東京オリンピックの年の政治

オンライン診療でコロナ診てくれるアプリ一覧を調べてみた!導入した医療機関の数は?

厚生労働省が特例を認め、初診から電話やオンラインで受診できるようになりました。
コロナ感染拡大のため、画面で対話しながらオンライン診察してもらうことを想定し、主に、スマホに導入できるアプリ一覧を調べて、導入している医療機関を検索ました。

さらに、患者の立場に立って、オンライン診療の手順とそのメリットをまとめてみました

ひまり
期待できるのかしら?

コロナ感染を防止して、オンライン診療してもらう手順とそのメリットとは

コロナ感染を防ぎつつ、オンライン診療してもらう手順とそのメリットを見てゆきます。

オンライン診療のメリット

・.新型コロナの感染拡大はコロナ以外の病気で受診に来た患者が院内感染するのを防ぐ。
・新型コロナの感染の可能性のある患者が、あらかじめオンライン診察で、相談することにより、自宅療養で済みそうだとか。逆に医療機関に直接行った方がいいとか振り分けることによって、医療従事者に感染が広がって、医療崩壊となるのを防ぐのに役立つ。
・持病のある人がコロナ感染を恐れて、病院に行くのをためらい、悪化させることを防止する。
・事前にアプリ上で診察を受けたい日時を指定しておけば、病院の待合室で待つ必要がなく、待ち時間ゼロで診察を始められます。
・仕事の合間でも診察が受けられる
・インターネット環境さえあれば、自宅や外出先などどこでも診察が受けられる。
・通院時間と交通費がかからない。
・薬・処方箋が自宅に届くので、待ち時間などの必要がない。

では、スマホなどを使って、実際に活用しようと思えば、具体的にどうすれば良いのでしょう。

オンライン診療を受診の手順

・まず近くのクリニックやかかりつけ医に電話でその病院がオンライン診療に対応できるか尋ねる。
・なければ、後に述べるオンライン診療運営会社のサイトから、近くのクリニックを検索した後に、電話で確認する。
・該当クリニックで確認できれば、スマホで、そこで使用しているアプリをインストールする
・その後、アプリを使って、予約・問診・診察・処方・決済までをインターネット上で行う。 処方された薬は配送業者が自宅まで届けてくれるシステムとなっています。

今の時期にぴったりのシステムだ!
れん

オンライン診療のアプリ一覧

主要4アプリを紹介します。

アプリ名CLINICS(クリニクス)curon(クロン)ポケットドクターYaDoc (ヤードック)
運営会社
メドレーMICINオプティムインテグリティ・ヘルスケア
医療機関導入件数1,173件(2019年12月期)
1,700件(2019年末)約73件(2019年3月4日)1,900件(2019年5月)
サイトhttps://clinics.medley.life/https://curon.co/homehttps://www.pocketdoctor.jp/https://www.yadoc.jp/personal

試しに、どれくらいの医療機関で導入されているか実際に検索してみました。
CLINICS(クリニクス)
https://clinics.medley.life/

都会の東京都と、地方を代表して静岡県の内科で検索された医療機関の数は以下です。
東京都  内科 100医療機関
静岡県  内科  15医療機関

curon(クロン)
https://curon.co/home
東京都 内科 71医療機関
静岡県 内科  2医療機関

ポケットドクター(診療科の選択はできません)
https://www.pocketdoctor.jp/
東京都  20医療機関
静岡県  0

まだまだこれからという感じで、どこでもオンライン診察ができるとはなっていません

とりあえず、電話でも診察できるはずですので、どの程度可能なのか近くの医院に問い合わせるのが良いでしょう。

なお、厚生労働省がオンライン受け入れる医療機関を4月20日以降にネットで発表する予定となっているようです。

ひまり
まず問い合わせね

オンライン診療のネットの反応

オンライン診療で、診れる病気の範囲や処方の手順、支払い方法など、平時の時に病院側も患者側もシミュレーション出来ていれば、パンデミックで医療が混乱に陥っても、スムーズに移行出来たのに…
病院に行かなくても先生と直接話が聞けるのは良いことだと思う。現場の負担も減るのは間違いない。でもまさか、コロナで注目を浴びるとは思わなかったが。まぁ、やっと待っていた未来がやってきたって感じだ。
導入が進まないのは中高年スタッフ&還暦近い医者の多い開業医は 機械が苦手世代、スマホすら持ってない人もいる
まだ様々な課題があるようだが、患者にとっても、医者や看護師にとっても、感染を防げるので、ぜひ、広めて欲しい。
オンラインであれば、今、それほど感染者がいない地域の医者が、逼迫して地域の患者を診ることも可能になり、負担軽減につながると思う。

複数の診療科に数十年来通院している患者です。
オンライイン診療は 絶対 利用しない。
自己防衛です。感染よりも 誤診の方が 何倍も怖い。

出典:ヤフコメ

期待の声もあるが、そう簡単ではなさそう
れん

まとめ

要約すると...

  • オンライン診療の主要4アプリ一覧を示しました。医療機関の導入件数は最大手のアプリで、東京都で255でした
  • オンライン診療には、患者側としてのコロナ感染防止を含め8つのメリットがある
  • もっと早くからやっていればとの声のほか、高齢化した開業医では、対応できず、導入が進まないや誤診が怖いとの患者の声も

コロナ感染を考えると、持病を持っていても、不要不急ではないとはいえ、できるだけ医療機関に行く頻度は少なくしたいと思います。

オンライン診療なら、自宅にいながら、診察、薬を受け取れるということで、現状ではベストの方法と思いましたが、実際受け付けてくれるところはまだまだそれほど多くはなさそうです。

当面の医療崩壊を防ぐのはもちろん、悪くすると、この状態が2年も続くという予想もある中、この機会にこれまでのシステムを大きく見直して、長期に渡って対応できる医療システム すべきと思えます。

ひまり
日本が一番感染爆発まで、時間を稼いでいるのに、なんかいつも後追いのような気がするのはなぜ?

-東京オリンピックの年の政治

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.