東京オリンピックの年のスポーツ

ドラフト会議2020注目選手3選!どこにいくか予想も

今年のNPB(プロ野球)・ドラフト会議2020が今月26日に迫ってきました。コロナ禍のため、ドラフト史上初の異例の経過や態勢となるNPBドラフト会議2020。

今年の注目選手は誰なのでしょうか。特に話題の3人を選ぶとともに、どの球団が指名し交渉権を獲得しそうなのかも予想してみました。(出典:Wikipedia、各スポーツメディアなど)

今年はセはともかく、パは優勝争いまっただ中の開催!監督は考えること多くて大変そうね…
ひまり

ドラフト会議2020注目選手3選

NPBドラフト会議は例年レギュラーシーズン後、日本シリーズ直前に行われるのが通例で、今年も当初は11月5日の予定でした。ところがコロナ禍で開幕が6月に延期。日本シリーズも11月後半にずれ込み、生徒・学生の進路事情に配慮して前倒しされることに。「シーズン最中だが、試合がないのが10月26日だった」(NPB)との理由でこの日が選ばれました。

高校野球や大学野球も変則開催になるなど、球団のスカウティングも選手側のアピールも色々ハンディが多い中、今年も「運命の1日」がやって来ます。ではドラフト会議2020の注目選手は誰なのか。上位指名が集まりそうな今年の最大の「目玉選手」をズバリ3人予想してみました。

佐藤輝明

佐藤輝明選手近畿大4年でチームの主砲。関西学生リーグでは、巨人などで活躍したOB二岡智宏・現巨人3軍監督が持つ13本のリーグ通算本塁打記録に迫る成績です。恵まれた体格の左のスラッガーで、内外野を守れる器用さや俊足も持ち味。

兵庫・仁川学院高時代は甲子園出場もなく無名の存在でしたが、地道な練習を重ね近大に入ると1年生の春から中軸を担い、大学日本代表にも選出されるなど才能を開花。ドラフトでは「野手の筆頭格」で複数球団の1位指名も予想されます。

れん
掛布サンが「佐藤君が入れば巨人は独走になる!サードなら阪神にも欲しい」とラブコールしてたな

早川隆久

早大4年の早川隆久投手即戦力左腕とプロ大注目の逸材です。千葉県出身で、木更津総合高時代は甲子園でベスト8に進出するなど、当時は”関東左腕四天王”の一角とも呼ばれました。

U18日本代表にも選ばれながら進学を選び、東京六大学でさらに成長。特に4年時には春秋のシーズン合計で52奪三振、四球3と抜群の威力と制球力を発揮。力みのないフォームから投げる150km前後の速球、140km近いカットボール、ツーシームは「(広島で活躍中のルーキー)森下暢仁の大学時代をしのぐ」とも言われます。

早大出身左腕といえば、ソフトバンクにMLBでも活躍した和田投手や大竹投手がいるわね!先輩に肩を並べるかしら
ひまり

高橋宏斗

高校生で筆頭に挙がる一人が中京大中京(愛知)の高橋宏斗投手。最速154kmを誇る右の本格派で、8月の2020年甲子園交流試合では10回を投げ11奪三振3失点と好投しました。明治神宮大会優勝投手でもあり、大舞台での度胸の良さもプロスカウトの耳目を集めます。

当初は慶大進学を希望していましたが、合格を果たせずプロ志望に切り替えたことから、一気にドラフト会議2020の目玉に躍り出た格好です。

れん
このほかにも、社会人ではトヨタ自動車の栗林良吏投手、高校生では明石商業の中森俊介投手、同校の来田涼斗野手福岡大大濠高の山下舜平大投手ら指名上位候補だな!

注目3選手がどこにいくか予想

いよいよ今年も26日に迫ってきたプロ野球のドラフト会議2020。注目選手の中でもとりわけ関心が集まりそうな3選手をご紹介しましたが、ではこの3人、実際にどの球団に行きそうなのでしょうか。各球団の1位指名予想から、何球団が指名しそうなのかも探ってみました。

まず近大の佐藤選手の1位指名が確実視されるのは、巨人と阪神。巨人はドラフト会議2020では即戦力候補の大学、社会人の野手を1位指名する方針を決めており、既に佐藤選手とも面談し「最高の評価」を伝達。阪神も地元のスター候補として獲得に乗り出す見通しです。このほかオリックス、日ハム、楽天、広島なども1位候補に検討しているといわれ、場合によっては5、6球団競合の可能性もあります。

早大の早川投手も、プロでも数が少なく貴重な「即戦力左腕」として多くの球団が食指。特に出身地である千葉ロッテはほぼ1位指名が確実とみられます。このほかにもヤクルト、ソフトバンク、横浜、西武なども指名を検討しているとされ、こちらも複数球団競合の可能性が高そうです。

中京大中京の高橋投手もかなりの球団が1位指名候補に挙げています。地元中日を筆頭に、西武、ソフトバンク、楽天、広島などが検討している模様。果たしてこの3人、恒例の「第一回選択希望選手…」のアナウンスとモニターに何回登場するでしょうか。

地元球団が第一希望なら、佐藤→阪神、早川→ロッテ、高橋→中日がベストってことになるけど…さてくじ引きの神様はどこにほほ笑むかしら
ひまり
れん
あと上位指名じゃないかもしれないけど、注目したいのはMLB帰りの田澤純一投手!「田澤ルール撤廃」で指名があるかどうか。34歳ベテランのNPBマウンド、見てみたいなww

ドラフト会議2020注目選手へのネットの反応

かなり個人的1位指名予想!ソフトバンク 井上朋也外野手(花咲徳栄)、千葉ロッテ 早川隆久投手(早大)…
佐藤輝、早川に指名が集まりそうだったところに進学濃厚だと思われていた高橋がプロ志望届を提出して一気に賑やかになってきた!
TJ手術で社会人に進む予定だった山崎までプロ志望 果たしてどうなることか
紹介された選手達全員が指名されますように…
各球団個室って、今年は監督の入場シーンがないってことですよね

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 26日に今年のNPBドラフト会議2020迫る。無観客、半リモートの異例形式
  • 注目3選手は近大・佐藤野手、早大・早川投手、中京大中京高・高橋投手
  • 3人とも1位競合指名が確実。このほかMLB帰りの田澤の指名なるかも注目

今年のドラフト会議はコロナ感染防止対策のため、例年通り12球団が一堂に会して指名を進めるのではなく、球団ごとに換気ができる個室を用意して分かれて待機し、モニターでつなぐ方式で行われます。

1位指名が重複した場合の抽選は、別途準備する抽選用の部屋へ監督らが移動して行うそうです。「半リアル、半リモート」という何とも異例なスタイルですね。

もちろん無観客での開催。ただ主催者はファンサービスのため、オンラインで観覧できる「SPECIAL ONLINE SEAT」を実施。抽選で1000人、リモート会議システムでドラフトの模様を間近で見られる企画を行うとのことです。

れん
TBSの地上波テレビ中継は例年通り。Paraviは最終巡の指名まで完全中継らしい!

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.