激動の2020年21年を記録

オリンピック後の世界

東京オリンピックの年のスポーツ

奥原希望のアザは何か?有力説はマイケルフェルプスがやっていたアレ!その効果をシェア

2021年7月の東京五輪、バドミントンの奥原希望選手を応援していたのですが、右肩から腕にかけてアザのようなものがあって心配になったのは私だけではないのでは?

変なことを想像したりもしましたが、もしかしてマイケルフェルプスの時にはやったあれかな?とも。

憶測となりますが、説をいくつか挙げてみました。

ひまり
アザはねえ。余計な心配してしまうよねー。私もアレだとは思う

奥原希望のアザは何か?

奥原希望のアザは何か?気になります。

本人のSNSを中心に情報を調べてみました。

ツイッター見ると2019年にも「気になった」という人いますね。

しかし、本人が、「こうです」とは言っていません。

過去に右ひざ治療したのは有名ですが、右肩・腕も治療をするといったニュースもありましたが
もちろん具体的にどうしたかということは報じられていません

有力な説はイアン・ソープの時に話題になった「吸玉カッピング」です。

吸玉カッピングとは?

断言はできませんが、おそらくカッピング。

一部では「怪しい療法」とささやかれることもあるのですが
論文では、その有効性がまあまあ言われています。

わかりやすく知識を羅列

・カッピングは中国の伝統療法
・ガラス製のカップを熱で真空状態にして、そのなかに肌を吸い上げる
・カップの吸引で血行がよくなり、老廃物を取り除いてくれる
・カッピングは帯状疱疹の痛みに効くという論文データ(1)
・ニキビや首の痛みに効くという論文データ(2)
・頭痛や腰痛に効くという論文データ(3)

引用データ:
1:https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21280462/
2:https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0031793
3:https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2095754814000040

ただ、論文データはそこまで信頼性が高いものではないので「誰にでも確実に!」というわけではありません。
マイケルフェルプスが愛用していたのは事実です。

ひまり
個人的に思うのは「個人が効く!」と思い込んでいるのはプラセボ効果も後押しして確実に効く。ハッキリいってどの論文見てもプラセボ群がわずかでもプラスになってるから「薬の副作用怖いから、思い込みで直しちまえばいいじゃん!」って思うこと多い。

カッピングに関するSNS

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© オリンピック後の世界 , 2021 All Rights Reserved.