東京オリンピックの年のスポーツ

橋本陸斗とはプレースタイルは?将来性や現在の評価をまとめてみた

2021年のサッカーJリーグが開幕しました。2月25日のJ1「神奈川ダービー」を皮切りに、同月27日にJ2、今月14日にはJ3と順次スタート。昨季はコロナ禍のため長期中断を余儀なくされたJリーグですが、2年ぶりに正常なシーズンを迎えました。

さてそのJ2開幕戦「東京ヴェルディ vs 愛媛FC」で、凄い少年がピッチに登場し話題となりました。東京ヴェルディ(東京V)のMF橋本陸斗選手です。橋本陸斗とは何か凄いのか。その経歴やプレースタイルを調べてみました。(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)

開幕節で東京Vは愛媛に3-0で快勝!3年ぶりに開幕白星スタートになったわねw
ひまり

橋本陸斗とはプレースタイルは?

東京Vの今季開幕試合。後半34分、J2の歴史が塗り替わる瞬間が訪れました。中学3年生の橋本陸斗選手が初出場を果たしたのです。この時橋本選手は15歳10か月と26日。これは07年に16歳2か月25日で出場した湘南のMF菊池大介選手を抜き、J2最年少記録となりました。

橋本君は前日、ユース所属選手がJ試合に出場できる「2種登録」をされたばかり。だいたい中学の卒業式まだじゃん!自分の中学時代を思えば想像を絶するよ…
れん

橋本陸斗選手のスピード出場は、J全体では、現ヘタフェの久保建英選手が持つJ3記録15歳5か月1日)、現パラグアイリーグの森本貴幸選手が持つJ1記録15歳10か月6日)に次ぐ、リーグ史上3番目の年少記録です。

初めてのJ2のピッチでは3トップの右で出場。後半36分には右サイドからの折り返しに飛び込み、ゴール前で左足を合わせるいきなりのシュートシーン。ボールはゴール左に外れ初ゴールとはならなかったものの、見せ場は十分つくれたトップチーム初プレーでした。

https://twitter.com/TokyoVerdySTAFF/status/1365134491639980033

早速才能の片鱗を見せた橋本選手。スポーツメディアによると、一言で表すなら「橋本陸斗とは左利きの鋭いドリブラー」。独特の間合いで懐の深いドリブルを繰り出し、すごいスピードで相手をあっという間に置去りにしてしまうプレースタイルが持ち味です。

東京Vの永井監督はかねて「J2の試合に出られるレベルに戦術理解を深めることが橋本の課題」だとしていましたが、能力と成長の早さを感じ前倒しでデビューを決めたようです。

れん
ちなみにJ最年少得点は久保建の15歳10か月11日(J3)。J1では森本の15歳11か月28日。橋本は森本の記録を破れるかな!

橋本陸斗の経歴と将来性

「橋本陸斗とはドリブルとスピード」と評される、将来を嘱望されるプレースタイルと才能の中学三年生・橋本陸斗選手。経歴を振り返ると、彼は東京都でバングラデシュ出身の父と日本人の母の間に生まれました。東京都東村山市の「F.C.Waragoma」から、小学4年で東京Vジュニア入り

U-16日本代表にも選ばれるなど頭角を現し、昨春、中学3年生ながら飛び級で東京Vユースに昇格。今月行われたトップチームの静岡キャンプにも参加し、J2デビューは時間の問題と思われていました。

中学生とは思えない冷静さと高い技術で、同世代では抜きん出た才能を持つ橋本陸斗選手。積極的プレーで今後につながるデビュー戦を経て、次節以降も大いに注目されそうです。まずは東京Vトップチームの環境下でもまれて成長し、ゴールを重ねてレギュラーを獲得するところからが、プロキャリアのスタートラインになるでしょう。

橋本さん自身、試合後は「世界のサッカー界では僕の年でトップ・オブ・トップでやっている選手ばかり。自分ももっと結果を残していかないと」と目標はあくまで高いみたい!
ひまり

橋本陸斗のネットの評価まとめ

森本貴幸を思い出させるほどのプレーでした。ゴールも決められるチャンスもあったので、次節以降期待です
17年ぶりのJ最年少ゴール記録更新なるか!15歳の橋本陸斗に高まる“森本越え”
中学3年とは思えない堂々としたプレーぶり&自分よりもかなり年上の大ベテランのシバをイジりつつ上手くコメントする所とか、本当に凄い!
大物感というか図太さみたいなのは橋本陸斗の方が上な気がする これから本当楽しみ
おじさん、一気にファンになってしまいました!

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 今季Jリーグ開幕。東京V橋本陸斗が愛媛戦でデビュー。J2最年少記録
  • シュート放つなど持ち味見せる。鋭いドリブルとスピードが武器のMF
  • 中3ながら飛び級でユース入りしU-16代表でも活躍。次節以降も注目

幼児の頃から世界の才能を見い出し育む、充実した選手育成制度が完備されている海外のプロサッカービッグクラブ。久保、森本、橋本各選手のように10代半ばからトップチームで躍動する「スターの卵」は珍しくないとされます。日本でも負けじと育成・発掘の裾野を広げることが一層重要になりそうです。

そんな中でいよいよデビューした若きスーパータレント橋本陸斗。先輩たちに倣って日本から欧州や南米の舞台へと順調にステップアップし、近い将来日本サッカーを牽引する存在になってほしいものです。

ひまり
なおプロ野球ではドラフト制度のない戦前に16歳4日で1軍出場した西沢道夫氏(中日など)が最年少記録。今も規定上は「義務教育後に契約」だから15歳も可能だけど、現実的にはあり得ない……

[/st-mybox]

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© オリンピック後の世界 , 2021 All Rights Reserved.