東京オリンピックの年のスポーツ

大谷翔平2020開幕戦の日本時間と放送はどこで見れる?二刀流を見逃すな!

コロナ禍と労使対立で長々と延期されてきた今季MLBが、ようやく現地23日(日本時間24日)に開幕します。1球団60試合と非常に短いシーズンですが、日本人選手の活躍が注目です。

中でも「世界の二刀流」大谷翔平選手(エンゼルス)の調子はどうなのでしょうか。開幕戦に出場するのかや初登板の日程、放送予定など「大谷翔平2020」のあれこれをまとめました。

例年の三分の一近くに短縮された今季。ポストシーズン的な一気のダッシュが必要になるかも!
ひまり

大谷翔平2020開幕戦の日本時間と放送

一昨年のトミージョン手術から精力的にリハビリを続けてきたエンゼルスの大谷翔平選手。打者専念だった昨季とは変わり、今季は投打の「二刀流」復活が期待されています。

7月に入り本拠地で紅白戦などの調整を続ける中、マドン監督は大谷選手を開幕から先発として起用することを明言。メジャー3年目の「二刀流」が確定しました。

さらにマドン監督は、大谷翔平選手が19日(日本時間20日)の本拠地紅白戦に登板すると公表しました。順当に中6日で調整するとすれば、「大谷翔平2020」の〝先発デビュー〟は開幕3戦目となる26日(日本時間27日)の敵地オークランドでのアスレチックス戦となる見通しです。

なおアスレチックスとの日本時間25日の開幕戦には、エンゼルスではヒーニー投手が先発することが決まっています。大谷選手は早速二刀流を発揮し、開幕戦には指名打者で出場する可能性があるとみられています。

では「大谷翔平2020」の日本での放送予定はどうなっているでしょうか。17日時点では、衛星放送スカパー!の「J SPORTS」チャンネルでは番組表にMLB中継の予定が掲載されていますが、カード内容は未定。またインターネットのスポーツメディア「DAZN」ではまだ発表自体がないようです。

昨季までの放送実績に定評あるスカパーやDAZNだけに、ぜひ「大谷翔平2020」のライブ放送も期待したいところです。

ひまり
例年だとNHKのBSやたまに地上波でも中継が入ることが!何とか大谷サンを生で見たいよ!

View this post on Instagram

Throwback to AZ spring training

A post shared by Shohei Ohtani | 大谷翔平 (@shoheiohtani) on

どうやらDAZNはMLBを放送しないようだ。大丈夫なのかDAZNの経営は...
れん

大谷翔平2020年の調子は?

メジャー一年目以来の二刀流で迎える「大谷翔平2020」。打者での開幕戦は日本時間の25日、投手での開幕戦は同27日のいずれも対アスレチックス戦が有力視されています。

では肝心の、3年目となる大谷翔平選手の調子はどうなのでしょうか。メディアや解説者の間からは期待と不安両方の声が上がっているようです。

まず打者では、紅白戦でいきなり豪快な一発を披露。開幕投手に決まっている左腕ヒーニー投手との対戦で、打球はバックスクリーンの左、岩を模したオブジェに向かってぐんぐん伸び、トラウト中堅手が懸命に伸ばしたグラブも届かずスタンドへ

今春のオープン戦を通じても今季初の本塁打となったほか、この日の2打席目では右前打を放ちチャンスメークも。メディアでは「右足を上げるフォームなどで試行錯誤していたオープン戦では三振ばかりが目立ったが、本来の姿が戻ってきた」と評価する見方が多いようです。

一方、問題なのは肘のリハビリ具合が気になるピッチングです。最初の紅白戦では打者10人に7四球、アウト一つだけという大乱調。2度目の紅白戦では、打者15人に64球を投じ、2安打1三振5四死球でしたが、やはりまだ制球の不安定さが目立つ内容でした。

マドン監督は「全体には前進している」というものの、解説者の中には「これが本当にあの大谷なのか」と厳しい論調も。「フォームは一球ごとにばらばら。イップスぽい」「野球人生で初めての挫折か」「先発はとても無理」など不安の声がかなり聞かれます。

本来5月ごろの復帰を目指してリハビリしていた上、マイナーが中止となり登板できなくなるなどプラン修正を余儀なくされたことが影響しているとの見方や、一時本人が腰の張りを訴えたのは「フォームの狂いが原因では」との指摘も。

試合数が少ないため修正期間もあまりない中でどれだけ100%に近づけられるか。本人も肘への不安は消せないはずで、次回紅白戦や日々の練習などを通じ、ベストに近い感覚を少しでも取り戻せるかが鍵となりそうです。

投手コーチによると、球速は94~96マイル(約151~154キロ)程度は出ていたそうだが…。今季ブレイク期待の若手アデルには痛烈な安打を浴びてたし……時間が足りないかな?
れん

大谷翔平開幕戦で二刀流にネットの反応は?

「開幕二刀流」確定も、ノーコン病“発症”。自慢の打撃に悪影響の可能性が…
そろそろ新3大日本の天才シリーズ藤井聡太、大谷翔平、久保建英で決まりそうやな
前より肘への負担が少ないフォームのようだが、球速には影響あるのかな
日ハムの試合が面白くないので、彼の試合を早く見たい
私も大谷翔平になりたかったな…

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 二刀流となる3年目の大谷翔平。開幕戦は指名打者、3試合目に先発か
  • 紅白戦では本塁打を豪快に放つも、投手では四球多く制球難に不安の声
  • スカパー!やDAZNなどでの「大谷翔平2020ライブ中継」に期待高まる

今季のエンゼルスは7月24日の開幕から9月27日の敵地ドジャース戦まで、66日間で60試合を戦います。そして大谷投手の登板は「毎週日曜日」が有力視されているようです。

日曜日に先発登板すると、大谷選手の場合登板前日の土曜日と登板翌日の月曜日が休養日となります。火曜から金曜日までの4試合には打者として出場する見通しです。

「私たちはできるだけ大谷の出場機会を増やせるように調整するつもりだ」とエンゼルスのエプラーGMは語っており、このスケジュール通りなら、今季の大谷選手は先発投手として最大10試合登板、打者としては最大34試合に出場可能となりそうです。

れん
昔ロッテの村田兆治さんも毎日曜登板だったから「サンデー兆治」って呼ばれてたっけ…

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.