東京オリンピックの年の経済

リモハラとは意味は?事例を具体的にあげてみた

コロナ禍でリモートワークの導入が広がる中で、上司とのコミュニケーションにストレスや不快と感じる部下はおよそ8割に上るというアンケート結果が出ました。

最近リモハラという言葉が広く使われるようになってきました。

リモハラとは?その意味を具体的な事例とともに解説し、原因や対策について考えました。

ひまり
新しい生活様式でも同じような問題は起こるのね

リモハラとは意味は?

リモハラとは?その意味を確認しておきましょう。

リモハラは、「リモートワーク」と、嫌がらせを意味する「ハラスメント」を組み合わせた「リモートワークハラスメント」を省略した言葉です。
「テレワーク」と「ハラスメント」からきた「テレハラ」と呼ぶ場合もあります。

その意味は、リモートワーク中に、ウェブカメラを通して見える相手の個人の室内、容姿、服装、生活の様子や、マイクを通して聞こえる相手や子どもなど同居人の生活音などの音に対して、否定的、威圧的、性的な言動を行うなどの嫌がらせを指します。

上司と部下で起こるのが典型的なケースです。

部下を必要以上に監視したり、報告を強要したりするなど過度なストレスを加える行為も含まれます。

パワハラ

パワハラというのは、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える行為を言います。

リモートワークでのパワハラには次のような場合があります。
・仕事をサボっていないか行動や時間の使い方についていちいちチェックする
・ビデオや音声をONにしておくよう要求する
・同居者の声や生活音などについて不快だと言う
・やたらとウェブ会議を求める
・オンライン飲み会をしつこく求める
・チャット上での言葉遣いがきついなど威圧的な言動をする
・業務以外の私的なことについて説教をする
・相手の通信インフラへの小言や私費での改善を要求する
・相手へ必要以上の報告を要求する

セクハラ

セクハラとういうのは、職場において行われる、相手の意に反する「性的な言動」に対する相手の対応により労働条件について不利益を受けたり、「性的な言動」により就業環境が害されることです。

職場とは、会社内だけではなく取引先や移動中の車内なども含まれますので、リモートワークは当然含まれます。

ウェッブ会議中に
・室内の様子を映すことを求める
・全身を映すことを求める
・容姿や体型やについて指摘する
・化粧の有無や服装について指摘する
・1対1でのオンライン飲み会に誘う
・SNSなどプライベートアカウントでの連絡を求められる

なぜ、リモートワークでこんな問題が出てくるのでしょうか?

その原因は?

・リモートワークによって、職場と自宅との境界がなくなっている
・オンライン会議の際、ウエッブカメラを通して相手の私生活が垣間見えるのが新鮮に見える
・対面よりも指示や確認などコミュニケーションが取りづらく、思ったように業務が進まなくなっている
・相手の行動に対する信頼感が低下している
・人との接触機会が減り、ストレスが蓄積している
・対面でないと、同僚の異性に何でも言える気になり、気軽にかつ大胆に発言してしまう

従って、リモハラを誘発しないために、例えば、映像の背景には私物を置かないようにするとか、相手の不安を先回りして取り除くために、積極的にこちらから情報を発信することも、大事だと考えられます。

自宅で仕事をするとストレス溜まる一方だ
れん

リモハラの具体的事例

「カメラオンにしろとか上司が言ってくる」
「仕事をサボっていないかいちいちチェックする」
「やたらとウェブ会議をやりたがる」
「チャット上での言葉遣いがきつい」
「上司が朝までリモート飲み会を開催(夜8時~朝5時)」
上司に部屋のこと聞かれて1Rロフト付き64,000円と答えたら、「もっと良いところに住みなよ。」と言われた。

「部屋で下着干してるの」
「部屋をもっと見せてよー」
「在宅で少し太ったんじゃない?」
「今日、すっぴんなの?」などとウェブ会議中に言われた。

男性社員から1対1のオンライン会議を要求され、「家での服装はいつもより派手だけど、そういう趣味なの?」や「飲み会ないからさ、ウェブで今度一緒に飲もうよ」などと言われた。

ひまり
ありえる話ばかりだわ!

リモハラに関するネットの反応

まぁ、部屋の内装気になるのもわかりますが、私生活覗かれてるみたいで嫌な人が多いのに部屋のことを話題にするのはアウトですよね。
テレビをつけるとリモハラ特集やっている。
内容はありがちだが……
これって録画すれば状況証拠全部揃うよな……
やはり、会社が変わっても個人が変わらなければ
ハラスメントはなくなりませんね嬉し泣き
コミュニケーション取る際は
最大限に注意が必要です
リモートワークの問題というよりも、パワハラ気質やセクハラ気質の問題がある上司が、より明らかになっただけ。
改善方法は、その上司を指導すること。

干す場所がないかもしれないけど
オンラインの時だけタオルで隠すなり
相手への配慮は必要かと。

出典:ヤフコメ

新しい生活には新しいルールが必要だ
れん

まとめ

要約すると...

  • リモハラとは、リモートワーク中に、ウェブカメラを通して見える相手の個人的な生活の様子や、マイクを通して聞こえる相手や同居人の生活音などの音に対して、否定的、威圧的、性的な言動を行うなどの嫌がらせのこと
  • 具体例として、勤務時間中にカメラや音声をONにしておくよう要求することや、室内の様子や全身を映すことを要求したり、SNSで個人的なつながりを求めることなどが挙げられる
  • 原因として、リモートワークによって、職場と自宅との境界がなくなっていることや、対面よりもコミュニケーションが取りづらくストレスが溜まっていることなどが挙げられる

セクハラ、パワハラの次はリモハラかとの声もありますが、コロナ禍で在宅勤務が広がるなか、リモートワーク特有のハラスメントが出現してきました。

確かに今まで、職場と自宅が空間的にも時間的にも区別されていたのがリモートで境界があいまいになり、戸惑いや新鮮さが手伝って、ついつい余計な言動をしてしまうのもしれません。
被害者も相手も、自粛生活でストレスが溜まっていることもあり、対面ではそれほどでなかったことも、問題になってしまうのでしょうか。

おそらく長期に渡るコロナとの戦いの中で、これも新しい生活様式の一面ととらえて、ルールを取り決めるなど根本的に解決を図ってゆく必要がありそうです。

ひまり
背景も化粧もバーチャルにしようと!

-東京オリンピックの年の経済

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.