東京オリンピックの年のパニック

原油先物がマイナスになった2つの理由と海外の反応「私たちが知ってる世界は終わりです」「株価はなぜ影響限定なの?冗談でしょ」

2020年4月20日にWTI原油価格5月限が人類史上初のマイナスになりました。
筆者も違う商品を長期投資していますが、「0以下の数字はない」という前提でかなり安全運用しているものは
含み損が大きくなる時期があっても、長期的に利益が出るので、そうしていましたが
まさかの「0以下がある」という事実を突きつけられて戸惑っています。

原油先物がマイナスになった2つの理由と海外の反応をシェアします。

ありえないことが起こり続ける...。嘆くだけじゃなくてどうにかしなくては
れん
ひまり
っても、「5月限」の話だからね。5月限じゃないものは普通に20ドル前後だからそこらへん誤解なく!

原油先物がマイナスになった2つの理由

まさかの原油先物のマイナス。
衝撃的なニュースが続く中で、筆者の中でも今までの経済ショックの中でも特に一生忘れないのではないかという衝撃であります。
※詳細を語ると複雑になりすぎるので、初心者向けの分かりやすい簡単な解説となります。

しかし、これはマイナスとまではいかなくとも、急落「予想」はされていました。
というのも、昨日の時点で一部のFX証券会社から「マーケットのリスクが急拡大しています」「ロスカットする事態が発生する可能性があります」との通達が来ていて、金融関係の人は原油大暴落を予想していたのだと思います。

でもなぜか「原油が」とは書いてなかったな―
れん

原油急落の理由は2つ。

5月現物渡しの締日が本日

コロナのこの現状で世界中で外出自粛状態で、原油が使われないのは目に見えている状態の中、
5月現物渡しの締日が今日なのですが、決済しないと現物が手元にやってくるわけであります。
しかし、クッシングのタンクは満タン。

すでに満タン回避のため産業廃棄物と化してる状態であることも言われています。

無理やり入れればパンクして大変なことになりますので、洋上保管などわざわざ「保管」をすることとなります。
それはかなりのコストがかかるため、買い手が「お金を払ってでも引き取らないことを選択した」結果が「マイナス」なのです。

伏線となってしまった遅すぎたWITの合意

OPECとロシアの減産交渉が決裂していたことで元々原油価格は4月に入ってかなり下がっていました。
しかし、トランプ大統領の介入で話し合いの場が持たれ先週の木曜当たりで、ギリギリの減産合意が取れました。

普通は合意されたら、原油はあがるものですが、そこでさらに売られました。

この合意が遅すぎた影響も今回に関係しています。

ひまり
まあ、一言で言えばコロナで誰も使わなくなった影響が波及して、って理解でいいのかしらん。
しかし、今まで原油価格と連動していたかのように見えた新興国系の為替は先週あたりから連動しなくなって今回も大して下げなかった。為替への影響は限定てきなのか、それともこれからなのか
れん

原油価格マイナスに海外の反応は?

資本主義社会の終わり。多くのジャガイモと野菜を植えます
これは一生に一度の機会かもしれません。世界はその黒い液体の金に依存するだけ
四半期の収益が収まるまで、株価は今後10日間は下落し続けます
石油は非常にネガティブだったので、(空売りし続け)3か月以内に79,000ドルの利益を上げていますw
航空会社にとってはいいニュースなのでは??
私たちが知っている世界の終わりです。私は気分が良いです。

世界が崩壊している間、株式市場は上昇しています!冗談でしょ?

出典:twitter

まとめ

アラブ原油との違いなど細かい話はいろいろとあるのですがザックリとまとめると上記のようなことになります。

要約すると...

  • 原油がマイナスになった理由は、本日が現物渡しの締日であったから、買い手がお金を払ってでも引き取らないことを選択したため
  • 根本はやはり新型コロナウイルスで原油の需要が究極的に下がったから
  • 今回の伏線としてOPECとロシアの減産合意が遅かったこともある
ひまり
世界恐慌以来の不況。預金封鎖とかあるのかしら...。仮想通貨が復活したりしてね

-東京オリンピックの年のパニック

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.