東京オリンピックの年のスポーツ

ルーク・リトル投手の経歴(キャリア)は?動画も集めてみた【人類最速目前】

コロナ禍のため、いまだ今シーズン開幕ができないMLB。日米の野球ファンには何とも寂しい2020年ですが、そんな折、Twitterに投稿された驚愕の動画が全米と全世界で話題になっています。

まだ19歳の短大アマチュア投手が、何と「人類最速目前」となる169km/hの球速を記録したのです!その名はルーク・リトル投手

ルーク・リトル投手の経歴は?大谷翔平投手らバリバリのメジャーリーガーも凌ぐその驚愕動画とは?ルーク・リトル投手の将来性に迫ってみました。

ひまり
うわぁーー!アメリカにも〝佐々木朗希〟君がいたってわけね!同い年だし、将来MLBで投げ合う日が楽しみ!!

ルーク・リトル投手の経歴(キャリア)は?

5月、とあるTwitter投稿が全米をざわめかせました。テキサス州サンジャッキント短期大学(ジュニアカレッジ)のルーク・リトル投手が室内ブルペンで投げた直球が、105マイル(169km/h)を計測した動画です。リトル投手の剛腕ぶりは最近ファンの間で話題になっており、この2週間に投稿された動画は102、103マイルと徐々にスピードアップ。そしてついに105マイルにまで到達したわけです。

これまでの「人類最速球」とされるのは、NYヤンキースの名クローザー、チャップマン投手と、新進気鋭の剛腕ヒックス投手(カージナルス)が記録した105.1マイル(169.1km/h)。リトル投手はあとわずか0.1㌔まで迫ったわけです。

我らが大谷君だって持っている日本記録が103マイル。MLBではまだここまで出てないからな…。末恐ろしい若者が出てきたなあ!
れん

ではそんなルーク・リトル投手の経歴をチェックしてみましょう。米球界の有望新人を紹介するサイト(「Baseball Prospect Journal」)によれば、リトル投手は米ノースカロライナ州生まれで、現在はテキサス州サンジャッキント短期大学(ジュニアカレッジ)2年生の19歳

新入生だった2019年は、左腕の先発およびリリーフ投手として、大学の試合で35回1/3イニングを投げ、69奪三振、36四球、防御率2.04と上々の成績を残しました。今季はコロナ禍のため途中でシーズン中断を余儀なくされていますが、ここまで防御率は2.0とやはり安定しています。

持っている球種は4シームのファストボール、スライダー、シンカー、チェンジアップ、カーブと多彩。特に速球は一番の武器であり、ブルペンから常時97~99マイルを計測するそうです。

大学の新人投手が、9イニングあたり平均17.58という奪三振率を記録するのは傑出した数字。リトル投手は先発にこだわりがあるようで、「私がどれだけ優れているかを見てもらい、プロとしてプレーする機会を与えてくれることを願っています」とMLBドラフト上位指名に期待を示しているそうです。

ルーク・リトル投手の動画を集めてみた

経歴をご紹介したように、元々の才能に加えての「世界一レベルの剛速球」に、全米ファンや関係者をざわめかせているルーク・リトル投手。自身の投稿動画だけでなく、リツイートされた動画も再生回数がぐんぐん増加

元インディアンスOBなども紹介して合計再生160万回超に達し、ブルワーズのイエリッチ外野手ら現役のトップメジャーリーガーも驚くなど、コロナに沈む「ストーブリーグ」の中で、米野球界を喜ばせるビックリニュースになっているようです。

160km台連発の超剛速球若手ピッチャーの出現だけに、今季MLBドラフトで目玉になるのは確実なルーク・リトル投手。その注目の動画を集めてみました。

■5月、室内ブルペンで驚異の169km/hを出した瞬間のリトル投手

■18年、高校時代のリトル投手の投球

■19年、短大の試合で投げるリトル投手

れん
米記事によると、2年生シーズン前にリトル君はフォーム改善に取り組んだらしい。いきなり球速が5マイルアップするなんて、その成果に違いないよね!

ルーク・リトル投手のネットの反応

投げ方がチャップマンそっくり。身体も190cm以上ありそうだけど、この投げ方はやっぱりスピードが出るらしい
チャップマンもそうだし人類最速は左腕なのか。これで右バッターのインコース膝下ついたら誰も打てん
170キロ行くのも時間の問題やな
19歳でキャッチャーも捕れない102マイルを投げ込んでいます!
ルーク、覚えとこっ!エグすぎ!

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • アマの米大学生投手が何と「人類最速目前」の169km/hの剛速球を計測!!
  • あのチャップマンらと0.1km差。160km台連発の規格外左腕と全米で話題
  • ドラフトの目玉だが、今年はコロナ禍で5巡目までに短縮。裾野縮小に懸念も

リトル投手、米球界には数少ない明るい話題です。というのも、現実のMLBではコロナ禍による減収の影響で、契約金抑制のため今年のドラフト会議が従来の最大40巡目から5巡目までに縮小される方向が決まっているからです。

MLBは毎年1500人近くが指名される「巨大ドラフト」として有名ですが、今年は150人ほどしか指名されないことになり、「球界の裾野が狭くなり実力にも影響しかねない」との懸念も聞こえます。

米メディアによれば、リトル投手は上位指名の見込みがある有望新人ですが、MLB機構によると、昨年メジャーでプレーした約1000選手のうち5巡目までに指名されたのは約600人。半数近くは6巡目以下の下位指名ながら最高峰の舞台までたどり着いた「アメリカンドリーム」。コロナ禍で選手が他競技に流れ、球界の水準低下につながるとすれば、中長期的にも世界の野球界にとってゆゆしき大問題になりかねません。

日本のNPBだって事情は同じ。今秋のドラフトはどうなるのかしら…コロナよ、若者の夢を壊さないでほしい!
ひまり

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.