東京オリンピックの年の政治

ステイホーム週間とは意味は?というか意味あるのか疑問の声

小池都知事が呼びかけた「ゴールデンウイーク改め、今年はステイホーム週間」とは、どのような意味、意図があるのでしょうか?

その効果が本当にあるのか?について考え、ネットの意見をまとめました。

ひまり
5月6日で自粛は終わるのかしら?

ステイホーム週間とは意味は?

ステイホーム週間とは?その意味をまず確認しておきましょう。

小池都知事が「(コロナ感染防止には)この連休が正念場だ」として、「ゴールデンウイーク改め、今年はステイホーム週間。おうちにいましょう・・・」と呼びかけました。

4月25日から5月6日までの12日間、外出を自粛して家にいるよう求めました。
非常事態宣言以降、コロナを収束させるため、人と人との接触を8割減らす目標が必ずしもうまく行っておらず危機感から来ているものと思われます。

ステイホーム;stay-home, stay-at-homeは、感染が先に拡大し、ロックダウンが行われた欧米ですでに叫ばれてきた言葉です。

アメリカCDC(疾病予防管理センター)のホームページでの呼びかけやイギリスのエリザベス女王のテレビ演説でも使われています。

3月29日には、感染流行中の欧州でプレーするサッカーの香川真司選手、岡崎慎司選手、浅野拓磨選手がツイッターでの動画メッセージで、「#ステイホーム(家にいて)」と呼びかけました。

外出禁止で、罰則もある欧米と違い、日本ではあくまで自粛です。

天気が良いと外へ出たくて、ウズウズする!
れん

ステイホーム週間は意味あるの?

国の緊急事態宣言は4月7日に発令され、当初5月6日までの1月間とされていました。

感染抑制の効果があったかどうかは、2週間後に結果が分かるということですので、ステイホーム週間が大きな成果を上げたとしても、その効果が出てくるのは5月6日以降です。

ステイホーム週間を呼び掛けた理由とは?

3月20-22日の3連休の大勢の人出が、2週間後の4月6日以降の東京都の感染者急増に寄与したのではとの推測から、ゴールデンウイークでの人と人との接触を抑え込まないと、感染爆発が生じ、医療崩壊につながると強く懸念した。

これまでの外出自粛の呼びかけで、感染数の減少の効果がはっきり出たとは言い難い。
人との接触を8割減らす目標が一部でしか達成されていない。

パチンコ店など、営業自粛に従わない店に、大勢の人が押し寄せてるという現実がある。

感染経路不明の感染者数の割合が増えており、すでに市中感染状態で、どこにでも感染者がいると考えて、人と人との接触を減らす以外に感染拡大を抑制する方法はないと考えた。

ステイホーム週間は意味があるかとの意見

1.ステイホーム週間の呼びかけに従い、みんな家にいるか?
これまでも、澁谷、新宿など繁華街の人出は減っているが、近所の商店街はかえって人出が増えたとか、休日に湘南の海に、東京都など県外から行楽客が押し寄せて、海岸沿いの道路が渋滞したとの報道がなされてきました。

改善されつつあるようですが、今でも聞く耳持たない人はパチンコ店などに群れています。

2.ステイホームすれば収束するのか
これまで、五輪開催を優先したためか、中国人観光客の入国制限が遅く、医療崩壊防止を理由にPCR検査数が少なく、感染者の全体像もつかめない状況で、テレワークや時差出勤を呼び掛けたとはいえ、毎日満員電車が動き続けている状況で、ステイホームでどれだけ効果があるのか。

結局これだけ市中感染した状況では、収束を目的とせず、感染スピードをできるだけ遅らせて、医療崩壊をなんとか防ぐのがその主たる目的となっているようです。

ひまり
先が見えないと苦しくなるわ!

ステイホーム週間へネットの反応は?

自粛要請に対し、相変わらずの人がいたとしても、多くの方々は素直に協力しているわけで、総理も知事も、まずは協力に対するお礼の一言でも述べてはどうか。
一部の不届きものばかりにフォーカスを当てて。目立ちたがりを助長しているようなものだ。
テレビの自粛をすれば収束するかのような報道にウンザリしています。
医療崩壊防止を理由に圧倒的に検査数が少ない上に、2月までは中国人観光客だらけで世界より早く感染者が出始め、世界屈指の人口密度で満員電車が動き続けている国が何を言っているのかと。
早く抗体検査を実施して、感染率を把握した上での対策をしないと、何の意味もないどころか、自粛で自分たちの首を締めているだけじゃないですか。自粛で収束するかのようなミスリードは絶対にやめてください。
ステイホームなんて英語モドキのカタカナ言葉使ってないで日本語で必死に訴えかければいいのに。

外出自粛=買い物や緊急以外の外出禁止なんです。自粛=禁止なんです。ただ 禁止に出来ないのは 国が補償出来ないからなんです。

出典:ヤフコメ

メディアへの批判が多いようだ
れん

まとめ

要約すると...

  • ステイホーム週間とは4/25~5/6の連休を自宅で過ごして、コロナ感染拡大を防止しようという小池都知事・東京都の呼びかけ
  • 呼びかけは、3月下旬の3連休での密集の愚を繰り返したくない、これまでの外出自粛要請がはっきりとした効果を上げていないなどの理由による
  • ステイホーム週間は、きちんと守らない人に効果があるのか、コロナ収束に本当に意味があるのかと疑問視する意見もある

緊急非常事態宣言から20日となりますが、コロナ感染収束の目途がなかなか立たない状況で、当初の期限5/6が迫ってきています。
連休最終日ということもあり、この12日間でなんとか感染増加を食い止めたいとの切羽詰まって呼びかけられたステイホーム週間だと思われます。

メディアは、外出自粛を守らぬ人を叩くのに必死で、みんなが家にさえいれば、コロナが収束するとの幻想を振りまいているのかもしれません。

最近かなりの割合を占める感染経路が分からない陽性者が、発熱などの症状が数日続いた後、ようやくPCR検査を受けたのでしたら、その周りに無症状の感染者がどれだけ存在しているか分かりません。

感染者がどれだけいるか、すでに感染して免疫を持っている人がどのくらいの割合か、全体像を知ることなしに、果たしてこの種の自粛だけで、事態を乗り切って、収束に向かうことができるのか懸念されます。

ひまり
欧米の後を追っているよう

-東京オリンピックの年の政治

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.