東京オリンピックの年のスポーツ

夏の甲子園2020中止かどうかが5月にも決定か?現状と高校生の声は...

夏の甲子園2020中止かどうかが5月中に決まるであろうと報道がありました。
その理由と、現在の高校生の声をまとめてみました。

我々年配者の「楽しみにしてたのに」と、出場出来るのに出来ない高校生の打撃は計り知れないほどの大きさがあるよね...
れん

夏の甲子園2020中止かどうかが5月にも決定か

春はダメでも、夏は...と期待していた2020年の甲子園ですが、
中止かどうかが5月中に決めたいとの報道ありました。

理由は明確です。

2020年の夏の甲子園自体は8月10日から開幕予定ですが、
予選大会は、一番早い沖縄が6月20日から始まるからです。

トーナメントを決めたり、いろいろと準備がありますから1か月前でもギリギリではありますが
そこまでに決めようというのと、高野連の運営委員会が5月20日に集まりそこで決定されるであろうとされているからです。

緊急宣言により、本来4月22日に予定されていたのが延期になったのです。

観客である我々はいいもんですが、当事者の苦悩は計り知れないでしょう...。

ひまり
場合によっては直前もあり得るみたいよ。現場の人は、本当に大変よ...。やるかやらないか分からないものを準備するってモチベーションもキツイだろうし

実際のところ、ピークを越えたのかどうなのか判断は難しいところであります。
数字上は減っていますが、検査数が一日1000いってないので、だから減っているのではという意見が多いです。
実際、日本人は免疫があるのでは、みたいな話もありますが、正直分からないことだらけであります。

以下は4月15日時点での感染者確定数。一応見た目は減っていますが...。


出典:https://gis.jag-japan.com/covid19jp/

ひまり
山中教授も1年は戦うつもりでって言ってるし、ハーバード大は2022年まで自粛を続けないとキツイみたいなこと言ってて正直萎えてしまった

夏の甲子園中止の可能性に高校生の声は

夏の甲子園中止の可能性が濃厚ではありますが、まだ望みを捨てきれないのは
やはり出場予定の高校生でしょう。

実際、どんな思いでいるのか...ツイッターで探してみました。

一度しかない青春の時やのにコロナに全てむちゃくちゃにされて、今でも何とか甲子園の土踏めないもんか…と考えてしまいます。 輝かしい未来は汚されてはなりません
野球に打ち込んできてセンバツも夏も中止になった三年生の気持ちを考えて泣くしもう泣くしかない、開催してほしいけど命の方が大事だからどうすることもできない…
災悪の夏
この先高校野球は自然消滅していくのか...。
野球は忘れて、別のことに青春をぶつけたほうがいいのかもしれない

予選中止でセンバツ出場校で無観客で行ってみては?

出典:twitter

まとめ

要約すると...

  • 高野連の運営委員会が5月20日にありそこで夏の甲子園中止かどうかが決定されそう
  • 沖縄の予選開始が6月20日なのでそのころには決めないといけないが、直前決定もありえる
  • 高校生も悲観的なにならざるを得ない状況

ひまり
既に夏の風物詩、花火大会も80程中止が決定しているし。何か明るい話題ないかしら...

-東京オリンピックの年のスポーツ

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.