東京オリンピックでメダルを獲得した日本のスケボーの選手もサーフィンの選手も男女共に全然チャラくないし、爽やかでほんわかしてて、むしろ癒し系で、日本の世に与えるイメージも随分変わったと思う✨
スケボー代表のTシャツほしいんだけど売り切れなんだね💦 堀米雄斗選手と西矢椛選手とかが着てるやつ。 でも、再販する可能性高いぽい! 毎日チェックしないと

出典:ヤフコメ

東京オリンピックが決定した時は6歳...そして7年後に金メダルなんて!
れん

まとめ

要約すると...

  • 西矢椛選手のスポンサーは現在のところムラサキスポーツなど3社
  • スケートボードのメダルラッシュで、米国のように日本でも、スケートボード産業が急成長する可能性が高い
  • 13歳での西矢椛選手の快挙を讃える声多数
ひまり
うちの子ももっと遊ばせなければ!

関連

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© オリンピック後の世界 , 2021 All Rights Reserved.