激動の2020年21年を記録

東京オリンピックの年の光と闇

未分類

節分2021はなぜ2月2日なのか子供に分かりやすく解説してみた!

豆まきをして鬼を払う節分が、2021年は124年ぶりに2月3日ではなく、2月2日になり、また今後30数年は、4年ごとに2月2日になることに驚く人が多いようです。

節分2021がなぜ2月2日となるのか、子供にも分かりやすく解説してみました。

地球が太陽の周りを365日5時間48分46秒で回っていることに理由がありそうです。

ひまり
子供たちにずっと2月3日と教えていたわ!

節分2021はなぜ2月2日なのか?

子供に分かりやすく説明するのを考えてみた

節分2021はなぜ2月2日なのかを子供にも分かりやすく説明してみました。

私が説明する場合の結論を言うと...

  • 春の始まりの立春の前の日が、「鬼は外の日」の「節分」なんだけどね
  • 今年は、春が1日早く来ちゃうから、鬼は外も1日早い2月2日にやるんだよ
  • このような感じでしょうか。正直子供には難しすぎるので、もうこんな感じにしかできません。。

    ひまり
    今年は鬼が1日早く来るんだよ!
    でいいよ

    春になる季節の始まりの日を立春と言い、その前日を節分と言います。
    立春は農作業などが始まるため、昔から1年の始まりと考えられていました。
    それで、立春の前日の節分は1年の最後の日、おおみそかにあたります。

    そこで、これから始まる新しい1年の前に鬼を払い、不幸や災いのない一年になるようにとの願いを込めてこの時期に豆まきなどの節分が行われたのです。

    1年に1度訪れる太陽と地球との位置が、特定の瞬間(春分を0度として、太陽黄経が315度となる)が含まれる日が、立春となります。

    *太陽黄経(たいようこうけい)とは、太陽が天球上を通る経路(黄道)を等角に分割した座標、で. 春分点を座標0度として360度に等分したもの、立春は315度に位置する)。
    図については、以下のサイトを参照してください。
    https://www.84p.net/tenkiya/column27.html

    1年は平年なら、365日ですね。地球が太陽のまわりを365日ぴったりで回ってくれれば、毎年立春も節分も変わらないのですが、実際は、365日5時間48分46秒多くかかって回っています。

    このままだと、4年で、1日近くずれてしまうので、4年に1度うるう年として、2月29日を1日増やして、調整しているのは良くご存じと思います。

    では、具体的に例でみてゆきましょう。
    2013年の立春の瞬間は2月4日01:13でしたので、立春は2月4日でした。

    地球が太陽のまわりを365日ぴったりで回る場合

    2014年2015年2016年の立春の瞬間は2月4日01:13で変わらないはずです。
    そして、2016年うるう年の翌年の2017年は1日早くなり2月3日01:13となります(本来うるう年は必要なくなりますが)。
    以降同じように4年ごとに繰り返します。

    地球が太陽のまわりを365日6時間で回る場合

    2014年 2月4日07:13
    2015年 2月4日13:13
    2016年 2月4日19:13
    2017年 2月4日01:13(前年うるう年で1日早くなる)
    以降同じように4年ごとに繰り返します

    地球が太陽のまわりを365日5時間48分46秒で回る場合

    2013年 2月4日01:13
    2014年 2月4日07:03
    2015年 2月4日12:58
    2016年 2月4日18:46
    2017年 2月4日00:34(前年うるう年で1日早くなる)
    2018年 2月4日06:28
    2019年 2月4日12:14
    2020年 2月4日18:03
    2021年 2月3日23:59(前年うるう年で1日早くなる)

    6時間より、11分14秒短いために、少しずつ早くなり、ついに、2月3日に食い込んでしまったため、立春が2月3日、その前日の節分は2月2日になったというわけです。

    ふむふむ・・・
    れん

    詳細に説明すると...

    節分は「立春」の前日で、立春は太陽黄経が315度となる瞬間を含む日で、太陽と地球との位置関係で決まり、日付は年によって異なってきます。

    地球が太陽を1周する時間は365日ではなく、365.2422日で、5時間48分46秒長くなります。

    4年間で、0.9688日(23時間15分)となりますので、2020年のように、4年に1度うるう年として2月29日を増やして、リセットしていますが、これでもずれが生じますので、100で割れる年は閏年にせず、400で割れる年をうるう年のままとするなどさらに、調整を行っています。

    では、具体的に1980年から2029年で、立春の瞬間を見てみましょう。

    立春(日本時間)備考
    1980年2月4日22:09うるう年
    1981年2月4日06:55
    1982年2月4日12:45
    1983年2月4日06:12
    1984年2月5日00:19うるう年
    1985年2月4日06:12
    1986年2月4日12:08
    1987年2月4日17:52
    1988年2月4日23:43うるう年
    1989年2月4日5:27
    1990年2月4日11:14
    1991年2月4日17:08
    1992年2月4日22:48うるう年
    1993年2月4日04:37
    1994年2月4日10:31
    1995年2月4日16:13
    1996年2月4日22:08うるう年
    1997年2月4日04:02
    1998年2月4日09:57
    1999年2月4日15:57
    2000年2月4日21:40うるう年
    2001年2月4日03:29
    2002年2月4日09:24
    2003年2月4日15:05
    2004年2月4日20:56うるう年
    2005年2月4日02:43
    2006年2月4日08:28
    2007年2月4日14:18
    2008年2月4日20:00うるう年
    2009年2月4日01:50
    2010年2月4日07:48
    2011年2月4日13:33
    2012年2月4日19:22うるう年
    2013年2月4日01:13
    2014年2月4日07:03
    2015年2月4日12:58
    2016年2月4日18:46うるう年
    2017年2月4日00:34
    2018年2月4日06:28
    2019年2月4日12:14
    2020年2月4日18:03うるう年
    2021年2月3日23:59
    2022年2月4日05:51
    2023年2月4日11:42
    2024年2月4日17:27うるう年
    2025年2月3日23:10
    2026年2月4日05:02
    2027年2月4日10:46
    2028年2月4日16:30うるう年
    2029年2月3日22:20

    例えば、2010年では、2月4日07:48となります。翌年は365日と5時間48分46秒長くなりますので、2011年2月4日13:33に、同様に、2012年は 2月4日19:22となります。

    このまま、365日と5時間48分46秒を足しますと、1日ずれて、2013年は、2月5日01:13はずですが、2012年がうるう年で、2月29日があったため、1日まえに移動し、2月4日01:13となったわけです。

    同様に、4年後の2017年も2月4日00:34となりぎりぎり2月4日に収まりました。1988年 ~ 2020年は、たまたま春分が、2月4日に入ったわけです

    しかし、うるう年の2020年に1日調整したことで、2021年は、2月3日23:59とぎりぎり前日の3日にずれ込みました

    24時間近くありますので、毎年11分14秒短くなっていっても、23時間59分を消費するのに、かなり時間がかかり、4年ごとの、うるう年の調整により、翌年は1日早い2月3日が繰り返しやってくるというわけです。

    従って、春分の前日節分の日も2月2日が、当面は4年ごとに続いてゆくことになります。

    2月3日以外の節分備考
    1873年 - 1884年2月3日に固定
    1885年 - 1900年4で割った余り1の年は2月2日1900年うるう年にせず
    1901年 - 1917年4で割った余り2と3と0の年は2月4日
    1915年 - 1954年4で割った余り0と3の年は2月4日
    1955年 - 1987年4で割った余り0の年は2月4日
    1988年 - 2020年2月3日に固定2000年うるう年のまま
    2021年 - 2057年4で割った余り1の年は2月2日
    2058年 - 2090年4で割った余り1と2の年は2月2日
    2091年 - 2100年4で割った余り1と2と3の年は2月2日2100年うるう年にせず
    2101年 - 21??年4で割った余り0の年は2月4日

    ひまり
    この30数年2月3日で固定されていたほうが、たまたま特別だったんだ!

    節分2021が2月2日であることにみんなの反応は?

    124年ぶりということはほとんどの人が生まれて初めて2月2日の節分を経験することになるわけか。勉強になった。
    それなら、次はしばらく2日になるのか、また120年後に2日になるのかと思ったが次の2日は4年後と言うのが不思議だ
    端数をリセットするためってのはわかるんだけど124年ぶりの次が4年ぶりってのがさっぱりわからん
    なんだか難しい。子供のうちから暦に関することも学校で習うべきだよね。
    知らずに2/3にやったら、前日に追い出された鬼たちがこれ幸いと集まり、福の神は前日に豆まきをした各家庭に全員入ってしまって残り福もいないという状況だろう。笑

    出典:ヤフコメ

    驚きと難しいとの声!
    れん

    まとめ

    要約すると...

    • 節分 2021が2月2日となるのは、地球が太陽を365日5時間48分46秒で1周するため、4年に1度のうるう年で、調整しきれないずれから来ている
    • 立春は、1年のうちで、地球と太陽が特定の位置関係にある瞬間を含む日であり、その瞬間が1年に、11分14秒ずつずれてゆくために、これを含む日がうるう年ともからみ、2月4日の前後にずれる
    • 今年の節分2月2日に驚いたとの声が多いが、124年ぶりの次が4年後となるのが理解できないとの声多数

    どこまでわかりやすく説明できたかわかりませんが、基本は、立春の瞬間を含む日が、地球が365日と5時間48分46秒で、太陽の周りをまわるため、うるう年をいれて調整しても、ずれが生じ、立春が2月4日でなく、3日となったり、5日となったりすることで、節分の日がずれるということ尽きます。

    ひまり
    当面は4年ごとに2月2日と覚えておくので十分そうね!

    -未分類

    Copyright© 東京オリンピックの年の光と闇 , 2021 All Rights Reserved.