東京オリンピックの年のパニック

夏マスクとは?普通のとの違いは「あの布マスクは誰もつけない」

急に夏日になって、屋外や満員電車で、マスクなどとてもつけていられないと思う人が増えています。

ネット販売にどっと出品されているという夏マスクとはどのような素材を使い、どんな機能をもっているのでしょうか?普通の布マスクとの大きな違いはどこにあるのでしょう?

4種の夏マスクについてその違いを整理してみました。

ひまり
汗だらけでとてもみられたものではないわ

夏マスクとは?

夏マスクとはどのような素材を使い、どんな機能を持っているのでしょうか?見てゆきましょう。
コロナ感染が収束し、学校が再開された中国では、この半月の間に体育の授業でマスクを着用して走った中学生の3名の死亡が確認されています。

今までと同じマスクを、夏につけるのは、暑くて不快というだけでなく、これまで以上に熱中症の危険があります。

マスク着用は当面必須となるでしょうから、暑い季節用のマスクの需要は高まっています

実際、ネット通販サイトには、数知れないメーカーの夏マスクが出品されており、「接触冷感」や「ひんやり」をうたっています。

どのようにして、選べばよいか迷ってしまいますね。次に見てゆきましょう。

値段も随分違うが、なぜなんだ?
れん

普通のマスクとの違い

夏マスクとして通販されている多数の種類から、代表的なものを挙げてみました。

商品名メーカー価格生地接触冷感
洗濯可(吸水速乾)UVカット
抗菌
UVカット『洗えマスク』
アパレルアイMSK-3:1セット2枚入り 1,000円レディースパンツ生地ポリエルテル90%、ポリウレタン10%
洗える夏マスク橘香庵2枚入り 1000円ポリエステル80%ポリウレタン15%(薄手)
ひんやり夏用マスク丸井織物防菌フィルター5枚(30日)付き1枚1980円ポリエステル製
夏用マスクMakuake2枚セット 3780円抗菌・抗ウイルス加工生地「クレンゼ」(ポリエステル)裏地:接触冷感生地「アイスコットン」50回まで

機能としては、皆、接触冷感をうたっており、綿布ではなく、合成繊維を使用し、洗濯可となっています。
さらに、UVカット機能を付加したものや、抗菌機能を付与したか、飛沫防止だけを目的としているか、との違いがあり。値段も違ってきます。

布マスクのように、単に飛沫だけを防げば良いか、抗菌、抗ウイルス性まで持たせるかが大きな違いで値段が倍近くとなっています。

接触冷感は、綿布より優れているとは思いますが、実際につけてみないと、どの程度違うかはその人の感覚もあり、はっきりとは、分からないのではと思います。

なお、すでに売り切れや、8月から出荷というところもありますので、早めに検討手配したほうがよさそうです。

ひまり
皆さん手配するのが早いから!

夏マスクのネットの反応

市販の布マスク着用してますが、いやあ今日は暑いです。湿度も高いので、顔回りにかなり熱気が籠ってます。メガネは曇、る意識して水分とらないと、高齢者などはきついかも。
コロナを完全に消滅させる事は当分出来そうにない
通年のインフルエンザ対策、花粉症対策もあるしこれから一生、外出する時はマスクしなければならなくなるんじゃないかと憂鬱を通り越して気が変になりそう
今後緊急事態宣言が徐々に解除されて気温が上がっていくとマスクをしない人がどっと増えそうで心配しています。マスクは完璧にコロナ感染を防ぐものではありませんが、感染している人は飛ばす飛沫の量を低減できます。
私は訪問マッサージに従事しており、既に仕事中はマスクが暑苦しいと感じるようになってきました。
患者さんの前では暑苦しくてもマスクが必須アイテムな故、ナツマスクに期待します。
いまや市中のマスク供給は正常化し、このような「夏向け新商品」まで作られ始めた状態。
ましてや、アベノマスクが届く頃はもう梅雨シーズン。あのような布マスク、暑くて誰もつけないでしょう。

出典:ヤフコメ

夏マスクファッションが流行るかな?
れん

まとめ

要約すると...

  • 夏マスクとは「接触冷感」をうたって、暑い季節でも涼しく熱がこもらないように工夫されたマスクで、今後マスクの着用が必須となる可能性が高いため、各社が競って販売を開始している
  • 「接触冷感」を持たすため、これまでの布マスクや不織布マスクとは違い、レディースパンツ生地など主としてポリエステルを特殊加工した布で作られている
  • たとえ、夏用マスクであっても、今年は熱中症が増えるのではとの心配の声が多数

コロナの完全終息は、当初予定の夏のオリンピックに間に合うどころか、夏を超すのは確実となってきました。
マスクは、三密を避ける必須アイテムで、ポストコロナでも新しい生活様式に取り込まれるでしょう

優れた機能の夏用マスクが生まれれば、日本人の生活に定着すると思いますし、繊維や織物技術に強い日本企業なら、輸出も可能ではと思います。

何しろじっと耐えて嵐が通り過ぎるのを待っても、元通りの生活が戻ってくると思ってはいけません。
この機会だからこそと、企業も個人も新しいことに挑戦しなければと思います。

ひまり
新しいファッションを生み出そうかしら!

-東京オリンピックの年のパニック

Copyright© 東京オリンピック消滅の年、いったい何があった? , 2020 All Rights Reserved.