激動の2020年21年を記録

東京オリンピックの年の光と闇

東京オリンピックの年のスポーツ

スポーツクライミングとは?ボルダリングとの違いは?五輪代表日本選手のすごさ

東京五輪の8月4日~7日に予定されている、今回初めて採用されたスポーツクライミングが注目されています。

スポーツクライミングとはどのような競技で、よく聞くボルダリングとは何が違うのでしょう?
また、金メダルの可能性も十分あるという五輪代表日本選手のすごさについても見てゆきましょう。

ひまり
日本の得意科目なんだ!

スポーツクライミングとは?ボルダリングとの違い

スポーツクライミングとは?ボルダリングとの違いはどこにあるのでしょう。

スポーツクライミングの基本は、壁に設定されたホールドを支えにして道具を使わず登ることにあります。
国際スポーツクライミング連盟(IFSC)が認定する公式の競技会で行われている競技として、「スピード」「ボルダリング」「リード」の3種目があります。
「スピード」
予めホールドの配置が周知されているコースが設置された高さ15mの壁を2人が同時に登り、いかにはやく駆け上がるかを競う競技で、コンマ数秒を競い合うスプリント競技です。

「ボルダリング」
高さ5メートル以下の壁に設定された複数のボルダー(コース)を、制限時間内にいくつ登れたかを競う競技です。
各ボルダーの制限時間内であれば複数回トライできますが、少ない回数で登ることも重要な要素です
一番身体的負荷が高いと言われています。

「リード」
ロープで安全が確保された競技者が十数メートルの壁に設定されたコースを登り、制限時間内に壁のどの地点まで登れるかを競います。
最も長い距離を登る種目であるため「持久力」が勝敗をわける重要な要素であることに加えて、最小限の力で重力に打ち勝ち自身の高度を上げていく「テクニック」や、無駄な動きを省き長い距離の中で自身の動きをいかにコントロールしていくかなどの「戦略性」も問われる競技です。

従って、ボルダリングはスポーツクライミングの1競技という位置づけとなります。

忍者の伝統が生きている?
れん

スポーツクライミングの東京五輪日本代表選手は?

スポーツクライミングの東京五輪日本代表選手は以下の4選手が決まっています。
男子:楢﨑智亜原田海
女子:野口啓代野中生萌
選出の基礎となった2019年IFSCクライミング世界選手権(東京・八王子)での上位の成績は以下です。

男子

総合ランク名前ポイントスピード ボルダリング リード 
ランク時間ランクスコアランクホールド
1楢󠄀﨑智亜(日本)42fall13T3z 4 3230
2ヤコブ・シューベルト(オーストリア)3577.20850T3z 0 61Top
3リシャト・ハイブリン(カザフスタン)4015.91580T1z 0 2522
4原田海(日本)5436.34860T2z 0 6330

楢﨑智亜(24歳)が1位、原田海(22歳)4位につけていますが、2位のヤコブ・シューベルト(オーストリア、30歳)、3位のリシャト・ハイブリン(カザフスタン)とも東京大会に出場します。

女子

総合ランク名前ポイントスピード ボルダリング リード 
ランク時間ランクスコアランクホールド
1ヤンヤ・ガルンブレット(スロベニア)12613.39921T2z 1 21Top
2野口啓代(日本)21710.08212T2z 3 3340+
3ショーナ・コクシー(イギリス)4229.22531T2z 2 3720
5野中生萌(日本)80412.35641T2z 3 4523+

野口啓代(32歳)が2位、野中生萌(24歳)が5位となっており、ヤンヤ・ガルンブレット(スロベニア、22歳)が1位、ショーナ・コクシー(イギリス、28歳)が3位でした。
両者とも東京大会に出場します。

ヤンヤ・ガルンブレットは、世界選手権2連覇、2019年シーズンのワールドカップ年間優勝者であり、女子最強を誇っており、銀メダルに甘んじてきた野口啓代にとって最強のライバルです。

ひまり
野口啓代もショーナ・コクシーも東京五輪で引退を宣言している

スポーツクライミングはいつから五輪種目であるの?

スポーツクライミングは今回の東京大会で採用された新競技で、「スピード」、「ボルダリング」、「リード」の3種目を合わせた複合種目として採用されました。
競技方式は、 スピード、ボルダリング、リードの3種目の総合成績で争われます。男女ともに20人で予選が行われ、上位8人が決勝に進出します。予選、決勝はそれぞれ1日で3種目を行い、各種目の順位を掛け算して出した総合得点の少ない選手が上位となります。

東京五輪では、青海アーバンスポーツパークで行われ、以下の日程となっています。
<8月4日>
17:00-22:40
男子予選:スピード、ボルダリング、リード

<8月5日>
17:00-22:40
女子予選:スピード、ボルダリング、リード

<8月6日>
17:30-22:30
男子決勝:スピード、ボルダリング、リード
男子表彰式

<8月7日>
17:30-22:30
女子決勝:スピード、ボルダリング、リード
女子表彰式

熾烈な戦いがくりひろげられると予想!
れん

スポーツクライミングに関するネットの反応

野口啓代の良さを語ったら、一時間じゃ済まないの。。。 とりあえず、柔軟と均衡のとれた筋肉の美しさは知っておいてくだせい。
スポーツクライミングの野中生萌選手!金メダル獲得期待大です!がんばれ
スポーツクライミングの豪快なスピードをみてみたい!


出典:ヤフコメ

私もやってみたい!
れん

まとめ

要約すると...

  • スポーツクライミングは東京五輪大会からの新競技で、「リード」、「ボルダリング」、「スピード」の3種目の複合競技として行われる
  • 五輪代表日本選手は世界トップクラスに位置しており、そのうちでも、特に男子楢﨑智、女子亜野口啓代の金メダル獲得が大いに期待される
  • 絶対王者ヤンヤ・ガルンブレットに対し、東京五輪で、引退を表明している野口啓代に期待したいとの声が大きい
ひまり
東京五輪を花道に!

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© 東京オリンピックの年の光と闇 , 2021 All Rights Reserved.