東京オリンピックの年のドラマ

seekerとは意味は?Novelbright新曲の歌詞にヒントある?【真犯人フラグ】

秋元康さんが企画・原案の新ドラマ『真犯人フラグ』。

大注目のドラマ『真犯人フラグ』
いよいよ放送が始まりましたね!『真犯人フラグ』は、原作なしの完全オリジナルということで考察ブーム再来なるかと期待されています。

今回は、ドラマ『真犯人フラグ』の主題歌『seeker』とはどんな意味かなどについて詳しく調べてみたのでシェアしていきます。

『真犯人フラグ』主題歌『seeker』はNovelbrightの新曲。Novelbrightの代表曲には『ランナーズハイ』や『Walking with you』などがあるよ!
ひまり

seekerとは意味は?

2021年10月10日より放送がスタートしているドラマ『真犯人フラグ』。

『真犯人フラグ』を盛り上げてくれる主題歌Novelbrightの『seeker』
主題歌すらもヒントになってくるかもしれない『真犯人フラグ 』
しっかりチェックしていく必要がありそうです!

一般的な意味

seekerとは一般的な意味は以下の通りです。

探求者、探し求める人、追求者、捜索者、捜索[追尾]装置

引用 ・英辞郎on the web:https://eow.alc.co.jp/

真犯人フラグでの意味は?

seekerの一般的な意味は、探求者ということで、真実と家族を探す凌介のことを歌ったタイトルのように思えます。
しかし、『curiosity seeker』で"やじ馬"という意味もあることから、不用意にフラグを立てている周囲の人たちを歌った曲なのかとも推測されますね。

れん
『seeker』は、「主人公・凌介に寄り添った楽曲にして頂けたら」とお願いし、かかれた曲だそうだよ!でも、裏の意味ある説を私は推したい!

seeker書き下ろしのコメント

『真犯人フラグ』の主題歌『seeker』について、Novelbrightのボーカル・竹中雄大さんがコメントを出しています。

どんなに絶望の淵に立たされても必ず一筋の光はある、その瞬間当たり前にあった幸せはどこかに隠れているだけで
必ずまた見つけ出すことができるという希望を込めて、そして、折れない絆を胸に主人公の諦めない気持ちをテーマに作らせていただきました。
僕たちにこのような素晴らしいドラマの主題歌を担当させてもらえること、非常に光栄です。本当にありがとうございます。
クールかつ疾走感のある曲で僕たちNovelbrightの色も、そしてドラマにもすごく合った自信作ができましたので是非ドラマと共に沢山の人の心に響き渡ってほしいです。 

引用・skream!:https://skream.jp/

Novelbrightさんの自信作!
色んな意味が隠されていそうな歌詞の公開も楽しみですね。

Novelbrightのseeker、『真犯人フラグ』の映像とマッチしていてとってもかっこ良かったよね!
れん

seeker歌詞の意味とは?

『真犯人フラグ』の主題歌である『seeker』の歌詞はまだ公開されていませんでしたので、わかり次第追記します。

Novelbright新曲seekerの反響まとめ

Novelbrightが手掛けた『真犯人フラグ』の主題歌についての反響をまとめました。

『seeker』すきだわ。
こういう系のドラマ苦手だから、あな番は観てなかったけど、今回は主題歌につられて…ただそのためだけに、頑張って観た。でも、観たらハマったイイね
歌は安定のカッコよさ
「seeker」 まさかのオープニング♪
でも心構え前でも、心に入ってきました。良きです♡
フルバージョン楽しみ。
ドラマは私の好きなタイプです。皆が怪しさ満載でヤバいです。
見続ける事確定です
ドラマ『真犯人フラグ』の主題歌、" Seeker " かっこよくて最高でした!

『チャラララン…チャラララン…』

ってアコギで始まるのがやばいっ。めちゃくちゃ楽しみ。また海斗くんスポットで始まるのかな…?!最高!

『seeker』エンディングかと思ったらオープニングだった…
Novelbrightって、どの曲もサビだけじゃなくAメロBメロもええんよ
早くフルで聴きたい♪

出典:Twitter

ドラマの面白さと主題歌のかっこよさにハマる人続出!という感じですね!!

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • ドラマ『真犯人フラグ』の主題歌・seekerとは"探求者"などの意味を持つ
  • Novelbrightが『どんなに絶望の淵に立たされても必ず一筋の光はある』などの希望を込めて作った新曲。
  • 『真犯人フラグ』との雰囲気がピッタリで、クールでかっこいい曲に仕上がっている。

『真犯人フラグ』第一話は『あなたの番です』を思わせるドキドキの結末でしたね!
真犯人フラグを立てられてしまった凌介は、真実を探求し、家族を取り戻すことはできるのでしょうか?

第二話の放送が待ち遠しいですね。

関連

この記事を見ている人は以下の記事も見ています

-東京オリンピックの年のドラマ

Copyright© オリンピック後の世界 , 2021 All Rights Reserved.