東京オリンピックの年のスポーツ 東京オリンピックの年のパニック

プロ野球開幕2020大丈夫?巨人PCR検査の結果を心配する声

巨人は坂本勇人内野手と大城卓三捕手が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性になったと発表しました。このため巨人は3日の西武との練習試合を直前に中止。NPB開幕ムードに水を差す形になりました。

6/19のプロ野球開幕は大丈夫なのでしょうか。さらに多くの陽性選手らが発生した場合どうなるのか。4日までに巨人の全選手・スタッフがPCR検査を受診。ファンにはその結果や影響を心配する声が広がっています。

ひまり
なかなかできなかったPCR検査もかなり態勢が整ってきたのかしら?一般の希望者も簡単に受けられるようになるといいんだけど…

プロ野球開幕2020大丈夫?

コロナ禍のため当初予定より3か月遅れの6/19になった2020プロ野球開幕。それに先だって2日から12球団が練習試合を開始し、坂本、大城両選手も西武戦にスタメン出場していました。その翌日の驚愕発表。報道によると、坂本選手らのPCR検査陽性までの経緯は以下の通りだそうです。

・巨人は1~3軍の全91選手や首脳陣、スタッフら総勢約220人に希望を募りコロナの抗体検査を実施。5月末までに218人中、選手やスタッフ計4人から、コロナ感染後に回復したことを示す抗体が確認された。

・この4人には2日夕方にPCR検査を実施。3日午前、坂本・大城選手が陽性の結果になり、保健所に連絡し試合を中止した。

・2人のウイルス遺伝子量は微量で、正常値ぎりぎりの「微陽性」。味覚障害や症状もない。専門家は2人ともに感染から回復した後、かなりの時間がたっているとの見解。

坂本選手らはすぐ入院し、連日PCR検査をして陰性が確認でき次第、早期のチーム合流を目指すとのことです。ファンの心配は、2人の体調や巨人の今後とともに「プロ野球開幕は大丈夫なのか?」という点です。

これについて日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は、2人とも感染から回復し時間がたっているとする専門家の見解などを踏まえ「このような内容なら影響はないと現時点では考えている」と述べ、予定通り練習試合も公式戦も行う考えを示しています。

ただ問題は、今回の2人以外に巨人選手で陽性者が出たり、他の球団でも出るような事態になった場合どうするのかという点。やっとこぎつけた今シーズンを前に、ファンは「中断してしまうのか」「19日前なら延期もあり得る」など心配しているようです。

ひまり
球団は2週間前からの2人の行動確認をしたところ、2人とも1度知人らと食事をした以外、外食も夜の外出も一切していないとか。感染経路が分からないタイプなのかしら…
坂本、大城選手は体調には全く問題ないという。早期に陰性が続けば19日の開幕スタメンに間に合うともいわれているな
れん

巨人PCR検査の結果は?

プロ野球開幕への影響は大丈夫なのか懸念される、巨人主力選手のPCR検査の結果陽性。さらに心配なのは坂本選手らの濃厚接触者や他の選手に感染者はいないのか、です。

球団は坂本選手らと「1m以内で15分以上会話をした」者を中心に〝濃厚接触〟とみられる26名を3日中にPCR検査。これ以外の原監督はじめとする1軍メンバー、スタッフなども4日にPCR検査を受けたとのことです。その結果巨人は、坂本・大城選手と、濃厚接触者と判断された26人全員が陰性だったと発表しました。

4日に検査を受けた選手・スタッフらは5日に結果が出るとみられますが、巨人によると全員抗体検査では陰性のため、その後感染していない限りはPCR検査も陰性が濃厚のようです。坂本・大城選手はまもなく退院し、練習などを再開する見込みで、球団は「(5日のヤクルト戦など)予定通りのスケジュールで開幕に向けて動いていく」としています。

巨人や西武によると、保健所とも協議した結果西武には濃厚接触者はいなかったと。森捕手や各打者、主審は違ったのか…
れん

巨人PCR検査へのネットの反応

まさかの主力2人…びっくりです。今年は開幕できなかったとしてもしかたないと思っています…
これでまた開幕延期になったら悲しすぎる。さらに西武の選手にまで拡がっていないことを祈ります
今日判明した東京の12人に入ってるの?このお二人が入るって凄い確率……
バッテリーを組んで同じボールを触り合った菅野。打席に立ったとき近くにいた森友哉。日本を背負う侍JAPANが濃厚接触者!
スタメンもスタメン、さらに去年のMVPが感染か。なぜかわからないけど、コロナ感染って有名どころがいきなり感染してる印象がある

出典:ヤフコメ欄

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • プロ野球開幕直前、巨人の主力・坂本、大城選手がコロナ陽性に!
  • PCR検査では陰性。濃厚接触の26人も陰性で球団は「予定通り試合」
  • 他球団に拡大し発症者が出た場合開幕可能?ファンには懸念の声

巨人側は「無症状でも検査するこうした形が、試合を継続していくための先鞭になるのでは」と指摘。専門家にも「新しい検査の形だ」評価する声があり、同じ考え方でNPBも開幕は予定通りと強調しますが、感染防止の観点からは懸念も聞かれます。

NPBなどは「無症状の陽性者が陰性になれば、長期の隔離は必要なく、すぐに試合復帰できる」という見方ですが、PCR検査は本来陽性なのに陰性と判定される「偽陰性」が一定数生じ、一度陰性となってから再び陽性となるケースも続出。無症状の感染者が気付かないうちに感染を広める危険性も指摘されています。

巨人に対しては「抗体検査結果が出た時点でなぜ2人を休ませなかったのか」との批判も出ている様子。先に開幕した台湾プロ野球は感染者が出た場合シーズンを中断する方針で、今後また感染者が出た際のNPBの対応が注目されそうです。

-東京オリンピックの年のスポーツ, 東京オリンピックの年のパニック

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.