東京オリンピックの年のスポーツ

聖火リレー日本も中止しろの声も!俳優や芸能人への心配も「ギリシャとは違う」

オリンピック東京2020の聖火リレーがいよいよ26日、福島県から始まります。47都道府県を駆け抜け、7月に開催地・東京に到着する聖火リレー。

著名人ランナーも多く登場する五輪の目玉イベントですが、採火式が行われたギリシャでは観衆が集まりすぎて急きょ中止。東京五輪自体も延期するか今後一カ月の検討に入りました。

現時点では予定通りとされる聖火リレーも、ネットでは「日本でも中止すべき」の声も。スタート間近の国内聖火リレーは本当にできるのか、探りました。

ひまり
到着初日から強風で聖火が消えたり、挨拶で組織委会長が「宮城」を「宮崎」と言い間違えたり……前途多難ね…

聖火リレー日本も中止しろの声も!俳優・芸能人への心配

ギリシャで採火して日本に特別機で空輸し、このほど宮城県に到着した東京五輪2020の聖火。これを全国津々浦々に運ぶ聖火リレーは、26日に福島県の「Jヴィレッジ」をスタートし、全国46道府県を回った後7月に開催地の東京都に入ります。

聖火リレーのランナーは総勢1万人。この中には俳優、タレントら芸能人、スポーツ選手などの著名人も多く含まれます。コースの各地域にゆかりある人が選ばれており、沿道の観衆とともに大会ムードを盛り上げようというのが狙いです。

これまで発表されている著名人ランナーの例は、3、4月の一部ルートだけでも次の通りです。

直近に予定される2020聖火リレーの著名人ランナー例

【福島県】なでしこジャパン元選手(鮫島彩、丸山桂里奈ら)、大迫傑(東京五輪マラソン代表)、香川照之、窪田正孝(俳優)、TOKIO(アイドルグループ)

【栃木県】田村優(ラグビー日本代表)、勝俣州和(タレント)、U字工事(漫才師)

【群馬県】中山秀征(タレント)、堀江翔太(ラグビー日本代表)

【長野県】伊藤みどり(五輪メダリスト)、小平奈緒(五輪メダリスト・選手)、峰竜太(タレント)

【岐阜県】伊藤英明、鈴木ちなみ、竹下景子(タレント・俳優)

【愛知県】田村淳(タレント)、宇野昌磨(五輪メダリスト・選手)、松井玲奈(アイドル)

【三重県】瀬古利彦、浅尾美和(元五輪選手)、磯野貴理子(タレント)

【大阪府】片岡愛之助(俳優)、ハイヒールリンゴ、森脇健児(お笑い芸人)

丸山さんらはなでしこW杯優勝メンバーの当時東電所属だったし、TOKIOはTV番組の「DASH村」で福島と縁が深いからな!
れん

こうした豪華著名人ランナーがリレーすることで、沿道にも大勢の観客が集まり、さながら「パレード」のように地域をお祭りムードで盛り上げ五輪の機運を高めようというのが、そもそもの聖火リレー2020の趣旨。

ところが折からの新型コロナウイルスの感染拡大で情勢は全く変わってしまいました。政府は大規模イベント自粛を要請し、人が密集し会話するような「クラスター」を徹底して避けるよう求めています。

沿道に集まって声援を送る聖火リレーはまさにこの「クラスター状態」になる恐れが。このため東京五輪組織委員会は

・毎日の出発・ゴール地点で行う式典規模を縮小し無観客
・体調不良の人は沿道で応援しないよう呼び掛け
・ランナーは事前検温しマスク着用可
・観衆が集まり過ぎた場合、ランナーを差し替える

などの対策を講じて実施するとしています。ただ大会機運の醸成や協賛スポンサーへの配慮もあり「応援全面自粛」にはできず、どうなれば中止するのかなどの基準はあいまい。

世界的に感染爆発が止まらず、各国で外出禁止などの厳しい措置がとられる中、ネットでは「日本でも聖火リレーは中止すべきだ」との声もあるようです。

ギリシャとは違うの声も

聖火リレーは日本に来る前から早くも「新型コロナ」に絡んでトラブルが発生しています。ギリシャのオリンピア遺跡で今月12日、歴史に則って荘厳に行われた採火式。翌日から地元では聖火リレーが行われる予定でしたが、わずか1日で中止に。原因は観衆が押し寄せすぎたためでした。

聖火リレーでは映画「300(スリーハンドレッド)」で主役のスパルタ王レオニダスを演じた俳優ジェラルド・バトラーさんがランナーを務めたものの、映画の舞台スパルタの地をその主役が走るとあって、事前想定をを上回る観客が殺到。ギリシャでも学校休校などの外出規制をしているさ中でもあり、感染防止のためやむを得ずリレーは初日で中止されました。

ただ日本の関係者の中には「日本はギリシャとは違う」との見方も。ギリシャ五輪委員会は「祝祭に来たい人を止めるのは難しい」と、聖火リレーで事前の対策を十分に講じてなかったようで、見通しが甘過ぎたといえます。

日本ではパレード警備などの経験や実績も十分なため「ギリシャのような混乱は起きない」とする声もあります。しかしリレー前に行われた仙台市での「復興の聖火展示」では予想以上の長蛇の列。主催者は列の間隔を空けたり、聖火の前で止まらないように促すなど対応に追われていました。

リレーでもどれほどの群衆が集まるか想定は難しく、各地自体は、始まった時点の状況に応じて臨機応変に対応するしかないといえそうです。

れん
人を集めたいから著名人が走るんだし、それで「あまり来ないで」ってのも…自己矛盾感が否めんなー

聖火リレー中止の方がいい?ネットの反応

日本が錯乱状態としか思えない。聖火リレーが感染を広げるのは火を見るより明らか。即刻中止すべき
一生に一度見れるかどうかだから観たい人も多いよね。やる前からこうなることは想定できただろうに…
「聖火の展示」が混雑したからと言って聖火リレーを中止せよというのは短絡的な発想
五輪を楽しめないならいっそ中止したほうが良い。中途半端が1番モヤモヤする
小規模なイベントまで中止要請する政府が聖火リレーだけ別扱いは非常識

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 26日スタートの東京五輪聖火リレーは著名人ランナーが続々登場
  • 福島では元なでしこ、大迫傑やTOKIO。他にもタレント・俳優多数
  • ギリシャでは俳優に群衆殺到し中止に。日本でも中止求める声も

数多の先人達の思いを乗せ、半世紀以上を経て日本にやってきた夏季五輪の聖火。巨額のお金と労力を投じた長年の準備が報われるいよいよ第一歩だけに、聖火リレーを何とか予定通り実施したいという関係者の思いは分かります。

ただ新型感染症爆発はもはや「大地震」「戦争」に匹敵する不慮の〝世界的大災害〟。IOCもついに「延期検討」へ重い腰を上げ、事ここに至っては聖火リレーを強行してもそれ自体無駄に終わる恐れが。今後の見通しはまったく不透明になっています。

IOCは「4週間以内に結論」って言うけど、遅すぎないか??皆の心配や混乱を長引かせないためにも、責任者は早急に決断すべきだろ!
れん

関連


この記事を見ている人は以下の記事も見ています

藤井アナの名言集を作ってみた「救われた」「心に染みるマジで」の声


-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.